第10世代CPU搭載のChromebook「Stryke」も開発中。お手頃なモデルになるかも

HelenTechによりますと、

CES 2020で盛り上がった
第10世代CPUを搭載するChromebookですが、
同じように第10世代を採用する
Chromebook「Stryke」というコードネームの
モデルも開発されているようです。

このChromebook「Stryke」は、
CESで登場した
「Samsung Galaxy Chromebook(kohaku)」や
「ASUS Chromebook Flip C436FA(Helios)」、
「Lenovo Flex 5 Chromebook」などと同じ
「Hatch」と呼ばれていたボードを
ベースにしているそうです。

この「Hatch」をベースとしたモデルは、
これまでに発表された機種を見てのとおり
ハイエンドかつコスト面でもそれなりに
高いものとなってしまい、
一般ユーザー(とくに日本)の視点から考えると、
ちょっとChromebookにそこまでのお金を
出すのは…と思ってしまいますよね。

そんなこともあってか、
このChromebook「Stryke」では、
特定の機能を削除することによって、
コストを抑える作戦に出ているようです。

その例として、
「Galaxy Chromebook」や「C436FA」、
あるいは「Pixelbook」シリーズにあったような
周囲の明るさに合わせて画面輝度を変更する
周囲光センサ(ALS)とその機能が
削除されていることが今回の情報でわかりました。

そのため、
Chromebook「Styke」は、
性能はハイエンドだけどコストは抑えたモデル
という立ち位置になるようです。

CES 2020で発表されたモデルで言えば、
ちょっと地味な印象を拭えませんでしたが、
コスト的にもバランスの良さそうだった
「Lenovo Flex 5 Chromebook」が
それにあたると思います。

関連記事
https://www.helentech.net/chromeos/chromebook/2020/01/11204/

最近はハイエンドかつ高価格帯のモデルばかり
目立ってしまっているようですが、
その中でもできるだけ価格を抑えたモデルが
登場するのは良いことですよね。

現時点では、
モデルの詳細についてはわかっていませんので、
今後の情報次第というところですが、
やっぱり今年は面白くなりそうです。

引用元:https://www.helentech.net/chromeos/chromebook/2020/01/11643/

まとめ

CES2020で発表された新しいChromebookですが、
お値段高めな印象を持っていましたが、
それよりも価格を落としたChromebookが
開発されるので安心しました。
どの機能を落としたのか、
違いは何なのかを比べて、
最適で自分にあったChromebookを選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください