【F1 eスポーツ】第1戦バーレーン・バーチャルGP参戦ドライバーとルールなど発表

TopNewsによりますと、

本物のF1が新型コロナウイルスの影響で
開催できないなら、
eスポーツで開催しよう。
ということで急遽決まったのがこの
『F1 eスポーツ・バーチャル・グランプリ(GP)』です。

本来なら今週末は
F1第2戦バーレーンGPが開催されていたはずです。
しかし今日は
F1 eスポーツ第1戦バーチャル・グランプリが開催されます。
舞台はバーレーン・インターナショナル・サーキットです。

■目的はエンタメ

もちろん、
F1選手権ポイントなどは一切関係なく、
あくまでF1を楽しみにしていた
ファンのために企画されたイベントなので
エンターテインメントを目的としています。

■現役F1ドライバーの参戦は2名

当初の計画では、
全F1ドライバーが参戦という情報もありましたが、
「公式F1ゲームはやったことがない」
というマックス・フェルスタッペン
(レッドブル・ホンダ)のように
多くのF1ドライバーが参戦を見送っており、
現役F1ドライバーの参戦は2名となりました。
また、
本物のプロレーシングドライバーや2輪レーサー、
若手ドライバーも参戦しています。

■意外な著名人も参戦

興味深いことに
サー・クリス・ホイ
(オリンピック自転車競技で
史上最多6度の金メダリスト)、

イアン・ポールター
(プロゴルファー)、

リアム・ペイン
(ワン・ダイレクションのメンバー。
シンガー・ソングライター)

なども参戦しています。

■アルファタウリはトロロッソ

各チームとも実名のチーム名で参戦していますが、
フェラーリはチーム名を
『FDA Hublot Esports Team』
として参戦してきました。
FDAはフェラーリ・ドライバー・アカデミー、
Hublotはスポンサーです。

また、
F1公式ゲームの『F1 2019』を使用しているため、
チーム名はアルファタウリでもマシンは
昨年のトロロッソ・ホンダとなっています。
他チームのマシンやカラーリング、
スポンサーももちろん2019年仕様です。

■ルール

予選後、
レースは本来の50%となる28周で競われます。

グリッド上の全員が
ゲームに慣れているわけではないため、
「車両損傷の軽減」、
「ABS」および
「トラクションコントロール」の
アシストが許可され、
車両のセッティングは固定、
車両のパフォーマンスは全車同じ
というイコールコンディションです。

第1回バーチャル・グランプリの参加チーム、
参加ドライバーは以下のようになっています。

■現役F1ドライバー

ウィリアムズ:ニコラス・ラティフィ
マクラーレン:ランド・ノリス

■元F1ドライバー

メルセデス:エステバン・グティエレス
(メルセデスF1リザーブドライバー)

メルセデス:ストフェル・バンドーン
(メルセデスF1リザーブドライバー)

レーシングポイント:ニコ・ヒュルケンベルグ
(元F1ドライバー)

アルファロメオ:ジョニー・ハーバート
(元F1ドライバー、現F1解説者)

ハース:アンソニー・デビッドソン
(元F1ドライバー、レーサー、F1解説者)

マクラーレン:ニコラス・ハミルトン
(プロレーシングドライバー)

■レーサー

レッドブル:フィリップ・エング
(Philipp Eng:プロレーシングドライバー)

ルノー:チョウ・グアンユー
(Guanyu Zhou:F2ドライバー)

アルファタウリ:ルカ・サルバドーリ
(Luca Salvadori:プロ・モーターサイクルレーサー)

フェラーリ:ロバート・シュワルツマン
(Robert Shwartzman:2019年F3王者、F2ドライバー)

フェラーリ:ディノ・ベガノビッチ
(Dino Beganovic:フェラーリ・ドライバー・アカデミー)

■著名人

レッドブル:Sir クリス・ホイ
(オリンピック自転車競技で史上最多6度の金メダリスト)

ルノー:イアン・ポールター
(プロゴルファー)

ウィリアムズ:リアム・ペイン
(ワン・ダイレクションのメンバー。
シンガー・ソングライター)

■他

レーシングポイント:Jimmy Broadbent
(STREAMER & CONTENT CREATOR)

アルファロメオ:Aamir Thacker
(STREAMER & CONTENT CREATOR)

アルファタウリ:Matt Trivett
(eスポーツ解説者)

ハース:Paul Chaloner
(eスポーツ主催者)

■【チーム&ドライバー】F1 eスポーツ第1戦バーチャル・グランプリ

チームドライバー1
ドライバー2
アルファロメオAamir Thacker
ジョニー・ハーバート
アルファタウリLuca Salvadori
Matt Trivett
フェラーリ
FDA Hublot Esports Team
Robert Shwartzman
Dino Beganovic
ハースアンソニー・デビッドソン
Paul Chaloner
マクラーレンランド・ノリス
Nic Hamilton
メルセデスエステバン・グティエレス
ストフェル・バンドーン
レーシングポイントJimmy Broadbent
ニコ・ヒュルケンベルグ
レッドブルSir Chris Hoy
Philipp Eng
ルノーチョウ・グアンユー
Ian Poulter
ウィリアムズLiam Payne
ニコラス・ラティフィ

引用元:http://www.topnews.jp/2020/03/23/news/f1/188423.html

まとめ

新型コロナウイルスで大変な中、
色んなイベントが中止になっています。
ですがこの記事にも書いているように、
発想の転換でリカバリー出来るようです。
その一案が『eスポーツ』です。
『F1』との相性がいいのもポイントですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください