レノボ、GIGAスクール構想準拠のChromebookなど

PC Watchによりますと、

レノボ・ジャパン株式会社は、
GIGAスクール構想の標準仕様に準拠した
ICT端末4機種を3月より順次発売するそうです。

Lenovo 300e Chromebook 2nd Gen

ラインナップは、
Chrome OSを搭載した画面回転型の2in1
「Lenovo 300e Chromebook 2nd Gen」、
「Lenovo 500e Chromebook 2nd Gen」、
10.1型タブレットの
「Lenovo 10e Chromebook Tablet」、
およびWindowsを搭載した画面回転型2in1
「Lenovo 300e 2nd Gen」。

Lenovo 300eとLenovo 500eは
いずれも11.6型で、
従来からCPUを刷新して性能を向上。
一方Lenovo 10eは薄型軽量で
持ち運びやすさを追求。
いずれも机からの落下や
屋外授業での使用を想定し、
MIL規格準拠の高い堅牢性を実現しました。

Lenovo 500e Chromebook 2nd Gen

Lenovo 300e Chromebook 2nd Genの
税別価格は48,000円。
おもな仕様は、
SoCにAMD A4-9120C、
メモリ4GB、
ストレージ32GB eMMC、
液晶に1,366×768ドット表示/
マルチタッチ対応の11.6型IPSを採用。

インターフェイスは
USB 3.0×4(うち2基はType-C)、
microSDカードリーダ、
720p対応前面/500万画素背面カメラ、
音声入出力などを搭載。
バッテリ駆動時間は約10時間。
本体サイズは
290×204×20.35mm(幅×奥行き×高さ)、
重量は約1.32kg。

Lenovo 500e Chromebook 2nd Genは
上記からSoCをCeleron N4120に変更し、
Lenovo電子ペンを追加。
税別価格は58,000円。

Lenovo 10e Chromebook Tablet

Lenovo 10e Chromebook Tabletは、
SoCにMediaTek 8183、
メモリ4GB、
ストレージに32GB eMMC、
液晶に1,920×1,200ドット表示/
マルチタッチ対応の10.1型IPSを採用。
Active Penが付属する。

インターフェイスはUSB 2.0 Type-C、
200万画素前面/500万画素背面カメラ、
音声入出力などを装備。
バッテリ駆動時間は約16.5時間。
本体サイズおよび重量は、
タブレット単体で
約249.5×163.6×9.45mm(同)/約520g、
キーボード付きフォリオケース装着時で
約252.5×166.6×20mm(同)/約960g。

Lenovo 300e 2nd Gen

Lenovo 300e 2nd Genは、
Lenovo 500e Chromebook 2nd Genから
OSをWindows 10 Proに変更。
インターフェイスは
USB 3.0×3(うち1基はType-C)、
microSDカードスロット、
HDMI出力、
720p対応前面/500万画素背面Webカメラ、
音声入出力など、
若干仕様が異なります。
バッテリ駆動時間は10時間。
本体サイズは290×204×20.85mm(同)、
重量は約1.32kg。

本製品のみ価格は未定で、
発売は4月以降を予定しています。

引用元:https://pc.watch.impress.co.jp/docs/biz/1238519.html

まとめ

GIGAスクール構想に基づいた、Lenovoの端末。
一人一台のパソコン学習で、
やっていきましょうという構想ですが、
それにChromebookが選ばれたのは嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください