第10世代CPU搭載の「Acer Chromebook Spin 13(CP713)」が欧州で発売

HelenTechによりますと、

とくにアナウンスがあったわけではないようですが、
Acerが第10世代のComet Lake CPUを搭載した
「Acer Chromebook Spin 13」を
ヨーロッパで発売するようです。

Acerの「Chromebook Spin 13」といえば、
国内でも発売されている
13.5インチのハイエンドChromebookですが、
今回のモデルはそれをベースとして、
いくつかの変更点があるようです。

Acer Chromebook Spin 13 (2nd Gen) のスペック

 Chromebook Spin 13
CP713-2W-356L
Chromebook Spin 13
CP713-2W-53AW
ディスプレイ13.5インチ IPS
2256 × 1,504
360度ヒンジ
13.5インチ IPS
2256 × 1,504
360度ヒンジ
CPUCore i3-10110UCore i5-10210U
RAM8GB16GB
内部ストレージ64GB eMMC256GB PCIe SSD
外部ストレージmicroSDmicroSD
ポートUSB-C(3.1) ×2
USB-A(3.1) ×1
HDMI ×1
イヤホンジャック
USB-C(3.1) ×2
USB-A(3.1) ×1
HDMI ×1
イヤホンジャック
その他バックライトキーボードバックライトキーボード
バッテリー最大10時間最大10時間
サイズ300.6×235×16.8mm300.6×235×16.8mm
重さ1.37kg1.37kg
価格789ユーロ969ユーロ

今回登場した第2世代と呼べる
「Acer Chromebook Spin 13」の
スペックはこんな感じで、
第10世代の
Core i3-10110UとCore i5-10210Uを搭載し、
それぞれRAMとストレージの構成も
異なっています。

とくに上位モデルに関しては、
16GBRAMと256GBのPCIe SSDを搭載しているため、
CPUの性能と合わせてかなり高速な動作体験が
できると思います。

もちろん、
Core i3モデルも十分にハイスペックだと思いますが、
価格差を考えると上位モデルに
手を出しても良い気がしなくもない。

また、
第1世代の「Spin 13」には搭載されていなかった
HDMIポートが備わり、
画像を見た感じでは上と左右のベゼルがより狭くなって、
画面が広がっている印象を受けます。

また、
第1世代のサイズが
幅309.5 × 奥行245.8 × 厚み16.95 mm
だったことに対し、
第2世代は
幅300.6×奥行235×厚み16.8mmと
わずかに小さくなっており、
さらに重さも1.5kgから1.37kgと
軽量化されています。

しかし、
「Spin 13」で人気のあった
本体収納式スタイラスペンが
なくなっているだけでなく、
指紋センサも搭載されていないことが
スペックシートから明らかになっています。

ただ、
いつものとおり欧州仕様と考えても良さそうなので、
もしかしたら欠けているそれらを採用するモデルが
あるかもしれませんが、
今のところ情報は出ていません。

なお、
どちらも近い価格帯で
「ASUS Chromebook Flip C436FA」が
あるため競合するわけですが、
「Spin 13」はフルHD+の高解像度となっているため、
作業領域をできる限り広く取りたい
というユーザーには向いたChromebookだと言えます。

現時点では正式発表はありませんが、
今後グローバルモデルが登場する可能性もありますので、
情報が出れば改めて紹介したいと思います。

ちなみに現行の「Acer Chromebook Spin 13」は、
国内Amazonでも購入できますので参考まで。

それにしてもこのモデル、
国内外でも売り切り御免な雰囲気があったけど、
まさかアップグレードモデルが出るとは思わなかったな…。

引用元:https://www.helentech.net/chromeos/chromebook/2020/04/12636/

まとめ

この記事で気になったポイントは、
『Chromebook Spin 13 CP713-2W-53AW』の
Core i5-10210U、16GB、256GB PCIe SSD
というところです。
このスペックを見ると、
かなりセンスのいい端末だと思います。
ヨーロッパで販売ということですが、
日本でも販売して欲しい端末だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください