KDDI、商用5Gサービスを3月26日開始 「Apple Music」「YouTube Premium」がセットの無制限プランなど提供

ITmedia NEWSによりますと、

KDDIは3月23日、
5G通信の商用サービス「au 5G」を
26日に始めると発表したそうです。
データ通信が使い放題となる
「データMAX 5G」をはじめ、
スマートフォン向け料金プラン
計4種を同日から提供。
5G対応スマホ7機種も
27日以降に順次発売します。
音楽ライブ・スポーツ・アートなどの領域で、
5Gを生かしたVR・ARコンテンツなどを
配信する取り組み
「AUGMENTED EXPERIENCE」も
スタートします。

「Apple Music」「YouTube Premium」がセットの無制限プランなど提供

スマホ向け5Gプランは、
データMAX 5Gの他、
「データMAX 5G Netflixパック」
「データMAX 5G ALL STARパック」
「ピタットプラン 5G」を用意します。

データMAX 5Gは、
月額8650円(税別、以下同)で
データ容量の上限がないプラン。
月間データ使用量が2GB以下だった場合は、
月額料金を自動で7170円に値下げします。
「家族割プラス」や、
新設する「5Gスタートキャンペーン」などの
各種割引を適用した場合の月額料金は、
通常時は3460円~、
2GB以下の場合は1980円~となります。

データMAX 5G Netflixパックは、
データ容量の上限がなく、
動画ストリーミングサービス
「Netflix」(ベーシックプラン)と、
KDDIとテレビ朝日が4月7日に開始予定の
動画配信サービス「TELASA」の利用料を
セットにしたプラン。
月額料金は9650円で、
月間データ使用量が2GB以下だった場合は8170円。
割引を適用した場合の月額料金は、
通常時は4260円~、
2GB以下の場合は2780円~。

データMAX 5G ALL STARパックは、
データ容量の上限がなく、
Netflix、TELASA、
「Apple Music」
「YouTube Premium」の
利用料金をセットにしたプラン。
月額料金は1万1150円で、
月間データ使用量が2GB以下だった場合は9670円。
割引を適用した場合の月額料金は、
通常時は5460円~、
2GB以下の場合は3980円~となります。

「Apple Music」「YouTube Premium」がセットの
「ALL STARパック」を提供します

3プラン共に、
テザリングによるデータ使用量には上限を設けます
(データMAX 5Gは30GB/月、
データMAX 5G Netflixパックは60GB/月、
データMAX 5G ALL STARパックは80GB/月)。
動画を長時間視聴し続けるなど、
一定期間に大量の通信を行った場合は
通信速度を制限します。

ピタットプラン 5Gは、
データ使用量に応じて
3段階の月額料金が適用される段階定額制のプラン。
データ容量と月額料金は、
1GBまで(4150円、割引適用時は1980円~)、
4GBまで(5650円、割引適用時は2980円~)、
7GBまで(7150円、割引適用時は4480円~)。

KDDIの高橋誠社長は、
データ容量が無制限のプランを
多くそろえたことに言及し、
「KDDIは使い放題の先駆者。
Apple MusicやYouTube Premiumに対応することで、
au 5Gで楽しみ放題の世界を広げる」
と意気込みました。

5Gスマホは「かえトク」の対象に

対応エリアは、
当初は東名阪を中心に
15都道府県の一部エリアに限ります。
今夏以降に全国の主要都市への展開を進め、
2021年3月に約1万局、
22年3月に約2万局超の5G基地局の開設を目指します。

5G対応スマホは、
「Xperia 1 II」
「Galaxy S20 5G」
「Galaxy S20+ 5G」
「AQUOS R5G」
「OPPO FIND X2 Pro」、
ZTEの「ZTE a1」「Mi 10 Lite 5G」。
いずれの機種も、
KDDIが2月に始めた残価設定型の
端末購入補助サービス「かえトクプログラム」
適用対象となります。

KDDIの5Gスマホ7機種

5Gを生かしたVRコンテンツなども配信

5Gを生かしたコンテンツ配信を行う
AUGMENTED EXPERIENCEは、
(1)現実世界の街並みに
ARコンテンツを重ねて表示する
「AUGMENTED Walk」、
(2)音楽やお笑いライブの
VRコンテンツなどを配信する
「AUGMENTED Entertainment」、
(3)スマートグラスを活用した
文化財の鑑賞などを実現する
「AUGMENTED Art」、
(4)スマートグラスなどを活用した
スポーツ観戦を支援する
「AUGMENTED Sports」、
(5)5Gサービスで遊園地と連携する
「AUGMENTED Amusement」
――の5サービスから構成されます。

KDDIは特に(2)に注力しており、
ライブ配信サービスを手掛ける
SHOWROOMと3月23日付で業務提携を締結。
スマホの縦画面での視聴に適した
動画コンテンツを配信するサービス
「smash.」を今春以降に始める予定です。
吉本興業と協業し、
お笑いライブの配信や
両社主催の特別イベントを行うことも
決定しています。

SHOWROOMと組んで新サービス「smash.」をリリースします

ライブハウス内に5G基地局を設置し、
VRでの映像配信、
5Gを活用したライブの演出、
サテライト会場からのライブの視聴などを
提供するサービス「au 5G LIVE」も
7月に始めます。
7月開業予定のライブハウス
「Zepp Haneda(TOKYO)」(東京都大田区)
に5G基地局を設置し、
人気バンド「SEKAI NO OWARI」の
ライブ演出を支援することも決まっています。

「au 5G LIVE」では「SEKAI NO OWARI」とコラボします

この他、
(1)では、
人気アニメの最新作「攻殻機動隊 SAC_2045」の
世界を東京都渋谷区の街並みに重ねて表示します。
(3)では東京国立博物館、
(4)ではJリーグの名古屋グランパスエイト、
(5)ではハウステンボスやキッザニアとの
協業が決まっており、
5Gを駆使したサービスを順次始める予定です。

米NVIDIAが提供する
クラウドゲーミングサービス
「GeForce NOW」への対応や、
5Gを取り入れた新型店舗
「GINZA 456 created by KDDI」の
オープンも決まっています。

高橋社長は
「パートナーと新しい発想を見つけ、
リアルな体験価値を拡張していきたい」
と展望を語りました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

引用元:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/23/news098_2.html

まとめ

商用化される『5G』の目安が出ましたね。
今回の記事では、auの新プランが紹介されています。
新しいサービスに興味を持たれた方、
これを機会に新時代の『5G』に対応した、
端末やキャンペーンに契約してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください