新型コロナウイルス Googleの闘い方

ITmedia NEWSによりますと、

いろんな企業が
新型コロナウイルス感染症と闘うために、
今できることをハイスピードで考え、
実行に移しているそうです。

掃除機や空気清浄機能付きファンヒーターなどを
開発・販売している英ダイソンの創業者が
英国首相から電話で
「量産できる人工呼吸器作って」と頼まれて、
ゼロから設計して製造しています。

3Dプリンタも製造している米HPは、
医療用のフェイスシールド
(透明でウイルス入りの飛沫などから
医療従事者を守るための防具)や
感染したかどうかチェックするときに使う
あの鼻の穴に突っ込む棒「スワブ」など、
緊急に必要な新型コロナ対策用パーツを
医療専門家と協力して設計し、
スワブはもう大量生産中の上、
設計データをWebサイトで公開しています。

Googleさんももちろん、
その技術力と資本を生かした取り組みを
大量に打ち出しています。
今日はその一部をご紹介します。

Verilyのスクリーニングサイト始動 1000人のGooglerがボランティアで参加

トランプ大統領が3月13日に
「全米でもうすぐ展開する」とぶち上げた
(Googleではなくその系列の
医療企業Verilyが運営する)
スクリーニングサイトは、
16日にベイエリアでスタートし、
25日の時点で同地域の
2万人以上をスクリーニングし、
そのうちの1200人以上を
感染検査ドライブスルーに誘導しました
米CNBCより)。

Verilyが26日にYouTubeで
スクリーニング→ドライブスルー検査の
手順を紹介しました。

ドライブスルー形式の感染検査。
車内に座ったまま、検査用のスワブを鼻の穴に突っ込まれる

ドライブスルーの誘導係などは
Googleを含むAlphabetからの
約1000人のボランティアが
担当しているそうです。

テスラ車オーナーも

8億ドル(約863億円)でいろいろやる

スンダー・ピチャイCEOが27日、
新型コロナの影響を受ける中小企業や
新型コロナと最前線で戦う
医療従事者を支援するために新たに
8億ドル使うと発表しました。
そのうちわけは以下のとおり。

  • 2.5億ドル:世界保健機関(WHO)や
    世界中の政府が正しい関連情報を
    人々に届けられるようにするための
    広告助成金。
    これとは別に地域団体にも
    2000万ドルの広告助成金を提供済みです。
  • 2億ドル:非営利団体や金融機関が
    中小企業に資本提供するのを助ける投資ファンド。
  • 3.4億ドル:Googleに広告を出している
    中小企業向けのGoogle広告クレジット
    (無料で広告を出せる権)。
    過去1年間アクティブだった広告主であれば、
    年内に使えるクレジットが
    もらえるようになります。
    1広告主当たりいくらくらいになるのか
    まだ分かりませんが。
  • 0.2億ドル:教育機関や研究者向けの
    Google Cloudクレジット。
    新型コロナの治療法やワクチン開発に使う場合に
    申請できます。

マスクなどのPPE(個人用保護具)や人工呼吸器製造支援

Google自身がマスクや人工呼吸器を
製造するわけではないですが、
提携先のPPEメーカーと協力して
医療用マスクを数週間中に
200万~300万枚作ってCDC
(米国疾病予防管理センター)財団に
寄付します。
また、
Alphabetの様々な専門知識を持つ
Googler(Googleの従業員)が
医療品メーカーにノウハウを提供することで、
人工呼吸器の製造と流通を支援します。

Googlerによる寄付支援「ギフトマッチ」枠を拡大

Googleは以前から、
Googlerが何らかの寄付をすると、
会社としてその寄付額と同額を寄付する
「ギフトマッチ」を行っています。
従来は7500ドルが上限でしたが、
これを1万ドルに引き上げます。
つまり、
1万ドル寄付しようとすると
2万ドル寄付できるようになります。

新型コロナウイルス関連情報まとめサイト

これは21日に発表されたもので、
日本語版はまだ公開されていませんが、
誤情報なしの最新データや
役に立ちそうな動画をまとめた
Webサイトを公開しています。
Googleさんは世界中の人が
新型コロナについて何を知りたがっているのかを
入力される検索ワードで把握できるわけですから、
必要な情報を提供できているはずです。

「COVID-19 Information & Resources」

サービスをダウンさせない、アップデートは続ける

Googleの本社があるカリフォルニア州や
多数のエンジニアがいるニューヨークでは
外出禁止令が出ていて、
多くのGooglerはリモートで仕事をしています。
それでも、
この非常時だからこそ、
Googleのネットワークを
ダウンさせるわけにはいきません。
26日の公式ブログで、
今のところピークトラフィックレベルは
処理できる範囲内ですし、
システムへの負荷を
最小限にするための対策もしていますし、
必要に応じて容量を増やしていますし、
障害が発生したら迅速に復旧させてますよ、
とアピールしました。

Android 11は今のところ
スケジュール通りのようです。
18日にChromeブラウザのアップデートを
一時停止すると発表したのには
ちょっと驚きましたが、
遅れはありますが開発は再開しました。

エイプリルフールはやらないで、のお達し

Googleは4月1日のエイプリルフールに
毎年かなり力を入れてきました。
でも今年は自粛するようです。
エレイン・トゥーヒルCMO
(最高マーケティング責任者)が
Googlerに送ったという社内宛お達しメールを
米Business Insider(リンク先は要サブスク)が
入手して報じました。

「毎年のエイプリルフールは、
Googleが型破りな企業であることを
祝う伝統ですが、
新型コロナウイルスのパンデミックと
戦う人々を尊重し、
今年はお休みにしましょう。
私たちの今の最優先事項は
人々を支援することです。
ジョークは来年の4月にとっておきましょう。
来年は絶対、
もっと楽しい日になります」
とトゥーヒルさん。

あ、来年は再開するんですね。
Microsoftは昨年、
企業全体としてエイプリルフールネタは
やらないと発表しています。
恐らく他の会社も、
少なくとも今年はエイプリルフールネタは
やらないでしょう。


この他にも、
休校の子どもたちのためのプログラム支援や、
系列のDeepMindによる
ウイルスの構造解析システムの提供など、
まだたくさんやってますが、
紹介するのはこのくらいにしておきます。

楽しみにしていたGoogle I/O 2020は、
オンラインでもやらないことになりました
新型コロナ、
早く沈静化するといいですね。
そのために私たち一般人にできることは、
自分が感染しないようにすること。
正しい情報を確認し、
こまめに手洗いして落ち着いて待機しましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

引用元:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/29/news010.html

まとめ

新型コロナウイルスで、
様々な企業が協力してくれています。
ありがとうございます。
この記事ではGoogleやAlphabetの
取り組みを紹介しています。
Googleならではの取り組みには頭が下がります。
個人的に注目したのが、
毎年恒例のエイプリルフールネタを自粛するところです。
このご時世なので、正しい判断だと思います。
Google I/O 2020も(オンラインでも)開催されません。
皆でこの危機を乗り切りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください