プラススタイル、Android TV搭載・フルHD対応のモバイルプロジェクター

ケータイ Watchによりますと、

プラススタイルは、
Android TVを搭載する
ポータブルプロジェクター「MoGo」および
「MoGo Pro」を2月6日に発売するそうです。
1月28日より予約受付を行っています。

価格はMogoが4万4800円(税込、以下同)で、
上位モデルのMoGo Proが7万4800円。

プラススタイル、
モバイルプロジェクター「MoGo」シリーズを発売

Proモデルと通常モデルの違いは、
投影する映像の解像度と明るさで、
MoGo Proの解像度は
1920×1080(1080p)で300 ANSIルーメン、
現在のモバイルプロジェクターで主流の
720pよりも鮮明な映像を投影できます。

MoGoの投影解像度は
960×540(540p)で210 ANSIルーメン、
コストパフォーマンスを重視したモデル。

アスペクト比は16:9で、
投影サイズは100インチ以上。
上下反転しての映像投影も可能。

オートフォーカスおよび
台形補正を自動で行います。
オートフォーカスの検出ポイントは1万か所で、
数秒で自動的にフォーカスを調整するといいます。
また、
台形補正は特許出願済みの
「Smart keystone補正」により、
垂直方向にプラスマイナス40度まで
自動的に補正を行います。

CPUは「Amlogic T950X2」、
GPUは「MaliG31」で、
RAMは2GB、
ストレージは16GB。
OSはAndroid TV 9.0で、
Andoid TV向けの各種アプリケーションを
自由にインストールできます。
なお、
Amazon Prime Videoは
3月を目処に対応予定としています。

外部連携では、
Bluetooth接続による
マイクやゲームコントローラ、
キーボード入力に対応するほか、
HDMI端子を備え家庭用ゲーム機や
ブルーレイプレイヤー経由での映像入力、
USB端子から外部ストレージのファイル読込、
Chromecastによる映像入力に対応します。

大きさは約94.5×146×105.5mm、
重さは約900g。
バッテリー容量は1万400mAh、
省エネモード設定時の連続動作時間は
映像出力時が最大4時間、
音楽は最大8時間。

充電時間は約1時間で、
専用の充電アダプタとケーブルを使って
充電します。
同梱されるリモコンは音声入力に対応し、
Googleアシスタントによる操作も可能。

本体および同梱品

Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/nに対応、
スピーカーはHarman Kardonの
スピーカーを2基搭載します。
スピーカー出力は3W×2基。
光源寿命は3万時間。

引用元:https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1231724.html

まとめ

これ一台あれば、
テレビが要らなくなるかもしれません。
最近はテレビを持っていない人が増えてきています。
パソコン一台あればいいという人もいます。
もっと追求すると、
このようなデバイスが一台あればいいという人もいます。
テレビやパソコンがない生活スタイルも
案外いいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください