Nintendo SwitchにAndroid Qを移植成功?Webブラウザなどを操作する動画が公開

Engadget 日本版によりますと、

Nintendo Switchをハックする様々な試みが伝えられているなか、
次期Android「Q」の初期ビルドを移植して動作させることに成功した
とする動画が公開されているそうです。

スイッチに搭載されたプロセッサTegra X1は、
ARMの64bit CPUオクタコアとNVIDIAのMaxwell GPUという構成。
つまり「強力なARMベースのタブレット」としてAndroid移植も可能と
予想されていましたが、大きな一歩が踏み出されたようです。

ことの始まりは、2月12日にスイッチ用のRetroArch
(複数ゲームハードのエミュレータを一つに統合したフリーソフト)
移植に参加している開発者natinusala氏がTwitterに投稿した、
スイッチでAndroidを起動しようとしている1枚の写真から。
当時はロゴ表示が精一杯で、先は長いと見られていました。

それから、わずか2週間弱。
開発者のMax Keller氏はBilly Laws氏と共同で作業した成果として、
Android Qが動作しているスイッチのビデオを公開したしだいです。

このAndroid移植版では、
フレームバッファ出力もタッチスクリーンも正常に機能しており、
設定画面ではWi-FiとBluetoothがサポートされていることや、
「Android Q」のOSバージョンも確認できます。

Wi-Fiが有効である証拠としてWebブラウザもGoogleにアクセスできており、
Bボタンで前画面に戻っていることからJoy-Con機能サポートも
うかがえます(他のボタンやジョイスティックは不明)。

もっとも、Max Keller氏によればGPUアクセラレーションは
機能していないため(適切なGPUドライバがない)、
パフォーマンスはそれほど良くないとのこと。
まだオーディオ出力やUSBポートもサポートされておらず、
完成に至るまでにはクリアすべき課題が多いようです。

しかし、完成したあかつきには、幅広い応用範囲が想定できるはず。
制約の少ないWebブラウザやSNSアプリ、
何よりAndroidアプリを操作性にすぐれたJoy-Conで遊べるようになるなど。

改造されたスイッチは任天堂サーバーを利用できなくなる可能性もありますが、
「ゲームを遊びやすく設計された任天堂ハードと膨大な量のAndroidアプリ」
という組み合わせはとても魅力的です。
著作権などを侵害せず合法的に楽しむ用途として、
2台目のスイッチが欲しくなるかもしれません。

感想

これは凄いですね!任天堂さんもびっくりだと思います。
まさか、Nintendo SwitchがAndroidになるなんて・・・

【ギフト商品】おまけ付★新品大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALセット コントローラー 大乱闘スマッシュブラザーズ NSHDCYBER・GCコントローラー変換アダプター(SWITCH用)

価格:61,344円
(2019/2/26 22:54時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください