AWSやMicrosoftを追撃、Google Cloudは企業のIT基盤として広がるか

ITmedia エンタープライズによりますと、

コロナ禍でパブリッククラウドへの企業ニーズが高まる中、
その基盤サービス市場の勢力争いでは、
先行するAWSとMicrosoft Azureを
GCPが追撃するという構図です。
GCPが日本企業へさらに普及拡大していく決め手は何か。
Google Cloud日本法人が開いたイベントから
考察してみたそうです。

企業におけるニューノーマルへの3つの段階とは

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、
企業が事業継続に向けて柔軟なIT利用環境を確保しようと
パブリッククラウドを採用する動きが活発化しています。
その基盤サービス市場で、
グローバルでも日本でも激しい勢力争いを繰り広げているのが、
「Amazon Web Services(以下、AWS)」
「Microsoft Azure(以下、Azure)」
「Google Cloud Platform(以下、GCP)」
の3つです。

ただ、
日本市場に限って見れば、
先行するAWSとAzureをGCPが追撃するといった構図です。
GCPが日本企業へさらに普及拡大していく決め手は何か。
Google Cloud日本法人のグーグル・クラウド・ジャパンが
2020年6月9~11日にオンライン形式で開催した
プライベートカンファレンス「Google Cloud Day:Digital」
の初日の基調講演とその後の記者会見の内容から
考察してみました。

まず、
書きとめておきたいのは、
グーグル・クラウド・ジャパン代表の平手智行氏が
講演および会見で語った
「企業におけるニューノーマル(新常態)への3つの段階」です。
その内容は、
いわゆる“コロナ禍”にあって多くの顧客から聞いた声を
まとめたものだといいます。

グーグル・クラウド・ジャパン代表の平手智行氏

第1段階は、
短期的な「緊急対応フェーズ」です。
まずは従業員の安心、安全、
そして事業の継続性を確保するため、
しっかりしたテレワーク環境を整備する段階です。

第2段階は、
中期的な「収束フェーズ」です。
新しい働き方や生活様式が始まる中で、
ITも含めたビジネス全体のコスト構造を見直しながら、
事業継続を図っていくための取り組みを行う段階です。

第3段階は、
長期的な「ニューノーマルへの適応・変革」です。
COVID-19によってもたらされた変化を理解し、
受け入れ、
長期的な視点に立って新しいビジネスを開拓していく段階です。
(図1)

図1 企業におけるニューノーマルへの3つの段階
(出典:「Google Cloud Day:Digital」の記者会見より)

平手氏はその上で、
「Google Cloudはこれらのどの段階においても、
お客さまのビジネスの成長を支えて
常に寄り添うパートナーとして
最適なソリューションをお届けしていきたいと考えています」
と強調しました。
この3つの段階は、
ニューノーマルを見据えた今後の取り組みとして、
どの企業にとっても参考になるでしょう。

基調講演ではこのほか、
ビデオ会議「Google Meet」、
マルチクラウド基盤「Anthos」、
Dockerコンテナをサーバレスで実行するサービス
「Cloud Run」、
VMware環境をクラウドへ移行する
「Google Cloud VMware Engine」、
Oracleデータベースをクラウドへ移行する
「Oracle on Bare Metal Solution」、
そしてGoogleが得意とするAIサービス群や
データ分析などのソリューションにおける
最新動向が紹介されました。

そうした中で、
GCPが日本企業へさらに普及拡大していく決め手として
筆者が最も注目したのは、
パートナーエコシステムの広がりです。

データの分析・活用技術とノウハウの蓄積が強み

グーグル・クラウド・ジャパンはこのイベントの初日、
Google Cloudのパートナーにアビームコンサルティング、
日立製作所、
SCSKの3社が加わったことを発表しました。
図2はその3社とともに、
左下にシステムインテグレーター(SIer)を中心とした
「サービスパートナー」、
右下に技術面で協業する
「テクノロジーパートナー」の主要な企業名を
記したものです。

図2 日本でのGoogle Cloudパートナーエコシステム
(出典:「Google Cloud Day:Digital」の記者会見より)

基調講演では、
今回パートナーに加わったSCSKの社長であり
最高執行責任者(COO)および執行役員を務める
谷原徹氏が次のようにスピーチしました。

SCSKの谷原徹氏(社長およびCOO、執行役員)

「当社は2020年4月、
2030年に『共創ITカンパニー』を実現することを宣言しました。
異業種連携によって新しいビジネスを創出していくことで、
さまざまな社会課題の解決へ貢献していきたいです。
そのために、
Google Cloudとのパートナーシップは
当社にとって非常に重要なことだと捉えています」

続けて、
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)
常務執行役員の粟井利行氏が次のようにスピーチしました。

伊藤忠テクノソリューションズ常務執行役員の粟井利行氏

「企業のIT環境は今、
クラウド化が急速に進んでいます。
特にAIやデータ分析などの次世代ITプラットフォームとして、
Google Cloudへの期待がますます高まっています。
当社としてもマルチクラウドを取り扱う
クラウドインテグレーターとして、
Google Cloudとともにお客さまと未来を開く
ご支援をしていきたいです」

両社のスピーチのポイントは、
有力なSIerがGoogle Cloudとのパートナーシップの意義を
「未来志向」で述べている点です。
GCPが日本企業へさらに普及していけるかどうかは、
有力なSIerとどれだけパートナーシップを
結べるかにかかっています。
Google Cloudもそれを踏まえて、
基調講演のスピーチをSCSKとCTCに依頼したと見て取れます。

新たなパートナーも加わって着実に
エコシステムを拡大しているGoogle Cloudですが、
パブリッククラウド基盤サービスで先行する
AWSやAzureのパートナーエコシステムと比べると、
総合的にまだまだ追い付けていません。
それが、
そのまま今の市場の勢力図になっているというのが、
筆者の見方です。

会見で
「GCPが先行するAWSやAzureを追撃する決め手は何か」
と問われた平手氏は次のように答えました。

「Google Cloudには、
これまで長年にわたってサービスとして手掛けてきた
最先端のAIを駆使したデータの分析、
活用技術とノウハウが蓄積されています。
それらをパートナー企業とともに、
個々のお客さまのニーズに合わせて
クラウドを通じてきめ細かくお届けできることが
決め手になると確信しています」

パブリッククラウド基盤サービス市場の
健全な発展を考えれば、
GCPがもっと普及拡大してAWS、
Azureと「三つどもえの合戦」になるのが
望ましいかもしれません。
企業へのパブリッククラウド基盤サービスの普及率は
まだ2~3割ともいわれます。
ただ、
ハイブリッド型のIT基盤が定着しそうな中で
パブリッククラウド基盤サービスの普及率の上限を
どう見るかという議論もあります。

いずれにしても、
利用する企業からすれば、
市場が一段と活性化して高度なレベルの
コストパフォーマンス競争を期待したいところです。

引用元:
https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2006/15/news058.html

まとめ

この記事では、
企業向けのクラウドがどのような状態なのか。
そして、
どのような将来になるのかが書かれていました。
最近、
『クラウド』の話題が流行りました。
企業の視点から見るのは難しいですが、
興味深いところもありました。
キーワードは、『三つ巴』です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください