【スマートスピーカーおすすめ5選】AmazonやGoogleなど

ハフポストによりますと、

インターネットとビッグデータの
解析技術をベースに、
私たちの生活をよりいっそう便利にしてくれる
「スマート家電」は、
今やすっかり当たり前のものになりました。

中でも、
いわゆるGAFAと呼ばれるAmazonやGoogleは、
スマートスピーカーの分野でも
非常に優れた製品を次々にリリースし、
一般家庭に浸透しつつあります。

今回は、
これから初めて選ぶ時におすすめの
「スマートスピーカーといえばコレ!」な
定番アイテムをご紹介いたします。

高音質なAmazonの最新型Echo

Amazonの「Echo 第3世代 with Alexa」は、
「アレクサ」と呼びかけるだけで、
カレンダーの更新、
ニュースや天気予報の確認や、
友達・家族の持つスマホのAlexaアプリや
対応のEchoデバイスを介して
ハンズフリー通話ができるなど、
スマートスピーカーの楽しさを
世に知らしめたシリーズの中核モデルです。

第3世代に進化したEchoは、
Dolby対応プレミアムスピーカーを搭載して
360度全方向にクリアなサウンドを
響かせてくれます。
Amazon Music/Apple Music/Spotifyから
聞きたい音楽を再生させるのも
「アレクサ」の呼びかけから。

そのほか、
対応するスマート家電を
Echoから音声で操作したり、
マイクをオフにできるボタンなど、
プライバシー保護も配慮されています。

スクリーンを搭載したEchoの人気モデル

「Echo Show 5 with Alexa」は、
カメラと5.5インチのタッチスクリーンを搭載し、
Echo Show本体でビデオ通話・動画視聴が
可能なモデルです。
Amazonプライムを契約していれば、
音楽も映画も選択肢が一気に広がります。

また、
Echoシリーズに対応した
ネットワークカメラと連携させれば、
キッチンから子ども部屋の様子を
見たりすることもできます。

カメラカバーをスライドすると
カメラのみオフにできるなど、
プライバシー設定も整えられているのも
見逃せません。

小粒+軽量で使い方&置き方の幅が広がるEcho

「Echo Dot 第3世代 with Alexa」は、
直径99mm、厚さ43mm、
重量300gのEchoシリーズ最小モデル。

旧モデルよりも高音質となりましたが、
電源コネクタがUSBではなくなり、
不便を感じる方もいるようです。

しかし、
サードパーティ製の専用バッテリーや
ホルダーを追加することで、
スタンド・壁掛け・ハンディタイプなど
自由自在に。
日常生活にスマートスピーカーが
フィットする楽しさを、
より身近に体験することが可能となります。

Googleの便利機能をさらに拡張できる

「Google Home」も、
Echoシリーズと双璧をなす
スマートスピーカーの売れ筋モデルです。
「OK Google」「ねえ Google」の
呼びかけでスタートできるのはEchoと同じですが、
Google Homeは6人まで声を識別できるのが
便利そうです。

また、
「Google Play Music」と連携させることで
音楽も聞くことができます。

Bluetoothの外付けスピーカーとして
使いやすいのも特徴です。

Homeの子機として導入するのもおすすめ

「Google Home Mini」は、
直径98mm・厚さ42mm・重量173g。

Google Homeの小型版で
一部の機能・性能は省略されていますが、
低価格であることを考えると、
「スマートスピーカーは何ができるの?」
という体験の取っ掛かりとして
導入しやすいのではないでしょうか。

まとめ

Amazon EchoとGoogle Home、
どちらを選ぶかはあなた次第。
両者とも独自のウェブサービスを
日々強化しているので、
その高い機能性や拡張性を、
より便利に使いたいのはどちらだろう?
と考えてみると、
自ずと答えが見つかりそうです。 

どちらを選んでも、
きっと新しくて楽しい驚きが
待っていそうですね。

引用元:https://www.huffingtonpost.jp/entry/huffcolle-100_jp_5e435c5ac5b61f8ad4e0cc7c

まとめ

自分が普段『Amazon』『Google』
どちらのサービスを使うかを念頭に置いて、
また、
スクリーン付きなのかスピーカのみなのか。
自分や家族の生活スタイルに合わせて、
より良いスマート家電を選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください