中止になった「GAME CREATORS CONFERENCE ’20」の講演動画8本が公開。『龍が如く7 光と闇の行方』や『新サクラ大戦』での取り組みの一部が明らかに

AUTOMATONによりますと、

一般社団法人
デジタルエンターテインメントクリエイター協会
(DECA)は6月10日、
2020年3月に実施予定だったイベント
「GAME CREATORS CONFERENCE ’20」
の講演動画を公開したそうです。
『龍が如く7 光と闇の行方』のデバッグに採用された
自動テストシステムに関する講演など、
同イベントで実施予定だった8つの講演が、
公式サイトから動画で見られるようになっています。

GAME CREATORS CONFERENCE は、
例年関西で開催されている
大規模なゲーム開発者向け勉強会です。
今年の同イベントは、
3月27日に大阪府立国際会議場を会場に開催予定でしたが、
新型コロナウイルスの感染拡大による
イベント自粛要請を受け、
3月2日に開催中止を発表。
中止決定後、
同イベントの実行委員一同により
なんとか出来る方法がないか検討された結果、
講演の動画配信が決定されたそうです。

公開された講演動画は、
セガゲームスの阪上直樹氏による
”「龍が如く7 光と闇の行方」の自動テスト活用事例と
テスト自動化チーム(仮)による
若手育成の取り組みについて”、
SNKの泊久信氏および河合亨昌氏による
”「SAMURAI SPIRITS」のStadia移植”、
セガゲームスの柳瀬遼平氏による
”デフォルメとリアルの両立を目指して
~新サクラ大戦のキャラクター作成事例~ “
など計8本。

”「SAMURAI SPIRITS」のStadia移植”では、
対戦格闘ゲーム『SAMURAI SPIRITS』を
Google Stadiaのローンチタイトルとして移植するにあたって、
どのような工夫が必要だったのかや、
ストリーミング主体のプラットフォームで
ゲームを動かす上での注意点などが語られているといいます。

動画はそれぞれ40分から1時間程度のボリュームで、
ゲームの開発現場でどのような工夫や
技術が用いられているのか知れる、
興味深い内容の講演が並んでいます。
開発者でなくとも、
普段遊んでいるゲームの裏側で
どのようなことが行われているのか気になる方は、
動画をみてみるのもいいかもしれません。
「GAME CREATORS CONFERENCE ’20」
の講演動画8本は、
YouTubeに投稿されており、
公式サイトからも閲覧可能です。

引用元:https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200610-126804/

まとめ

これは、とても興味深いですね。
ゲーム制作のテクニカルなところが伺えると、
この記事では紹介されています。
僕は、ゲーム開発者ではありませんが、
時間があれば見てみようかと思います。
新型コロナウイルスの影響は、
必ずしもネガティブの事ばかりではなく、
この記事のようにポジティブに考えると、
誰でも参加できる(視聴できる)事は、
いいことだと思います。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください