企画『eスポーツを知る』第2回:急速に進む4輪モータースポーツとの“融合”

motorsport.comによりますと、

新型コロナウイルスの流行により
モータースポーツの中止が相次いでいる中、
“eスポーツ”がこれまで以上に注目を集めています。
eスポーツ界は近年、
4輪モータースポーツ界と
深い関わりを持ち始めているそうです。

リアルの世界でF1グランプリを戦うチームと、
バーチャルの世界で競うeスポーツは
実は非常に近い関係にあります。
前回も解説したように、
他のスポーツに比較して4輪モータースポーツの場合、
リアルとバーチャルの操作性が極めて似ているからです。

今、
主要なレーシングチームは規模の大小こそ違えど、
ほぼシミュレータ施設を持っています。
実際にレーシングカーをサーキットへ持ち込んで
走らせる機会は限られている上に
手間もコストもかかるので、
実際の走行を行なう以外の時間は
シミュレータを使ってバーチャルの世界で
レーシングカーを走らせ、
ドライバーのトレーニングやマシンのセッティングを進め、
時間を有効に使うためです。

有力なF1チームは、
実戦部隊と別にシミュレータチームを持っており、
実際のグランプリウィークは
実戦部隊が現場でマシンを走らせるのと並行して、
ファクトリーではシミュレータチームが
バーチャルのマシンを走らせ、
セッティングを進めるといいます。
たとえば金曜日現場でプラクティスが終わった後、
シミュレータチームは翌日の走行セッションまで
バーチャルマシンをシミュレータで走らせ、
セッティングを進めて土曜日の走行開始に備えるのです。

このように、
eスポーツブーム以前から
バーチャルを使いこなしているF1チームは、
eスポーツに抵抗なく接近しました。
2017年、
F1公式ゲームを利用したシリーズ戦、
『F1・eスポーツシリーズ』が始まり、
現在はフェラーリやマクラーレンなど
主要F1チームが参加しています。
今年、
新型コロナウイルスの蔓延を受けて
リアルのF1シリーズの開幕が延期になり、
代替イベントとして開催されることになった
『F1・eスポーツ・バーチャルGP』は
このシステムの延長上にあります。

こうした動きの中でも積極的なのはマクラーレンで、
eスポーツを活用して若き才能を見つけるべく
eスポーツプログラム
『マクラーレン・シャドウ・プロジェクト』を
スタートさせるとともに、
独自にeスポーツイベントを開催しています。
ここで発掘された有力選手を
シャドウ・プロジェクトに起用、
現実のF1レースの現場訪問や
実戦用シミュレータでのテスト走行などの機会を
与えるという仕組みです。
マクラーレンはバーチャルとリアルにおける
ドライビングスキルを同等のものと考え、
eスポーツから新しい才能を発掘する試みに
着手したと言えます。

FIAグランツーリスモ選手権の
初代世界チャンピオンとなったイゴール・フラガは、
シャドウ・プロジェクトに起用されて
シミュレータでのテストを経験した
eスポーツプレイヤーのひとりです。
彼によると、
マクラーレンのファクトリーに呼ばれ、
シミュレータで実戦レベルのテストを経験し、
シミュレータ専任ドライバーよりも
好成績を収めてきたようです。
ただし実戦用シミュレータには機密事項が多いようで、
詳細を語らないところをみると
まさにF1グランプリの最前線に
触れてきたということなのでしょう。

■高まるeスポーツプレイヤーの“価値”

F1 eSports 2017
フォトグラファー: Motorsport Türkiye

これまでeスポーツには消極的だったフェラーリも、
「将来的にはeスポーツが、
FDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)での
才能を発掘する場になる」
と位置づけ、
その方針を急転換させました。
FDAは2009年に設立されたフェラーリの
ドライバー育成プログラムで、
これまではFIA F2選手権を筆頭に
リアルのカテゴリーで若手の育成を行なってきました。
昨年、
そこにeスポーツ部門を設けて、
リアルなカテゴリーとeスポーツを同列に置いたのです。

F1チームに先んじて、
バーチャルの世界から
リアルのレーシングドライバーを育て上げようとしたのが、
世界中に多くのファンを抱える
家庭用ゲーム機用ドライビングゲームである
グランツーリスモです。
グランツーリスモは2008年、
日産と協力してリアルのレーシングドライバー育成を
目的としたGTアカデミーを設立、
活動を開始しました。
グランツーリスモの競技会から発掘され
リアルのレースで活躍した選手の中には
ル・マン24時間レースに出場したルーカス・オルドネスや、
現在スーパーGTのGT500クラスを戦う
ヤン・マーデンボローがいます。

グランツーリスモがFIAの名を冠した
『FIAグランツーリスモ選手権』を
開催しているのは前回でも触れました。
現行製品である『グランツーリスモSPORT』を
用いたこのオンライン競技会は2018年から始まり、
FIAの公認を受けました。

FIAはただ単に名称だけ公認
という形を採っただけではありません。
FIAグランツーリスモ選手権の
ワールドツアーシリーズには
正式のスチュワードを派遣してレースを統括する一方、
シリーズチャンピオンをF1チャンピオンや
WRCチャンピオンらと同等の扱いで
シーズンオフにFIAが催す
シーズン表彰式に招き表彰するなど、
他のFIA公認競技と同じ位置づけをしたのです。

FIAがここまでeスポーツに深く関わったのは、
今後FIAはリアルのレーシングカーが
リアルのサーキットを疾走して競う競技を
管轄するばかりではなく、
eスポーツと呼ばれるバーチャルレースを
モータースポーツの未来に組み込んで
普及させるべきだと考えたからです。
FIAは本気です。

このように4輪モータースポーツの世界では、
リアルとバーチャルの融合が急速に進みつつあります。
新型コロナウイルスの蔓延は世界的な不幸ではありますが、
代替イベントとしてeスポーツが
広く利用されている状況を見ると、
これをきっかけにリアルとバーチャルの垣根は
一気に取り払われてしまうのかも知れません。

企画『eスポーツを知る』
第1回:今さら聞けない“eレーシング”の世界

引用元:https://jp.motorsport.com/esports/news/esport-how-to-2020-2/4782061/?nrt=609

まとめ

コントローラーでプレイするのが一般的ですが、
この記事の写真では、
本物さながらの運転席でびっくりしました。
シミュレーターといった方が正しいですかね。
この記事によれば、
eスポーツ大会で良い成績を収めた人に、
企業側がシミュレーターの人材として、
ヘッドハンティングしているそうです。
初めて知りました。
モータースポーツとeスポーツの相性がいいのは、
そういうことなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください