第10世代のCore i5搭載「Acer Chromebook Spin 13」が米国にも登場。価格は629ドルから

HelenTechによりますと、

先月のはじめ、
ヨーロッパ市場でラインナップされていた
第10世代のIntel CPUを搭載するAcerの
新しい「Chromebook Spin 13(CP713)」シリーズが登場
していましたが、
続いて米国のAcer公式サイトにも
Core i5-10210Uを搭載する
「Acer Chromebook Spin 13 (CP713)」が
登場しています。

さらに驚くべきはその価格で、
Core i5-10210Uに8GBRAM、
128GB SSDを搭載したモデルでも
629ドルとなっています。

なぜなら、
現行モデルが同じ構成で登場したときには
899ドルとかなり高めの設定だったので、
そこから270ドルも価格を抑えているというのは
現行モデル登場を知っている方には
衝撃的だと思います。

しかし、
ヨーロッパで発売されたモデルは
新モデルというだけあって、
スペック以外にデザインや外装に変更がありましたが、
よく見ると米国版は単純に現行モデルの
CPUアップグレートという可能性があります。

スペックについて

現在、
米国の公式サイトに掲載されている情報を
参照にしています。

Acer Chromebook Spin 13
(CP713)
※米国版?
ディスプレイ13.5インチ IPS
2,256×1,504
CPUCore i5-10210U
RAM8GB
DDR4 SDRAM
内部ストレージ128GB
外部ストレージmicroSD
ネットワークWiFi ax
Bluetooth 5.0
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
イヤホンジャック
バッテリー駆動時間最大10時間
サイズ299.7×236.2×16.8mm
重さ1.45kg
価格629ドルから

現行の「Spin 13」から、
CPUが第10世代にアップグレードされ、
RAMもDDR3からDDR4へ、
Bluetoothも4.1から5.0になり、
WiFi 6に対応しています。

しかしそれ以外の部分では、
現行モデルとほぼ同じとなっているため、
やはり中身のアップグレードと考える方が
自然だと思います。

とくにスタイラスペンについて書かれていませんが、
スペック概要にWacom EMRペンの記載がないことから、
ペン対応が削除されたか
USIスタイラスへの対応が期待されます。

しかし、
この「Spin 13」は、
価格が629ドルからと現行モデルより
遥かに安い価格で販売となるわけなので、
単純にコンパクトかつ高画素ディスプレイと
ハイパワーのChromebookを必要とするユーザーには、
かなり良い選択肢となるはずです。

ただ個人的には、
ヨーロッパ市場で登場している新しい「Spin 13」シリーズも
気になるところですが。

いずれにしても現時点では、
米国公式サイトに629ドルのモデルが
ラインナップされただけですので、
今後別のモデルが追加されたり、
新モデルが登場する可能性も期待できます。

Acer Chromebook Spin 13 @米国公式サイト

ちなみに今回紹介した
現行からのアップグレード版「Spin 13」は、
何となく日本でもAmazon限定などで
忘れたころに登場しそうな気がしますが、
今すぐ登場ということはないでしょうね。

引用元:https://www.helentech.net/acer-chromebook-spin-13-with-10gen-core-i5-now-available-in-us/

まとめ

この記事で書かれていた、
新しい『Spin 13』とても欲しくなりました。
CPUが第10世代にアップグレード。
RAMがDDR4。
Bluetoothが5.0。
WiFi 6に対応。
お値段は629ドルから。
これだけスペックが高めなのに、
629ドルからと手が届きやすい価格が魅力ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください