[5G思考#1]人とAIのハイブリッド – 働き方の劇的変化は数年のうちに起こる

business network.jpによりますと、

5G時代、
「経営のトップは人間とAIの仕事の線引きを見直し、
AI化の道筋を立てなければならない」と
野村総合研究所(NRI)の桑津浩太郎氏は語ります。
まずは「もう1つの現場」でのトライアルを始め、
「産業内の壁」を崩していきましょう。

――5Gはビジネスをどう変えていきますか。

桑津 
現状、
5Gならではのアプリケーションは、
韓国や中国に行っても、
ほとんど見当たりません。
「非常に高速なスマホ」以外の用途が
今は無い印象です。

5Gのユースケースの大本命は、
AI自動運転のような
「リアルタイム制御」だと見ています。
しかし、
こうした人間以外の用途は、
スマホと比べて時間がかかります。
腰を落ち着けて取り組む必要があることを、
再確認したということだと思います。

ですから、
5Gの当面のユースケースは
「ハイブリッドモデル」になると考えています。

決まったルートを走る
自律運転バスのケースで説明しましょう。
普段はAIで定常運行していますが、
非常時には人間が運転します。
ただし、
人間はセンター側にいて、
1人で6台くらいのバスを監視し、
トラブルが起きた時だけ遠隔操作する。
5Gの短期的なニーズとしては、
こうしたハイブリッドモデルが来るでしょう。

――「AIプラス人」のハイブリッドですね。

桑津 
単純な仕事はAIがやって、
面倒くさい仕事は人間がサポートするわけです。

似たようなニーズは
今いろいろな分野で出てきています。
その1つが工作機械などのメンテナンスです。

最近の工作機械にはIoTデバイスが付いており、
振動や温度などに異常があると
遠隔のセンターで即座に分かります。
そしてAIによる診断結果をもとに、
トラブル原因の当たりを付けてから
現場へ向かうのですが、
AIで原因が分かるケースは
全体の7割ぐらいなのですね。
残り3割は行ってみないと分かりません。
しかも、
その3割の大半は、
複雑で難しいトラブルです。

そこで現場作業員は、
ウェアラブルカメラで該当箇所を映し、
センターにいるベテランの
アドバイスを聞きながら作業します。
現在は4Gでやっていますが、
5Gであれば4K高精細映像や
複数アングルの映像もやりとり可能で、
AIと人間の両方を包括できる十分な
伝送容量を確保できます。

本当はAIが全部判断し、
ロボットがすべて直してくれればいいのですが、
現状はそこまで技術が進んでいません。

例えば、
港湾のクレーン作業は
超職人技でイレギュラータスクも多く、
AIで全部行うのは難しいそうです。
とはいえ、
すごく高い場所にあるオペレーター席に
人間がわざわざ登って
作業しなければならないかというと、
その必要性はない。
自宅から遠隔操作すればいいのです。

――ただ、AIは日々進化しています。
5Gへの移行が進み、
映像をはじめとした、
もっと大量のデータを学習可能になれば、
AIでは難しい仕事も
どんどん減っていくのではないですか。

桑津 
そのスピードは速くなるでしょう。
AIが囲碁の世界チャンピオンに勝つのが
早かった理由には、
過去の対局データの蓄積があったこともあります。
5Gは、
今まで非常に限られていた
“シンギュラリティ”の領域を広げるんですよ。
様々な現場にシンギュラリティをもたらすのが5Gです。

ハイブリッドモデルは当面の現実解であって、
目的ではありません。
最終的に目指すのはオールAIモデルです。

イノベーションの「可能性」ではなく「必然性」

――5G時代、
人材の活かし方には大きな変化が起きそうですね。

桑津 
先ほどの話に戻ると、
ベテランは現場に出さずに
センターに集中させることになります。
ベテランの本当の価値は
「手先」ではなくて「脳みそ」、
つまり経験だったということですね。
ベテランを最高に活かすポジションは現場ではなく、
ネットワークを介して全国・全世界で共有した方が
有効なわけです。

工場メンテナンスの例で言うと、
今まで1日2件くらいしか担当できなかったのが、
センターに座っていると高スキルのベテランが
1日40件くらい担当できるんですよ。

――5Gを活用することで、
高スキルの人材がさらに多くの付加価値を
創出できるようになると。

桑津 
その一方で、
インターネットを通じて単発の仕事を請け負う
「ギグエコノミー」が進展します。
現場の人材は
ギグエコノミーで流動的に雇用・配置し、
ベテランやAIが支援する。
5Gによって働く場所や
所属組織と仕事の分離が進みますが、
その受け皿の1つがギグエコノミーになります。
5Gの普及に伴い、
ギグエコノミーが伸びることは間違いないでしょう。

経験値の少ない人間に
「次はこれを取る、次はこれを回す」と
指示・サポートできるARもかなり伸びていきます。

さらに、
遠隔操作が普及していけば、
職業における性差がなくなっていく可能性もあります。

例えば建機の遠隔操作は、
電子部品の組み立てと同様に、
細かい作業を集中して継続できる能力がある人が
有利だと分かってきました。
統計的には、
女性の方がこうした能力に優れた人は多いです。
これまで建機の操作は
男性向きの仕事と思われてきましたが、
将来は男女の差が
無くなるかもしれないということです。
建機だけではなく、
バスや印刷機械など遠隔操作できるものは
全部そうです。

――少子高齢化に伴う人手不足は
日本にとって最大の課題ですが、
5GやAIによってイノベーションを起こせる可能性が
はっきり見えてきたということですか。

桑津 
「可能性」ではなく「必然性」です。
なぜなら、
それ以外に答えはないからです。
イノベーションを起こさないと、
日本は行き詰ってしまいます。

おそらく2、3年後には、
郊外や建設現場などでは、
人が運転していないコマツによる
建機の遠隔操作の展示バスや建機が
動いていると思います。
そして5年後には多くの人の目に触れるようになり、
10年後には当然になっていないと日本はピンチです。

繰り返しますが、
5Gは人間以外が対象で、
社会インフラの整備とともに導入が進んでいくため、
スマホと比べると普及に若干の時間が掛かります。
しかし、
人手不足が深刻化している日本の状況を考えると
急がざるを得ません。
当初の予測よりも社会変革までの時間は
短くなると考えています。
本当は10年掛けたいところですが、
そんなに時間を掛けている猶予はないのです。

「もう1つの現場」でトライアル

――スマホ/4Gは、
多くの業界に「ディスラプション(破壊)」を
もたらしました。
5Gもまた別のディスラプションを
起こすことになるのでしょうか。

桑津 
将来的には起きると思います。
しかし短中期的には、
5Gが破壊するのは「産業間」の壁というより、
「産業内」の壁だと考えています。
産業内の変革を加速させるのが5Gです。

では、
5Gは産業内のどんな壁を壊すのか。
それは働き方の壁です。
「すべて人間がやる」といった
従来の働き方の前提が崩れ、
産業内の高度化が進みます。

――働き方の壁崩壊の具体例としては、
ベテランによる遠隔サポート、
ギグエコノミーの活用、
遠隔操作における女性の活躍、
そしてAIによる自動化と、
すでにいくつも挙げていただきましたが、
その前段として経営者は何をすべきでしょうか。

桑津 
経営トップは、
「人間は何をやり、AIは何をやるのか」
という線引きを見直す必要があります。
そもそも従来、
「AIで人間の仕事を減らす」
という発想はあっても、
「ここまでAIでやろう」という線引き自体、
あまりできていませんでした。

例えば
「まずは6割をAI、4割を人手で行い、
徐々にAIの比率を上げていく」といったように、
経営トップはAI化の道筋を立てなくてはなりません。

現場は
「今のやり方が一番いい」と難色を示すでしょう。
確かにAI化を進めたら、
初期段階では生産性は下がり、
トラブルも頻発します。
しかし、
日本の課題は、
こうした「職人気質」や「お客様は神様です」だったり、
現場にAI化を阻害する要因が多すぎることなのです。
現場のベテランに反対されれば、
経営トップでもAI化を推し進めるのは困難です。

そこで必要なのは、
「もう1つの現場」を作ることです。
規模は小さくてもいいので、
別部隊でAI化のトライアルを行うのです。
その際、
短期的には現在の現場と比較し、
同じ品質や生産性などを要求してはいけません。
また、
減点法ではなく、
加点法で評価します。

人手不足は今後ますます深刻化し、
コストも上がっていきます。
現状のやり方が長く続かないことは間違いありません。
「ノアの箱舟」のように、
もう1つの工場、
もう1つの店舗、
もう1つのオフィスのトライアルを今から行い、
新しいやり方にシフトしていかないと生き残れません。

ソリューションが成熟してから
「買ってくる」というシナリオはないと思います。

――5G時代に向けて、
すでに動き始めている日本企業は増えているのですか。

桑津 
製造業や流通業で積極的な試みが見られますし、
金融業でも動きが活発化しています。

サイバーとリアルが融合した社会において、
5Gは「神経網」です。
「脳みそ」であるAI、
「手足」であるロボットと歩調を合わせて
社会を変えていきます。

リアルと融合するということは、
リアルに対するリスクが生じます。
そのリスクをどう受け止めるかは大きな課題ですが、
やらなければ市場から駆逐される可能性がある。
だから、
やらざるを得ないのです。


月刊テレコミュニケーション
2020年3月号から一部再編集のうえ転載
(記事の内容は雑誌掲載当時のもので、
現在では異なる場合があります)

引用元:https://businessnetwork.jp/tabid/65/artid/7302/page/1/Default.aspx

まとめ

『5G』と『仕事』の未来を感じる記事でした。
これのハイブリットで時代が進んでいきます。
6割をAI、4割を人手などのように、
最初から全てAIにするのは無理なので、
職種によって徐々に割合を変える必要がありますね。
少しずつでも導入することで、
仕事の負担が軽減されますし、効率も上がります。
今から未来が楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください