ようやくスタートしたものの…全都道府県で5Gサービスが使えるようになるのはいつ?

@DIMEによりますと、

世界ではアメリカ・韓国が2019年4月から、
中国では2019年10月末から
すでに運用が始まっていた「5G」。
2020年の春から、
ついに日本でも5Gのサービス提供がスタートしました。

5Gとは
「第5世代移動通信システム(5th Generation)」の略で、
現在利用されている「4G」の次の世代にあたる、
新たな通信システムです。

本記事では、
日本の各キャリアの5Gサービスについて、
いつから始まるのか、
今後どのような展開を
予定しているかをまとめて紹介します。
5G対応機種への買い替え、
キャリアの乗り換えを検討する際の
参考にしてください。

5Gの特徴は「高速・大容量」「低遅延」「多数接続」

5Gの大きな特徴は、
「高速・大容量」
「低遅延」
「多数接続」の3つ。
交通手段で例えると
「車(4G)が飛行機(5G)になる」
とも言われる5Gは、
より速く、
より多くデータ通信を可能にします。

「素早く動画をダウンロードする」
など個人の利用にとどまらず、
今後は遠隔医療やインフラなどへの利活用も
進めらる予定です。

ドコモの5Gはいつから使える?

ドコモでは、
2020年3月25日からサービス提供が開始されました。
サービス開始時点での5G対応エリアは、
全国150か所ほど。
2020年6月末には、
全都道府県へ展開予定です。

5Gに対応した料金プランは、
「5Gギガホ」と「5Gギガライト」の2つ。
それぞれの特徴を見てみましょう。

5Gギガホ

「5Gギガホ」は、
データ通信料が月額料金に含まれたプラン。
利用可能データ量は
毎月100Gで料金は7,650円ほど。

「みんなドコモ割(3回線以上)」
「ドコモ光セット割」
「dカードお支払い割」
の割引を適用すると、
最大6か月間、
月額4,480円から利用できます。

5Gギガライト

5Gギガライトは、
データ量に応じた料金が段階的に適用されるプラン。
月額3,150円(~1GB)から6,150円(~7GB)まで、
データ利用量に応じた4段階の設定が用意されています。
各種割引の適用で、
月額1,980円(~1GB)からと
低額で利用できるのが魅力です。

5G対応機種は7機種で、
サービス開始日以降順次発売しています。
「5G WELCOME割」を利用した場合、
新規契約・乗り換えなら22,000円、
機種変更なら5,500円が割引され、
お得に端末を購入できます。

ドコモ公式サイト

auの5Gはいつから使える?

auでは、
2020年3月26日からサービス提供が開始されました。
全国15都道府県の一部エリアから始まり、
2020年夏以降に、
全国主要都市への展開を目指しています。

auの5G料金プランは、
大容量「データMAX 5G」
「データMAX 5G Netflixパック」
「データMAX 5G ALL STARパック
(2020年6月以降提供開始)」と、
ライトユーザー用プラン「ピタットプラン 5G」の4つ。

データMAX 5G

データMAX 5Gは、
月間のデータ容量が無制限のプラン。
ただし、
テザリング・データシェア・国際ローミング通信
(世界データ定額)利用時には、
制限がかけられるため注意が必要です。

月額は3,460円からですが、
データ利用量が2GB以下の場合は月額1,980円からと、
低額で利用できるのがポイント。

データMAX 5G Netflixパック

「データMAX 5G」をベースに、
「Netflix(ベーシックプラン)」と
「TELASA」が利用できる
お得なプランも用意されています。
月額は4260円からで、
データ利用量が2GB以下の場合は
月額2,780円から利用可能です。

データMAX 5G ALL STARパック

データMAX 5G ALL STARパックは、
「データMAX 5G」をベースに
「Netflix (ベーシックプラン)」
「TELASA」に加え、
「Apple Music 」
「YouTube Premium」
が利用できるお得なプラン。
2020年6月以降の提供開始で、
月額は5,460円から。
データ利用量が2GB以下の場合は、
月額3,980円から利用できます。

ピタットプラン 5G

ピタットプラン 5Gは、
データ利用量に合わせて月額が変動する
従量課金制プラン。
0〜1GBは4,150円、
1〜4GBは5,650円、
4〜7GBは7,150円で5Gを利用できます。

auでは、
7機種の5G対応機種が発表されており、
デバイスの選択肢が多い点も魅力です。

au公式サイト

ソフトバンクの5Gはいつから使える?

ソフトバンクでは、
2020年3月27日からサービス提供が開始されました。
サービス開始時の5G対応エリアは、
東京・大阪・愛知などの一部地域のみと
限定されていますが、
2021年12月には人口カバー率90%の達成を
目標としています。

ソフトバンクの5G料金プランは、
とてもシンプルです。
4G向けの「メリハリプラン」と
「ミニフィットプラン」に
月々1,000円をプラスするだけで、
5G通信も使えるようになります。
(もちろん5G対応端末である必要あり)

メリハリプラン

メリハリプランは、
月間50GBの大容量プラン。
このプランの場合、
月額8,480円で5Gが利用できます。

ミニフィットプラン

ミニフィットプランは、
データ利用量に応じて月額が変動する
従量課金制のプラン。
0〜1GBは3,980円、
1~2GBは5,980円、
2~5GBは7,480円に設定されており、
5Gを利用するためには
その料金に1,000円が加算されます。

ソフトバンクオンラインショップ

楽天モバイルの5Gはいつから使える?

「第四のキャリア」として注目を集めている
楽天モバイルは、
2020年6月頃の5Gサービス提供開始を予定しています。
楽天モバイルは独自回線を持ってから間もないため、
5Gサービスの全国利用は他社より時間がかかる見通しです。

楽天モバイルは新たなシステム
「完全仮想化ネットワーク」を導入することにより、
設備投資費用を抑えられていることから、
「利用料金の安さに期待できる」
とも噂されています。
楽天モバイルの料金プランはまだ発表されていませんが、
その「安さ」にぜひ注目したいです。

楽天モバイル

まとめ

この記事では、
4キャリアの5Gサービスの内容がまとめられています。
楽天モバイル以外のキャリアは、
サービスの詳細も記載されています。
5Gを検討されている方は、
是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください