Canonical、クラウドでAndroidサービスを実行可能な「Anbox Cloud」発表

ZDNet Japanによりますと、

多くの人が利用する仮想マシン(VM)
OSとして「Ubuntu」がクラウドで
優位に立っているのを受け、
CanonicalUbuntu Linux
最もよく知られています。
ですがこの度、
Canonicalは新たな事業を
始めようとしているそうです。
Ubuntuベースのクラウド上に
「Android」アプリのプラットフォームを
構築する「Anbox Cloud」です。
ユースケースとしては、
クラウドゲーミングのほか
エンタープライズワークプレースアプリケーション、
ソフトウェアテスト、
モバイルデバイス仮想化などが想定されています。

Anbox Cloudのスタック
提供:Canonical

Androidと聞けば、
誰もがクラウドではなくスマートフォン
上のOSのことを考えるでしょう。
それでも、
ユーザーも独立系ソフトウェアベンダー
(ISV)も、
ハイエンドのゲームのような、
要求が厳しいAndroidアプリケーションを
さらに大型のスマートフォンで
利用したいと考えています。

ゲームなど、
要求の厳しいアプリに対する
こうした新しいアプローチは、
4G LTEが広く普及し、
5Gが最終的に軌道に乗り、
エッジコンピューティングが
勢いを得るかどうかにかかっています。
こういった技術の発展により、
リッチなゲーミングや、
製造、小売り、物流、運送、
ヘルスケアなどの分野に特化した
アプリケーションをスマートフォンに
配信できるようになります。
ですが、
タブレットやスマートフォンで
こういったアプリを利用するには、
大きな欠点が1つあります。
ハイエンドのアプリケーションを
動かすにはプロセッサーやグラフィックの
パワーが不足しているのです。
そこで、
Anbox Cloudの出番となります。

Anbox Cloudにより、
開発者は、
グラフィックを多用し
メモリーを大量に消費するモバイルゲームなどの
アプリケーションを開発できます。
そうしたアプリケーションは、
多くのユーザーに規模を拡大しながら、
ゲーマーが求める反応性や
超低遅延性を実現できます。
ゲームをダウンロードするのではなく、
SaaS(Software-as-a-Service)モードで
Androidのゲームを動かすわけです。
また、ISVに対しては、
保護されたコンテンツ配信チャンネルを提供します。

Canonicalの説明によれば、
Anbox Cloudは同社のさまざまな技術を
ベースにしているといいます。
Anbox Cloudは、
コンテナ化されたAndroidアプリを
「Ubuntu 18.04 LTS」カーネル上で動かします。
コンテナ化は、
隔離された安全な
「LXD」システムコンテナによって行われます。
これらのコンテナは、
VMよりもはるかに軽量です。
Anbox Cloudのサービスプロバイダーにとって、
これはVMでAndroidアプリを稼働する場合と比べて、
アプリケーションの密度が
2倍以上になることを意味します。

リモートでのインフラプロビジョニングには、
MAAS(Metal-as-a-Service)が利用されます。
Canonicalが手がけているオープンソースの
DevOpsツール「Juju」は、
デプロイや管理を容易にし、
運用コストを下げる自動化ツールを提供します。
Anbox Cloudとそのコンポーネントを動かす上で
技術サポートが必要な場合は、
Ubuntu Advantage」のサポートを利用できます。
これにより、
最長10年間、
継続的なサポートと
セキュリティアップデートが提供されます。

Anbox Cloudは、
パブリッククラウドやプライベートクラウド、
クラウドエッジインフラで利用できます。
パブリックおよび
プライベートクラウドサービスプロバイダーは、
Anbox Cloudを自社サービスに組み込み、
PaaS(Platform-as-a-Service)や
SaaSモデルでモバイルアプリを配信できます。
通信プロバイダーは、
4G LTEや5Gのモバイルネットワークを
利用する顧客向けに、
仮想化されたモバイル機器をベースにした
価値を付加したサービスを生み出せます。

Anbox Cloudを最大限に活用したいISVは、
自社所有のハードウェアで稼働させるか、
あるいはフルサポートを受けられる
プロバイダーと協力するといいでしょう。
Intelのデータプラットフォームグループの
バイスプレジデントで、
ビジュアルクラウド部門のゼネラルマネージャー
Lynn Comp氏が述べているように、
Anbox Cloudは
「Visual Cloud Accelerator Card – Rendering」
(VCAC-R)利用しています。
VCAC-Rは、
「現在、そして来たるべき5G時代に、
業界で新たに出現する機会に対応し、
高度なクラウドおよびモバイルゲーミング体験を提供」
できるといいます。

Canonicalは、
開発者向けにベアメタルのクラウドインフラを
提供しているPacketと提携しています。
両社は、
オンプレミスや特定のエッジロケーションで
Anbox Cloudを配備するための支援を提供していきます。
またCanonicalは
最高のエクスペリエンスを提供するために、
ハードウェアパートナーとして
Ampere Computing(ARM)および
Intel(x86)とも協力していきます。
これらハードウェアの選択肢は、
Anbox Cloud顧客に向けた市場投入までの時間を
短縮するという目的の下、
最適な密度や、GPUモデル、
コスト効率を実現するために最適化されます。

Anbox Cloudの価格は年単位の体系となっており、
年あたりのノードベースごと、
およびコンピュートインスタンスごとに設定されます。
サポートは製品に組み込まれており、
サービス品質保証(SLA)も含まれています。

Canonicalで製品担当ディレクターを務める
Stephan Fabel氏は、
次のように期待しています。
「新たに出現しつつある5Gネットワークや
エッジコンピューティングによって、
多くの人々が、
プラットフォームを自由に選択し、
非常にリッチなオンデマンド型Androidアプリに
アクセスすることでメリットを得られるでしょう。」

まとめ

かなり専門的な記事でしたが、
総合的に評価すると、
クラウド上でAndroidが動き、
いい感じに技術が向上し、楽しい未来になる。
といったところでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください