クラウドゲームサービス「Stadia」について、大手メーカーCEOが「過大な約束をし消費者を落胆させた」と評価。しかしサポートは続ける

AUTOMATONによりますと、

新作ゲームの発表時に、
対応プラットフォームのひとつに
挙げられることも増えてきた
Googleのクラウドゲームサービス「Stadia」。
同サービスについて、
昨年11月の海外ローンチ当初から
タイトルを提供しているパブリッシャー
Take-Two InteractiveのCEO Strauss Zelnick氏が
感想を述べているそうです。

Strauss Zelnick氏は米国時間5月28日、
「Bernstein Annual Strategic Decisions Conference」
にオンラインで出演し、
同社のビジネスについて語りました
その中ではStadiaにも言及し、
ゆっくりとしたローンチであったと評価。
その背景には、
Googleは技術的に何を提供できるのか
についていくつか過大な約束をしてしまい、
消費者は現実に落胆したのだろうと語っています。

Stadiaのローンチまでには、
たとえば最大4K解像度でプレイできることが
アピールされましたが、
ローンチ後のレビューでは実際には
アップスケールをおこなっていると指摘されました。
また、
専用のStadia ControllerはWi-Fiに直接接続して
プレイできることが特徴でしたが、
ローンチ当初はChromecast Ultraでプレイした際に限定。
PCでのプレイ時にワイヤレス接続できるようになったのは、
今年5月になってからでした。
そのほか、
対応スマートフォンは
GoogleのPixelシリーズに制限されている状況です。
YouTubeを通じた配信中にクリックひとつで
視聴者がゲームに参加できる「Crowd Play」についても、
もともと将来的な対応を予定している機能ではありますが、
Stadiaならではの特徴を備えずローンチしたと言えます。

部分的に物足りない側面を見せてきたStadiaですが、
Take-Two Interactiveとしてはサポートを続けています。
ローンチに合わせて
『レッド・デッド・リデンプション2』と
『NBA 2K20』を提供し、
その後『ボーダーランズ3』も追加。
先日発表された『マフィア』シリーズ3作品の
リメイク/リマスター版も、
Stadia向けのリリースが計画されています。
これについてZelnick氏は、
流通先を拡大させれば、
顧客も拡大させることができる可能性があるため、
ビジネスモデルが理にかなっている限りは
高品質なストリーミングサービスを
サポートしていくとのこと。
同氏はもともとストリーミングについて
楽観的な考えを持っており、
今回もいずれストリーミングは
機能していくはずだと述べています。

今回のイベントでは、
中国市場では『NBA 2K Online』と
その続編を同時に展開し、
共に成功を見ていることについても言及。
『GTA Online』が好調を維持していることが、
新作の発売時期に必ずしも影響を与えるとは
限らないと示唆しました。

Stadiaは、
ローンチ時と同じ欧米14か国にてサービスを展開しながら、
タイトルの拡充と機能の充実を続けています。
また、
当初は有料プランのみが用意されていましたが、
今年4月には無料プランも追加されました。
2020年にはさらなる国にサービスを
拡大させていくとしていたため、
日本でのローンチもそう遠くはないかもしれません。

引用元:https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200601-125843/

まとめ

この記事のタイトルを一瞬見たときは、
かなりネガティブなことが書かれているのかと思いましたが、
読んでみるとそうではありませんでした。
たしかに、
Stadiaが限定的に発売され様々な感想が、
ユーザーから上がっています。
物足りなさや思っていた感じと違うなどです。
しかしそれらを踏まえて、
新しいゲーミングスタイルを確立していくことは、
楽しいことだと思います。
日本に上陸するときは、
それらをカバーして発売してほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください