StadiaのWeb 4Kプレイの詳細判明 Macは対応せず

Engadget 日本版によりますと、

米グーグルは、
クラウドゲームサービス「Stadia」を
Webブラウザかつ4K解像度で
プレイするための、
動作環境を説明しているそうです。

Stadiaは
ゲームをクラウドサーバーで動作させ、
映像を配信することで
さまざまなプラットフォームに
対応しているのが特徴です。
さらにこのたび、
ウェブブラウザ(Google Chrome)でも
4K解像度のプレイに対応しました。

グーグルによれば、
Stadiaの4Kプレイは
Windows PCやChromebookで可能で、
また動画コーデック「VP9」が
利用できる必要があります。
さらに「best visual quality」の
オプションを選択するには、
十分な通信帯域も必要です。

なお、
今回の対応システムとしては
Macがあげられていません。
これは、
特許上の問題から米アップルが
VP9を採用していないのが理由です。
この問題は、
4K解像度にてVP9を採用している
YouTube動画が、
Safariで閲覧できない問題とも
共通しています。
なお、
非公式ながらMacのChromeブラウザで
Stadiaを4K解像度でプレイするための
ブラウザ拡張機能も
配布されているようです。

さらに、
StadiaのWebプレイでは
5.1チャンネルオーディオやHDRへの対応も
「近日対応」と案内されています。
グーグルによるクラウドゲームサービスが
真価を発揮するには、
もう少し時間が必要なようです。
Source: Stadia Help
Via: 9to5Google

引用元:
https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-20-stadia-web-4k-mac.html

まとめ

この記事で重要なのが、
4K解像度でプレイするためには、
動画コーデック『VP9』に対応している事です。
MACがこれに対応していないのが残念ですが、
特許上の問題らしいのでしょうがないですね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください