ソニー「ブラビア」有機EL&液晶6シリーズ ネット動画も美しい高画質

J-CASTニュースによりますと、

ソニーは、
「ブラビア」ブランドから、
4K有機ELテレビ「A8H」など2シリーズ、
4K液晶テレビ「X9500H」など4シリーズを
2020年4月18日から順次発売するそうです。

映像と音が一体の臨場感

いずれも、
テレビ番組やネット動画など様々なコンテンツを
美しく描き出す高画質プロセッサーの搭載に加え、
大画面で課題とされる映像と音の乖離(かいり)を
解消する独自の音響技術を採用するなど、
映像と音が一体の臨場感ある視聴が楽しめます。

全モデルにBS4K/CS4Kダブルチューナー、
「Android TV」機能を搭載し、
4Kを含めた放送波に加え
インターネット動画アプリにも対応。
iPhone/Androidスマートフォンのコンテンツを
簡単にストリーミングおよびミラーリングができるなどの
連携機能もさらなる充実を図ったといいます。

有機ELモデル「A8H」「A9S」および
液晶テレビのハイエンドモデル「X9500H」は
高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載。
それぞれのパネルの特徴を存分に引き出した
美しい映像が楽しめます。

液晶テレビ「X8550H」「X8500H」「X8000H」
3シリーズは高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載し、
様々な映像をHDR(ハイ・ダイナミックレンジ)相当に
アップコンバートする「HDRリマスター」機能を実装します。

音響面では、
いずれも「Dolby Atmos」フォーマットに対応。
「A8H」「A9S」両モデルは有機ELパネル自体を振動させて
映像と音の一体感を生み出す「Acoustic Surface Audio」、
49V型を除く「X9500H」「X8550H」両シリーズには、
映像から音が出ているかのような音響技術
「Acoustic Multi-Audio」を搭載します。

ラインアップと市場想定価格(税別)は、
6月6日発売「A8H」シリーズの
65V型「KJ-65A8H」が42万円前後、
同55V型「KJ-55A8H」が28万円。
7月25日発売「A9S」48V型「KJ-48A9S」が23万円。

5月23日から順次発売「X9500H」シリーズは
75V/65V/55V/49V型を用意し、
40万円~23万円前後(49V型は価格未定)。
5月16日から順次発売「X8550H」シリーズは
65V/55V型の2モデル、25万円、17万円前後。
4月25日から順次発売「X8500H」シリーズは
49V/43V型の2モデル、15万円~13万5000円前後。

4月18日発売「X8000Hシリーズ」は
75V/65V/55V/49V/43V型を用意し、
価格は25万円~9万円前後。

引用元:https://www.j-cast.com/trend/2020/04/17384155.html

まとめ

個人的に、憧れのテレビ『ブラビア』。
その新商品が発売されます。
大、中、小、と様々なシリーズがラインナップされていますね。
特に気になるポイントが画面から音が出る仕組み、
「Acoustic Surface Audio」や「Acoustic Multi-Audio」です。
アニメやゲームが好きな僕は、
このシステムでどっぷりと没入感を味わいたいです。
また、大画面のテレビでリッチな生活をおくることも夢です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください