黒人を描いたNHKのアニメ動画はなぜ差別的で、「許されない」表現なのか

HUFFPOSTによりますと、

抗議デモの背景を伝えず、
「怒る黒人」という偏見を助長させるとして、
批判が殺到したそうです。

「首を押さえつけられ、
死に至った黒人男性を、
自分の息子、父親、
もしくは兄弟と重ねて
見ることができないのであれば、
なぜBlack Lives Matterが起きているのか
説明する動画は作るべきではありません」

NHKのニュース番組
これでわかった!世界のいま」が
公式Twitterアカウントに投稿した
アニメーション動画について、
アフリカ系アメリカ人の作家
バイエ・マクニールさん
@BayeMcneil)はそう語ります。

動画をめぐっては、
黒人を差別的に描き、
アメリカの人種差別に触れずに
抗議デモの背景を説明しているとして、
批判が殺到しました。
 同局は
「配慮が欠け、
不快な思いをされた方にお詫びいたします」
と謝罪しましたが、
マクニールさんは、
「ただ謝罪をしただけで、
問題の本質には向き合っていないと感じた」
と指摘します。
動画が浮き彫りにした問題とは何なのか。

NHKの番組「これでわかった!世界のいま」Twitterに投稿されたツイート(現在は削除)。

どんな動画で、何が問題だったのか

問題のアニメ動画は、
NHKが毎週日曜日に放送している番組
「これでわかった!世界のいま」
の公式Twitterが6月7日に投稿しました。

白いタンクトップを着た筋肉質の黒人男性や、
怒りをあらわにする黒人の人々が登場し、
「黒人の怒りが噴き出していること」について、
「背景には黒人と白人の貧富の格差がある」
と説明する内容です。

動画には、
主に以下の2つの点で批判が巻き起こりました。

①抗議デモの背景には、
奴隷制度時代から続く白人優越主義や、
白人による黒人への暴力の問題があるにも関わらず、
「経済的な格差」という側面のみに焦点を当てている

②「怒れる黒人」
という偏見を助長するような描き方など、
黒人をステレオタイプ的かつ差別的に描いている

「『攻撃的な黒人』という偏見を助長させる」

NHKが9日に発表した声明によると、
動画は同日放送の
「拡大する抗議デモアメリカでいま何が」
の中で放映したもので、
番組内では、
全米で広がる
「Black Lives Matter
(黒人の命は大切だ、黒人の命を守れ)」
抗議デモの発端である
ジョージ・フロイドさんの事件などを
説明したといいます。

しかし、
Twitterに投稿された動画では、
「#抗議デモ」というハッシュタグを
つけているにも関わらず、
事件に一切触れず、
経済的な問題が抗議の原因となっていると
説明していました。

アメリカ・ニューヨークのブルックリンに生まれ育ち、
2004年に来日した
アフリカ系アメリカ人のマクニールさんは、
「最も重要な問題を不正確に表現している」
と指摘します。

バイエ・マクニールさん

「白人至上主義と白人による暴力の犠牲者としてではなく、
その対照的なイメージである、
『怒っていて、攻撃的で、恐ろしい黒人』
という偏見を助長させる描き方をしています」

動画では、
抗議活動を行う黒人男性が火を持ったり、
店のガラスが破壊された写真を
黒人女性が持ったりしているシーンもありました。
こうした描写は、
抗議をする「黒人が暴徒化している」
というイメージを助長したり、
強調させかねません。

今回のデモには、
黒人だけではなく、
白人なども参加しています。

一部の抗議者による破壊行為や、
略奪など起きていますが、
警察が平和的なデモ参加者に
催涙ガスやゴム弾を発射したり、
殴打したりする暴力行為を駆使していることも
大きな問題となっています。 

ニューヨークのデモの様子

「黒人に対して誤った偏見があると、問題を見誤ってしまう」 

NHKは批判を受け、
問題の動画を削除しました。
声明では、
以下のように謝罪しています。

視聴者からこのアニメーションについて、
問題の実態を正確に表していない
などというご批判をいただき、
掲載を取りやめました。
掲載にあたっての配慮が欠け、
不快な思いをされた方にお詫びいたします。

NHKでは、
人権を尊重し、
取材や制作のあらゆる過程で
細心の注意を払うよう取り組んでまいります。

しかし、
マクニールさんは、
「謝罪をしただけで、
問題の本質には向き合っていないと感じた」
と語りました。

「配慮が欠け、
不快な思いをされた方にお詫びいたします」
という定型的な言葉だけではなく、
動画が問題視された理由や背景などを明確にし、
説明すべきだといいます。

「番組の制作者は
この問題を伝えようとしていたと思うのですが、
それを伝える時にも、
偏見や差別に基づいている場合があります。
白人至上主義が問題の根底にあり、
原因は『黒人の怒り』ではありません。
黒人の怒りは白人至上主義に対する反応であり、
それは適切なものです。
黒人に対して誤った偏見があると、
そこを見誤ってしまいます」

白人警察官には黒人に対する
漠然とした恐怖心があって、
今回の抗議デモの発端となったような事件が
なくならないとも言われているんだヨーソロー。
#アメリカ#抗議デモ#世界のいま#国際ニュース 🌏
— 世界のいま Mr.シップ (@nhk_sekaima) June 7, 2020

《同じアカウントに投稿された別のツイートでは、
「白人警察官には黒人に対する漠然とした恐怖心があって」
とも説明。
偏見や差別を助長するとの批判が相次いでいます。》 

今回のBlack Lives Matter抗議デモは、
日本でも広く報道されています。
SNSでも日本に住む多くの人が
ブラック・コミュニティーに連帯を示し、
日本国内でもデモが開かれています。

「Black Lives Matterについて
報道したり伝えたりするときは、
黒人の命を、
あなたのパートナーや子どもなど、
大切な人と同じように考えてほしい」
とマクニールさんは訴えます。

「首を押さえつけられ、
死に至った黒人男性を、
自分の息子、父親、
もしくは兄弟と重ねて見ることができないのであれば、
Black Lives Matterについて説明する動画は
作るべきではありません。
関わるべきではないのです。
それは、
黒人の命をその他の人間の命とは別だと考え、
『黒人の命も同等に大切である』
ということを軽視することになるからです」

引用元:https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5ee0a01bc5b6faafc92b76de

まとめ

これは難しい問題ですね・・・
どの視点で、情報を見るのか。
裏には何があるのか。
歴史的な背景も踏まえて精査するなど、
慎重に情報収集しながら見る必要があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください