【Review】ハードの制約から開放される?Google StadiaをスマホとChromebookでプレイしてみた!

Techableによりますと、

2019年3月にGoogleが発表した
クラウドベースのゲームプラットフォーム
「Google Stadia」。
これまで、
有料のStadia Proのみ一部地域で
配信されていましたが、
先日Googleが特典ゲーム9本を含めて
2ヶ月間無料で開放してくれました。

そこで、
配信地域に含まれるカナダに住む筆者の手元でも
試すことができたため、
今回はプレイしてみた感想を記事にしてみます。

なお、
Stadiaをゲームするにあたって筆者が整えた環境は、
Chrome OSを搭載した「Pixelbook」と「Pixel 4」、
そしてコントローラーの
Xbox Oneワイヤレスコントローラーです。

・デバイス間を縦横無尽に切り替え可能

StadiaはChromeブラウザ上からアクセスし、
そのままゲームコンテンツを
プレイすることになるのですが、
このアクセスがとにかくラクです。

Stadiaのホーム画面には前回プレイしたゲームの
再生マークが表示されており、
このマークをクリックするだけで
再び元のゲームにアクセスできます。

Pixelbookでプレイした後、
Pixel 4の方の専用アプリで開くとPixelbookで
プレイしていたところから始めることができ、
デバイス間の切り替えを
とても快適にしてくれています。
これは想像以上でした。

・グラフィックが美しいゲームもサクサク動く

今回試したのは「Destiny 2」、
「SteamWorld Dig 2」、
「GRID」の3ゲームです。
特にFPSシューティングアクションゲームの
Destiny 2はとてもグラフィックが
綺麗なゲームにもかかわらず、
ブラウザ上でプレイしていることを
忘れてしまうくらい
サクサク動くことに感動しました。

PixelbookのGPUには
Intel HD 615が採用されていますが、
あくまでローエンド向けのモデルで、
かつ本体にはファンもついていないにもかかわらず、
長時間プレイしていても動きが止まることは
一度もありませんでした。

・ハード側の制約から開放される日も近い?

本来ハード側のスペックで左右されがちな
ハイグラフィックゲームのパフォーマンスも、
Stadiaであれば全く影響を受けることがありません。
これは、
ゲーム機本体の型落ちや、
スペック不足による満足度の低下といった、
ゲーマーの中では当たり前だった障壁を
打ち壊すことになるのではないのでしょうか。

もちろん、
データセンターのクラウド上で走らせるゲームを
手元のデバイスで映し出していることになるため、
大容量のデータ利用と、
低遅延を可能にする高速インターネットが必要となります。
筆者のWi-Fi環境も約500Mbpsと
なかなかの速度が出せていたため
これだけ満足度の高いユーザー体験が
得られたのかもしれません。

しかし、
今後さらに人気コンテンツがStadiaに参入していけば、
ますますStadiaは魅力的な
ゲームプラットフォームになっていくことを
確信させてくれる、
そんなワクワクする体験となった
ということはいうまでもありません。

引用元:https://techable.jp/archives/121487

まとめ

Stadia対象の現地からのレポートです。
この記事ではコントローラーが、
Xbox Oneワイヤレスコントローラーを使用しています。
他の記事との違いは、
このコントローラーでプレイしているという点です。
僕が見た範囲では、
Stadiaコントローラーのレビューは見てきましたが、
Xbox Oneワイヤレスコントローラーは始めてみました。
非常に興味深いですね。
これからも、
色んなパターンでのレビューを見てみたいですね。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください