カナダの高校が新型コロナで中止となった修学旅行を『Assassin’s Creed Odyssey』で行う。Ubisoftも全面協力し生徒たちにGoogle Stadia用のキーを配布

電ファミニコゲーマーによりますと、

カナダのケベック州政府は、
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて
学校の閉鎖と修学旅行を禁じているそうです。
そんなケベック州のとある学校で、
ギリシャへの修学旅行を楽しみにしていた
生徒たちのため、
歴史教師であるケビン・ペロキン氏が
『Assassin’s Creed Odyssey』を使った
デジタル修学旅行を実施しました。

生徒はそれぞれでゲームをプレイし、
そこから得た知識でレポートを書いて提出します。
そんな教育とビデオゲームの良好な関係を、
ワシントン・ポストが報じています

『Assassin’s Creed』シリーズは、
12世紀末のエルサレム、
ルネサンス期のイタリア、
アメリカ独立戦争など、
歴史の裏に暗躍していた秘密結社と
アサシンの戦いを描く
オープンワールドアクションゲームです。
リアリティも重視しており、
専門家と協力してゲームの舞台の歴史や政治、
文化などを可能な限り忠実な再現を行っています。

2018年には『Assassin’s Creed Origins』に、
教育を目的とした
「ディスカバリーツアー」が搭載されました。
ゲームで再現された古代エジプトの世界を、
歴史の専門家や学者と協力して作成した
テーマツアーを通して探索できます。

「ディスカバリーツアー」は
古代ギリシャを舞台にした
『Assassin’s Creed Odyssey』にも
「ディスカバリーツアー:古代ギリシア」として搭載。
29の地域にまたぐ300以上のスポットがあり、
5のテーマ(哲学、有名都市、日常生活、戦争、神話)
に分かれたガイド付きのツアーを楽しめます。
ゲームシステムを利用したクイズに
挑戦することもできます。

ペロキン氏は、
ディスカバリーツアーが可能なほどに
良く再現された古代ギリシャを
修学旅行先に選びました。
ワシントン・ポストによりますと、
以前アメリカ独立戦争の授業で
『Assassin’s Creed III』のトレイラーを
利用したこともあるのだといいます。

氏はUbisoftに『Assassin’s Creed Odyssey』を
使って授業を行いたいと問い合わせ、
Ubisoft側もそれを快諾。
生徒たちにはGoogle Stadiaを通じて3ヶ月間、
ゲームにアクセスできるキーが配布されました。
クラウドゲーミングサービスであれば、
コンソールや高性能なPCを持っていなくても
スマートフォンなどからゲームを遊べるため、
こういった利用目的には適しています。

『Assassin’s Creed』シリーズディレクターの
エティンヌ・アロニエ氏は、
ワシントンポストに対し、
新型コロナウイルスの感染拡大以後
こういった教育目的の問い合わせを
多く受けたことを明かしています。
Ubisoftはゲームを教育に利用したい
教師たちをつなぐネットワークを構築し、
クローズドフォーラムで情報交換が
できるようにしたといいます。

(画像はUBIBlogより)
(画像はUBIBlogより)
(画像はUBIBlogより)

登校できない現在の状況は
ハンディキャップという人もいますが、
これは教育にまつわるさまざまな技術を試す
良い機会だとペロキン氏は語ります。
『Minecraftの』で公開された
「Education Collection」や、
『Assassin’s Creed Odyssey』の
ディスカバリーツアーなど、
ゲームが教育に利用される例は少なくありません。
新型コロナウイルスの感染が拡大する現在では、
ゲームの教育利用への需要はさらに高まっているようです。

ライター/古嶋 誉幸

引用元:https://news.denfaminicogamer.jp/news/200417e

まとめ

この記事にありますとおり、
粋な取り組みですね。
カナダの高校の先生の考えたデジタル修学旅行。
これはユニークな考えですね。
生徒たちのことを考えて行動するのは素晴らしいですね。
それに感銘を受けたUbisoft側もグッジョブです。
ゲームを教育に利用する取り組みに僕は、大賛成です!
そういった意味でも、Google Stadiaはぴったりだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください