5Gで人間はもっと自由になる KDDIが考えるスポーツとエンタメが切り拓く未来とは

Forbes JAPANによりますと、

新型コロナウイルスによる外出自粛で、
急速にテレワークやリモート業務が広まっています。
日本も本格的なオンラインの時代に突入した
と言う人も少なくありません。

まさに、
その時代の幕開けを象徴するかのように、
ほぼ同時期の3月下旬、
日本でも「5G」がスタートしました。
5Gとは「第5世代移動通信システム」のことで、
これまでの移動通信システムが大幅に進化して、
高速・大容量化、多接続、低遅延など、
旧来の100倍近い処理速度を持つ
ブロードバンドサービスを指します。

この5Gの登場によって、
最も進化するのがスポーツや
エンタテインメントの分野だと語るのは、
KDDIの経営戦略本部・
ビジネスインキュベーション推進部長である
中馬和彦氏です。
そればかりか、
「5Gは農業など第一次産業も含めて、
あらやる分野をアップデートする」
とも断言します。

5Gの登場で、
世界はまったく別のものになるかもしれません。
新たな時代を切り拓く最大のツールである5Gは、
どのような未来を私たちにもたらすのでしょうか。
5Gの最前線を行く中馬氏に聞きました。

──いよいよ日本でも5Gの新時代が始まったなという思いがあります。

5Gの導入によって、
「第4次産業革命」が訪れると言われています。
蒸気機関が発明されたのが「第1次」、
電気が生まれたのが「第2次」、
インターネットが普及したのが「第3次」、
そして今回の5Gが「第4次」ということになります。
多くの人は、
これが「産業革命」であるとは
感じていないかもしれませんが、
それくらいのインパクトが、
5Gの導入にはあります。

ただ、
これまでの産業革命とは決定的な違いもあります。
歴史を振り返れば、
繊維産業や機械産業が起こり、
その上に乗るかたちでインターネットが生まれました。
つまり「足し算」で次の産業が誕生してきました。
ところが、
5Gによる産業革命は「掛け算」になります。
新しいインダストリーは、
第3次のインターネットに
乗って出てくるわけではないのです。
それほど、
世界はガラリと変わります。

──具体的な事例で教えてもらえますか。

例えば、機械産業においては、5Gがインダストリーテックでさまざまなところへ入っていき、ものづくりそのものがアップデートしていきます。つまりIoTやAIの技術が入ることで、オートメーション化が格段に進み、サプライチェーンが激変していくのです。

第1次産業である農業や水産業でも、「無人農地」や「遠隔漁業」など、いままでにはなかった取り組みが起こります。なので、第4次産業革命で第1次産業がなくなるのではなく、逆にアップデートされていくのです。

もしかしたら、農地そのものが「工場」になるかもしれない。生産性の観点から特定の農地にカメラなどを張り巡らすと、見える化できる。人が現地に行かずとも、ロボットなどに指示して耕運機を動かせるようになる。基本的には省人化・擬人化の農法がとれるのです。

また、よく農産物が収穫され過ぎて市場価格が下がるなどの現象が起こるけれど、完全に農業が機械化された場合、工場と同じように、生産がサプライチェーンのなかに取り込めると考えられます。つまり、サプライサイドの必要な分だけ、オンデマンドで生産することが可能となってきます。農業ですら、5Gでこれだけ激変の可能性があります。

インターネットにしても、
XR(Cross Reality、
AR=拡張現実やVR=仮想現実などの技術の総称)
が入ってくるので、
いままで2Dの平面だったものが、
3Dの奥行きのある世界に変わり、
バーチャルの空間が実現します。
しかも5Gによって、
極限までリアルなバーチャル空間がつくられます。
そうなると
「バーチャルのリアル化」のような現象が起こり始めます。

──バーチャルとリアルの融合、あるいは往還ですね。21世紀前半の最大のテーマかと思います。

おっしゃる通りです。
新しい5G時代のXR技術が、
現代のインターネットと掛け合わされます。
それでインターネットそのものがアップデートされていきます。
インターネットの外にVRができるわけでなく、
インターネットの中で進化していきます。
ここが掛け算の産業革命となるための
重要なポイントだと見ています。

──例えば、サプライチェーンも大きく変わると。

衣料品を販売する企業は、
店頭の棚の売れ行きを見ながら
上流の工場をコントロールしています。
無駄が出ないような仕組みですね。
店舗から上流の生産工場へフィードバックされ、
売れない色やサイズは増産しない。
極端に言えば、
今後はオーダーメイドになり、
店には商品はないけれど、
顧客ごとにカスタマイズされたものだけを
家に届けることだってできます。

農業にしても、
個人が欲しい品種だけが、
顧客の手元に届きます。
サプライサイドから生産ラインを
コントロールすることができて、
すべての産業が激変します。
これには、
5Gの技術が非常に重要な役割を果たします。

5Gでは、
すべての産業そのものの構造が変わる、
このインパクトは過去にないものになるでしょうね。
「私は5Gとは関係ない」
と思っている人がいるかもしれませんが、
これを知らないと世の中から取り残されます。

5Gが実現する新しいスポーツ観戦

──ドコモやソフトバンクも5Gをスタートさせましたが、KDDIが取り組む他社とは違う部分はどういった点でしょうか?

究極的にいうとエンターテインメントから
スタートするところですね。
5Gの適用範囲は先ほども言いましたが
全産業にわたりますが、
KDDIでは「スタジアム」「コンサート会場」「渋谷」
といったところから始めていきます。

──コンテンツから入るという意味ですか?

そうです。
KDDIはJリーグの名古屋グランパスと
業務提携をしているのですが、
5G時代のスタジアムのあり方というものを、
KDDIがパートナーとして提供することが決まっています。
次世代のデジタルスタジアムというもので、
パートナーシップ契約を結んでいます。
さらにプロ野球では横浜DeNAベイスターズさんとも
同じような取り組みをしています。

5G時代を見据えた取り組みそのものは
以前から始めていますが、
5Gの特性上エリアをつくるのに時間がかかります。
そのため、
どこもかしこもというわけではなく、
1年目の2020年は特定の分野だけでスタートします。

──スポーツ観戦の体験なども変わるのでしょうか?

5Gを使うと、
スマホで1人1人が見ている試合動画の画面も違ってきます。
ある人は試合全体の画面、
ある人はお気に入りの選手だけを追いかけている画面、
別の人はあらゆる角度から見ている画面と、
そうやってカスタマーの観戦体験が
同じ試合でも1人ずつ違ってきます。

画面には、
同時にトラッキング
(ユーザーがどこを見ているのかを追跡して分析すること)の
情報などもリアルタイムにアップされます。
5Gの大容量・低遅延といった特性から、
このようなことも可能となります。
いまは新型コロナウイルスの影響で、
Jリーグもプロ野球も試合は延期されていますが、
事態が沈静化したら、
実際に名古屋グランパスや横浜DeNAベイスターズの試合で、
ぜひ試してもらいたいですね。

──先ほど5Gの適用範囲として、「渋谷」という話が出ましたが、1つの街も、ある意味、コンテンツと捉えているのですね。

実は、昨年9月から、
渋谷区と「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」を
立ち上げています。
KDDI、渋谷観光協会、渋谷未来デザイン、
この3者でエンターテインメントとテクノロジーを使って、
街全体をアップデートするというプロジェクトを進めていて、
毎月デジタルアートや音のARなどのイベントを開催しています。

そして、
今年の1月からは、
渋谷エンタメテック推進プロジェクトを衣替えして、
「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」に改名しました。
何が変わったかというと、
これまで3社でやっていたのをコンソーシアムにして、
新たに32社が入る仕組みにしました。

スポーツメーカーやアパレルメーカーなど
さまざまな業界の企業も加わり、
5Gを使ってコンソーシアムをやりましょう
ということになりました。
通信会社はウチだけなので、
KDDIが核となって、
渋谷の街をデジタルアートで盛り上げようと
取り組んでいます。

バーチャルな世界で人間は自由になれる

──ほかに5Gを使ってこんなことを実現したいなど、どんなビジョンがありますか?

インターネットが張り巡らされ、
インターネットでできる当たり前が
すべての社会生活のなかに実現されるようになると、
人は限りなく人間らしい生活に
戻っていけるのではないかという仮説を、
私は持っています。

社会が生まれ、
村ができ、
定住を始め、
法律ができ、
学校ができ、
会社ができ、
生きるルールがきっちりとでき上がってくると、
人間は何かに属さなくてはいけなくなってしまいました。
会社、学校、国にと。
しかし本来、
人間はそういうものではなかったはずだと、
私は思うんです。

インターネットの世界ではそういうことはありません。
さらにバーチャルの世界なら、
人間はもっともっと自由になれます。
アバターで男性になったり、
女性になったり、
複数の人格を持てる。
リアルな世界だと、
どうしても既存のカテゴリーに嵌められてしまいますから。
男性です、
◯◯会社の社員ですというように。

人間は、
本当は、限りなく神経質だけれど、
実はルーズな面もあるなど、
矛盾した二面性を持っています。
だから面白い。
人間の持つ多面的なところ、
そういう本質というのは、
バーチャルな世界でこそ実現されると私は思っています。

──インターネットがここまで普及したのは、人間の本質に迫っていたからだという面はあるかと思います。いま、新型コロナウイルスのために、リアル世界でスポーツなどのプレーや練習が自由にできない時代だからこそ、リアルとバーチャルの境目のない世界を考えてしまいますね。

人間は人間らしく、
何かに拘束されることなく、
自分が持っている多面的なものを、
その時その規模の環境で使いわけられるようになります。
そういった世界が、
5Gで実現できればと考えています。
いままでの積み上げられた秩序が、
掛け算のトランスフォーメーションで、
一旦最適化され、
かつ分割されていきます。
だから、
人間はこれからもっと自由になれると考えています。
そんな世界がすぐそこまで来ています。

とはいえ、
リアルな世界のインターネット化には、
時間がかかります。
リアルなビルや交通も、
通信が入った完全な状態で5G化を整備するには、
一度リプレイスしなければならないからです。
建て替えのタイミングで変えるとすると、
5年も10年もかかります。

なので、
インターネットのリアル化が先行して、
進化していきます。
ゲームや映画のような仮想世界がまずできて、
それがリアルの世界へと反映される。
それによって社会が徐々に
スクラップアンドビルドされて、
10年ぐらい経つと、
完全に5Gがビルドされた社会となります。
すると、
インターネットがリアルにもバーチャルにも両方にあって、
人間が個人のペースでいろんなところへ
自由に往き来できるようになるのではないでしょうか。

──新型コロナウイルスの前と後では世界はがらりと変わると言われています。この人類未曾有の危機が、来たるべき新しい時代の入り口だという人もいますが。

Web会議とかのように、
現状の仕事のやり方を、
ただデジタルツールに置き換えるだけだと、
不都合が出てきます。
本当は、
来るべき時代に備えて、
業務フローそのものを変えなければいけません。
ツールだけを置き換えるだけではなく、
どうやったら最適化されるか、
そういうことを探っていかないといけません。
いまは過渡期だと思います。
完全なリモート社会を創ること、
これまでの自分たちの常識を変えることが、
大事だと思います。

中馬 和彦(ちゅうまん・かずひこ)

KDDI 経営戦略本部 ビジネスインキュベーション推進部長。1996年、国際電信電話(現KDDI)入社。INFOBARをはじめライフスタイルブランドiida、au Smart Sports等を手がける。2014年からジュピターテレコム商品企画副本部長。その後ジュピターショップチャンネル(株)執行役員を経て、現在KDDI(株)経営戦略本部 ビジネスインキュベーション推進部長として、ベンチャー支援プログラムKDDI ∞ Laboやベンチャー投資ファンドKDDI Open Innovation Fundを統括。

引用元:https://forbesjapan.com/articles/detail/34607/1/1/1

まとめ

この記事によりますと、
『KDDI』による5Gの取り組みについての
インタビュー記事でした。
記事を読み進めると、
『KDDI』はスタジアム、コンサート会場、渋谷、
などからスタートさせるそうです。
全体で言えば、
『コンテンツ』から入っていくそうです。
渋谷の街もガラリと変わりそうですね。
渋谷の近くに住んでいるので、
そのタイミングが来たら行ってみようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください