現代No.1のカメラっ子? Googleに「眼」をもたらした男:マーク・レヴォイ

GIZMODOによりますと、

カメラの使い方はもっと自由だ!

百聞は一見にしかず」ってまさにそのとおりだなぁと、
最近改めて感じています。なにかのレビューを読むにしてもまず写真が見たい
延々と詳しい説明を聞くよりも、サクッと動画が見たい

私達の飽くなき「見たい」願望は、恐らくとどまるところを知らないのでしょう。
でもだからといって、「そんな願望満たせないよ」と諦めるわけにもいきません。
私達は、撮って映し続けるしかないのです。

この挑戦に、独自の観点から取り組んでいる企業があります。
世界中のデータを整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすること
が使命という、ネット検索の最強チャンプGoogle。
画像や映像もデータの一種と捉えたうえで、
それらの撮り方もドゥンドゥン開発しながら
データをかき集めてサービス化し続けています。

今日は、そんなGoogleに数々の「眼」をもたらした人物、
Marc Levoy(マーク・レヴォイ)をご紹介。

いまのカメラじゃ足りないからと、
もっと「見たい」が満たせるカメラを作り初めて数十年
気づけばスタンフォード大学で様々なカメラ・プロジェクトを担い、
Googleでもリサーチ・チームでカメラを開発し、
カメラスマホなPixelをお届けする現代最高のカメラっ子に。

「究極の画作りはカメラから」、なんて言いそうなMarcを通じて、
あらゆる「見たい」を見ていきましょう。

移動せずとも見たい:ストリートビュー

Marcがスタンフォード大学にいたころ、彼はとある実験を監督していました。
撮影した動画から一続きの画像を生成する」といったもので、
これに目をつけたGoogleはちょちょいと投資して
サンフランシスコの道を撮影できるか実験しました。
すると、だいぶ歪んではいるものの、
道からの風景がひと続きの画像として撮影できたそうです。

そう、これは、「Googleストリートビュー」の雛形
GoogleマップやGoogle Earthを通じて、
世界中のあらゆる道の風景が見れるあれです。
たとえそこが地球の反対側でも、
近所のラーメン屋の開店時間が書いてあるのれんでも、
わざわざそこに移動することなく見れてしまう。
このハイテクな無料サービスの裏側には、Marcがいたんです。

Image: Kostas Koutsaftikis/Shutterstock

Googleは特殊なカメラを積んだ車やバックパッカーに世界中を撮影することで、
「世界中の風景」という情報を整理しています。
災害時などは街の風景のアーカイブが役に立ちますし、
これからは自立ドローンや自動運転車の地図にも使われるでしょう。
なにせ、目を持つ人間に合わせて作られた街は、
視覚的な標識や看板が主ですからね。
カメラで全部撮ってしまえ、というアプローチはじつに合理的
でも方向音痴としては、ARナビゲーションも早く公開してほしい!

「いま」をあとで見たい:Pixelカメラ

「あっ、いまの撮りたかった…。写真もう一度見たかった…。
誰かと一緒に見たかったー!」というのはカメラっ子の常。
それこそ、カメラが発明された初期は、大きい・重い・高いで、
なかなか携帯できず、撮影機会がとても限られて悩んだことでしょう。

ですがスマホ時代にそんな悩みはありません。
いつもポケットにカメラがありますからね、
どんな日常や非日常も切り撮れてしまいます。しかし今度は、
Instagramで「いいね」を獲得するためにクオリティーで悩む日々。

そこでスマホメーカーの各社は、
スマホカメラの性能を向上させるためにビッグマネーを投じてきました。
Googleもその一社。でも、そのアプローチは一線を画したものでしたね。
「ソフトウェア主軸」のコンピュテーショナル・フォトグラフィーを活用して、
賢いカメラの実現に注力してきました。そしてもちろん、その主導者はMarc!

ポートレートモード・夜景モード・HDRといった機能を、
いち早くスマホに取り込んできたGoogleですが、
その一歩先には常にMarcがいました。しかも年単位で。

たとえばポートレートモードだと、
その機能を搭載したiPhone 7が発売される5年も前に、
iPhone 3GSや4のアプリで同様の効果を実現していました。
その名も「SynthCam」。MarcがVersion 2.0の説明をしている動画がこちらです。

Video: Marc Levoy/YouTube

あっぱれMarc。
シングルカメラでスペックも低かったiPhoneでボケ撮影を実現していたとは。
しかもこれ、
Googleに入ってAndroid用のカメラAPIを開発する際に
「その前に一度、スマホアプリ作ってみないとね」
というノリで作られたそうです…。ちょっとMarc、カッコよすぎるよ。

でもポートレートモードだけじゃありません。
2018年発売のPixel 3で使える夜景モードも、
Marcがその2年前にAndroid機で実証していました。
それがこちら、「SeeInTheDark」アプリです。

Video: Marc Levoy/YouTube

長時間露光の代わりに短い露光を重ねているのが肝ですね。
手持ちでありながら露光が(擬似的に)長いという、
いいとこ取りな暗所撮影がついに実現。肉眼でも視認するのが難しい状況も、
三脚やら高感度センサーなしに克服できちゃいました。
カメラの処理能力が十分に向上すれば、
いずれは動画撮影にも対応するでしょう。あぁ…楽しみ!

そしてこの重ねる手法は、HDR機能でも活躍しています。
スマホだとNexus 5/6が初めて搭載したといわれているHDR機能ですが、
Marcはすでに似たようなものを
Google Glass用に「Burst Mode」として開発していました。

これらの点が指す未来はただひとつ。
たとえレンズやセンサーが小さいカメラでも、
ソフトウェアが補うことで素晴らしい写真が撮れる世界です。
なんだか、筐体サイズや重さが限られている、
スマートグラスなどのウェアラブルで活躍しそうですね。「A65」まだかなぁ。

動きながら見たい:ライトフィールド技術

Marcのカメラ愛を極めつけるのがライトフィールドです。まずは、
Googleが2018年に公開した「ライトフィールドへようこそ」をご覧ください。

Video: Upload VR/YouTube

これはとある風景を撮影する際に、
一定の空間に届く光を大量に記録することで、
その空間内を自由に動き回れるVR空間が再現できるというもの。
要は、6DoF(上下左右前後に移動できる)空間を再現するための技術です。
Marcは、ここで実現されていることを、
低画質とはいえ1996年に実現していました。

Video: Patricia Pate/YouTube

先見性があるとかいうレベルじゃないですね。
Marcはカメラの未来を示してくれている。そんな感じがします。

いずれライトフィールド撮影が一般的にできるようになれば、
私達は空間ごと撮影できるようになり、
VR世界とリアルの融合はさらに加速します。
リアルの空間をVRで再現することはもちろん、
今度は通常カメラの映像と
ライトフィールドカメラの映像をAIにぶち込むことで、
過去の映像から空間を再現することも可能になるでしょう。
Marcは本当に夢のような技術をもたらしてくれました。

そんな彼の活躍は、アートの世界にも及びます。
Googleブックス用にブックスキャナーのデザインに携わり、本を検索可能に
芸術作品のスキャンにも協力していて、
ダビデ像を0.25mmの精度でデジタル化しています。
Google Arts & Cultureは、その延長線上にあるプロジェクトでしょう。
世界中の重要文献や芸術作品を、
後世で「見たい」と思った人類のためにデジタルアーカイブ化してくれているんです。

カメラが好きすぎてカメラを進化させちゃうとは、
文句なしの現代No.1のカメラっ子ですね。
ワクワクする未来をありがとう、Marc!

もっと知りたい方は、Marc Levoyのホームページへどうぞ。

Source: Google (1233, ), TechcrunchMarc Levoy’s Home PageElectronic Visualization in Arts and Culture/Google Books,

引用元:https://www.gizmodo.jp/2019/02/marc-levoy-the-google-visor.html

感想

僕達が持っている様々な端末には、
色んな人達の技術とドラマがあるんですね!
感慨深いです。

HTC Vive バーチャルリアリティ ヘッドマウントディスプレイ VRヘッドセット [並行輸入品]

価格:160,704円
(2019/2/21 02:00時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください