MSI、eスポーツゲーマー向けゲーミングノートPC

価格.comによりますと、

エムエスアイコンピュータージャパンは、
eスポーツゲーマー向け
ゲーミングノートパソコンの新製品として、
「GS66 Stealth」
「GS75 Stealth」
「GT76 Titan DT」
「GE75 Raider」
「GP75 Leopard」
「GF65 Thin」
「GF75 Thin」
「GF63 Thin」
を発表。
4月16日より順次発売するそうです。

■「GS66 Stealth」

リフレッシュレート300Hzの
15.6型ゲーミング液晶パネルを搭載し、
より滑らかで一瞬を逃さない
映像表示を可能にした薄型ハイエンドモデル。
画面解像度はフルHD(1920×1080ドット)
を採用します。

ラインアップとして、
「Core i9-10980HK」と
「GeForce RTX 2080 SUPER Max-Q デザイン」
を搭載した「GS66-10SGS-020JP」、

「Core i9-10980HK」と
「GeForce RTX 2070 SUPER Max-Q デザイン」
を搭載した「GS66-10SFS-022JP」、

「Core i7-10750H」と
「GeForce RTX 2070 Max-Q デザイン」
を搭載した「GS66-10SF-021JP」を用意します。

バッテリー駆動時間は最大9時間。
本体サイズは
358.3(幅)×19.8(高さ)×248(奥行)mm。
重量は2.1kg。

市場想定価格は、
「GS66-10SGS-020JP」が440,000円前後、
「GS66-10SFS-022JP」が316,000円前後、
「GS66-10SF-021JP」が300,000円前後。

■「GS75 Stealth」

リフレッシュレート300Hzの
17.3型ゲーミング液晶パネルを搭載した
大画面・薄型モデル。
画面解像度はフルHD(1920×1080ドット)
を採用。
MSI公式オンラインショップ限定の
取り扱いとなります。

ラインアップとして、
「Core i9-10980HK」と
「GeForce RTX 2080 SUPER Max-Q デザイン」
を搭載した「GS75-10SGS-012JP」、

「Core i7-10750H」と
「GeForce RTX 2070 Max-Q デザイン」
を搭載した「GS75-10SFS-013JP」を用意します。

本体サイズは
396.1(幅)×20.25(高さ)×259.4(奥行)mm。
重量は2.4kg。

市場想定価格は、
「GS75-10SGS-012JP」が400,000円前後、
「GS75-10SFS-013JP」が260,000円前後。

■「GT76 Titan DT」

17.3型4K液晶(3840×2160ドット)を
搭載したウルトラハイエンドモデル。
デスクトップPC向け8コアCPU
「Core i9-9900K」や、
NVIDIAのハイエンドGPU
「GeForce RTX 2080 SUPER」を搭載します。

ラインアップとして、
32GBメモリーと1TB SSD+1TB HDDを搭載した
「GT76-9SGS-256JP」を用意します。

本体サイズは
397(幅)×42(高さ)×330(奥行)mm。
重量は4.2kg。

市場想定価格は600,000円前後。

■「GE75 Raider」

リフレッシュレート240Hzの
17.3型ゲーミング液晶パネルを搭載した
大画面モデル。
画面解像度はフルHD(1920×1080ドット)
を採用。
有線LANと無線LANにも
ゲーミング向けネットワーク機能の
「Killer LAN」を採用します。

ラインアップとして、
「Core i9-10980HK」と
「GeForce RTX 2070 SUPER」を搭載した
「GE75-10SFS-011JP」を用意する。

本体サイズは
397(幅)×27.5(高さ)×268.5(奥行)mm。
重量は2.64kg。

市場想定価格は350,000円前後。

■「GP75 Leopard」

リフレッシュレート144Hz/120Hzの
17.3型ゲーミング液晶パネルを搭載した
大画面モデル。
画面解像度はフルHD(1920×1080ドット)
を採用します。

ラインアップとして、
リフレッシュレート144Hzで
「Core i7-10750H」と
「GeForce RTX 2070」を搭載した
「GP75-10SFK-009JP」、

リフレッシュレート120Hzで
「Core i7-10750H」と
「GeForce RTX 2060」を搭載した
「GP75-10SEK-038JP」を用意します。

本体サイズは
398.5(幅)×28(高さ)×272(奥行)mm。
重量は2.6kg。

市場想定価格は、
「GP75-10SFK-009JP」が250,000円前後、
「GP75-10SEK-038JP」が210,000円前後。

■「GF65 Thin」

リフレッシュレート120Hzの
15.6型ゲーミング液晶パネルを
搭載したモデル。
画面解像度はフルHD(1920×1080ドット)
を採用します。

ラインアップとして、
「Core i7-10750H」と
「GeForce RTX 2060」を搭載した
「GF65-10SER-259JP」を用意します。

本体サイズは
359(幅)×21.7(高さ)×254(奥行)mm。
重量は1.86kg。

市場想定価格は180,000円前後。

■「GF75 Thin」

リフレッシュレート120Hzの
17.3型ゲーミング液晶パネルを搭載した
大画面・薄型エントリーモデル。
画面解像度はフルHD(1920×1080ドット)
を採用します。

ラインアップとして、
「Core i7-10750H」と
「GeForce GTX 1650 Ti」を搭載した
「GF75-10SCSR-001JP」を用意します。

本体サイズは
397(幅)×23.1(高さ)×260(奥行)mm。
重量は2.2kg。

市場想定価格は190,000円前後。

■「GF63 Thin」

リフレッシュレート120Hzの
15.6型ゲーミング液晶パネルを搭載した
薄型エントリーモデル。
画面解像度はフルHD(1920×1080ドット)
を採用します。

ラインアップとして、
「Core i7-10750H」と
「GeForce GTX 1650 Ti Max-Q デザイン」
を搭載した「GF63-10SCSR-007JP」
を用意します。

本体サイズは
359(幅)×21.7(高さ)×254(奥行)mm。
重量は1.86kg。

市場想定価格は140,000円前後。

引用元:https://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0020/id=93252/

まとめ

この記事で初めて知ったのが、
ゲーミングノートPCの価格の幅が、
結構あるという点です。
ハイスペックの端末だと60万円前後。
リーズナブルな端末だと14万円前後。
ゲーミングノートPC自体持ってないので、
感覚の違いが分かりませんが、
やっぱり価格の高いほうが、快適なんですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください