リモートワークでChromebookを利用するなら「Work with Chromebook」のロゴ付き周辺機器を探そう

スラッシュギアジャパンによりますと、

Googleは Chromebook の
認定アクセサリープログラムを開始しました。
この認定によりあなたが探している周辺機器は
「Chromebook でも動作するかのテスト済み」
かどうかがわかります。
すでにいくつかのブランドが認定されています。
日本、米国、カナダでプログラムは
スタートされており、
店頭販売だけでなく、
オンラインでの購入時にも「認定済みかどうか」
がわかるようになっています。
Chromebook でのリモートワーク時、
必要な周辺機器があれば「認定済み」のものを
探せば良いのです。

「Works with Chromebook」の背景

COVID-19 ウイルスの発生により、
在宅勤務は単なる贅沢を超え、
インターネットやIT業界だけの
「特権」ではなくなりました。
ただし、
「WFH」すなわちWork From Home の
セットアップは単純ではありません。
インターネット接続の良さや、
コンピューターを使いやすくするための
適切なアクセサリーなど、
いくつかの準備が必要です。
当然のことながら、
アクセサリー需要の急増につながり、
この流れが一部のメーカーに
特需を巻き起こすでしょう。
そこでGoogleは「認定資格」をあらわす
新しいバッジを作成しました。
Chrome OS デバイスに適した
パートナーの獲得が目的です。

「Works with Chromebook」がユーザーのアクセサリー購入をサポート

技術的に言えば、
認定バッジがなかったたとしても、
一般的なアクセサリーは
Chromebook でも機能します。
Chromebook だからといって、
特殊な規格を用いているわけでなく、
基本的にはさまざまなアクセサリーが
利用できるよう標準的な規格で
作られているからです。
たとえば、
Bluetooth または USB マウスは基本的に
何であっても動作しますし、
必要な電圧を満たすUSB-C充電器も
Chromebook での仕事を十分に
サポートします。

ただし、
実際には、
特にUSB-C周辺機器に関しては、
アクセサリー市場を混乱に
陥らせる恐れもあります。
「Chromebook でも使える」と
謳われているにも関わらず、
実際には使えなかった
(求めるスペックと違った)
という事態になれば間接的に
Chromebook に悪影響があるでしょう。
昨今の混乱した状況下で、
ユーザーが混乱なく
追加アクセサリーを選べるように、
まずは米国、カナダ、日本のマーケットで
認定制度が誕生したのです。

「Works with Chromebook」は店頭・オンラインでも確認可能

 リンク先ではGoogle の
「Works With Chromebook」バッジが
どのようなものか確認できます。
位置付けとしては
AppleのMade For iPhoneまたは
MFi認定に似ています。
このバッジが付いたアクセサリーは、
Chromebook を念頭に置いて
設計されているかどうかにかかわらず、
Chromebook 互換性標準への準拠が
テストされており、
それを保証しているのです。

「Works With Chromebook」バッジは、
店舗、
オンラインの両方で、
認定アクセサリーに
表示されるようになります。
アクセサリーは、
Anker、
Belkin、
Kensington、
Logitechなどのさまざまなブランドで、
充電器からハブ、
ケーブルまで、
同様に多くのデバイスをカバーしています。
ユーザーが在宅での仕事をするために
Chromebook のアクセサリーを
購入するのであれば、
認定証を確かめればいいのです

引用元:https://slashgear.jp/tech/6289/

まとめ

Chromebook自体に、
USBなどの拡張機能がついていますが、
付いている位置や、接続の増加などによって、
更に増やしたい時があります。
そんな時に、購入の目安となるのが
この『Works With Chromebook』のバッチ。
このバッチが付いていたら、
対象のChromebookが対応しているのかを
わざわざ検索しなくて済みます。
この労力が無くなるのは、ありがたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください