新型コロナ拡大で脚光浴びるeスポーツ。かかわる立場で変わるその印象

auto sport webによりますと、

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、
世界中でこれまでの日常が一変しました。
モータースポーツを含むスポーツ業界も
大会開催延期や中止などにより、
大きな打撃を受けているそうです。

ただ、
数多くスポーツのなかでモータースポーツについては
家庭用ゲーム機やPC向けのレースゲーム、
レースシミュレーターによる
『eスポーツ』が積極的に活用されており、
現役/レジェンドドライバーたちが
大会に参戦していることで注目も集めています。

eスポーツとは、
『エレクトロニック・スポーツ』のことで、
コンピューターなどの電子機器を用いた
ゲーム/シミュレーターを使ったバーチャルスポーツのこと。
『ウイニングイレブン』
『グランツーリスモSPORT』
などのスポーツゲームのほか、
『ぷよぷよ』などのパズルゲーム、
『ストリートファイター』
『スマッシュブラザーズ』などの格闘ゲーム、
対戦シューティングゲーム、
ストラテジーゲームなど、
さまざまなジャンルのゲームで
eスポーツが行われています。

なかでもモータースポーツに関しては、
グランツーリスモSPORTのほか、
各シリーズの公式タイトル、
PC向けの『iRacing』
『Assetto Corsa』
といったタイトルを使ったオンライン上でのレース、
“バーチャルレース”が数多く開催されています。

F1では公式ゲーム『F1 2019』を使用した
F1バーチャルグランプリが開催されています。
先日の第2戦ではシャルル・ルクレールが勝利しました。
マックス・フェルスタッペンが出場した
『The Race』も多くのプロドライバーが参戦して
注目を集めています。

いま、
世界中で行われている
バーチャルレースで使用されてるソフトは
上述したようにさまざまな種類が存在し、
よりリアルのレーシングカーに近い動きをするものから、
よりゲーム性を意識したものまで、
それぞれあります。

ゲームを遊ぶユーザーとしては
自分の嗜好に合わせてタイトルを選ぶことができます。
しかし、
これらレースゲームで行われる
バーチャルレースを見る立場になると、
各ゲームの特性などにより
賛否が分かれることも多いです。

バーチャルレースは、
どの立場から接するかにより、
その印象が大きく変わってきます。
ゆえに「バーチャルレースは立派なスポーツ」
「あれは単なるゲーム」と意見が分かれてきます。

当然、
長年現実世界のレースを最前線で追い続けてきた
ジャーナリストたちに聞いても、
バーチャルレースへの意見は分かれています。
発売中のオートスポーツNo.1528では
7人のジャーナリストに見解を聞きましたが、
見方は多種多様です。
彼らの意見を肯定派、
否定派、
中立派の3つにわけて、
一部を紹介しましょう。

■「意識と運用次第で変わる可能性がある」

【肯定派】

「eスポーツの世界は成長していき、
単なるビデオゲームの域を脱していることを
多くの人々に納得させつつ、
現実により近づいていくだろう」

「いまはバーチャルの世界を通じて、
現実世界に新たなファンを取り込むことができる」

「成績次第で誰にでも現実の世界で
プロのF1チームの一員になるチャンスがあり、
人生が一変するかもしれない」

「トップレベルのシムレーシングは
本物のレースと同じくらいコンペティティブである」

【否定派】

「eスポーツはモーターレーシングの将来の姿か?
そんな質問を耳にしただけで、私は気分が悪くなる」

「本当のスポーツとは、
やはり世界の各地で開かれているリアルなイベントなのだ」

「バーチャルレースでは得られない
いくつかのファクターがあるから、
リアルなレースでアドレナリンの大量放出が生じる」

「バーチャルレースは、
自分でプレイしたり、
あるいは友人たちと競い合って楽しむものだ」

「クオリティは高いが、
観ていて楽しめるものになっているかというとそうではない」

【中立派】

「サーキットで感じる音、匂い、風、
観客席から沸き立つ感動や興奮は
コンピューターディスプレイからは伝わってこない。
しかし、
現代のシミュレーターに息づくテクノロジーと
精度の高さには文句の付けどころがない」

「バーチャルレースでは
プレイヤーが安易に限界を超えてしまいがちだが、
それは意識と運用次第で変えることができる」

国産タイトルのひとつ『グランツーリスモSPORT』は
リアルと変わらないグラフィックも特徴

マシンの挙動、
描写されるマシンやサーキット、
背景などグラフィックのリアルさなどは、
バーチャルも現実世界にどんどんと近づいています。
とはいえ、
まだバーチャルと現実世界には
埋めがたい差があるのも事実で、
だからこそバーチャルはリアルには及ばない
という意見も出てきます。

一方でレースデビューするのに必要な費用が少ない、
自宅にいながらプレイできる、
年齢・性別・国籍を問わずに参加できるなど、
バーチャルがリアルにはない魅力を
備えていることも事実です。

またリアルのレースでは、
天候やマシン性能、
チーム力などさまざまな要因が
レースの結果に影響をおよぼします。
それがレースをさらにおもしろくする要素ですが、
トップカテゴリーになればなるほど、
純粋なドライバー自身の腕だけを見ることは
難しくなっていきます。

一方、
バーチャルレースではマシンの性能は全車共通。
車両による個体差のようなものも生まれません。
そのため純粋なドライバー/プレイヤーの腕が
見えやすいという側面があります。
そういう視点で見てみれば、
バーチャルレースも楽しめるかもしれません。

今回は不測の事態で現実世界でのレースが
開催できなくなったこともあり、
バーチャルレースが脚光を浴びる形となりました。
このままバーチャルレースの盛り上がりが
一過性のものとなるのか、
それともこの期間にさらなる成熟を重ね、
“もうひとつのモータースポーツ”
としてのポジションを強固にするのか、
それには、
これまで以上にファンの関心を集められる要素を
用意できるかがカギを握ります。

引用元:https://www.as-web.jp/overseas/579497?all

まとめ

この記事のポイントは、
バーチャルレースを【肯定派】【否定派】【中立派】
の立場で記されているところです。
個人的には、
【肯定派】に分類されますが、
【否定派】と【中立派】の意見も、
なるほどなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください