Acerが海外で教育向けに「Chromebook 712」を発表。MILスペックと3:2ディスプレイ

HelenTechによりますと、

最近は大人しい印象のあったエイサーですが、
海外の教育現場向けに新しい
「Chromebook 712 (C871)」を発表したそうです。

販売価格は329ドルからで、
MIL-STD 810G準拠の堅牢性だけでなく、
海外規格ですが子供への安全認定
(ASTM F963-16およびUL / IEC 60950-1)を
取得しているのが特長的な機種となっています。

また、
性能面も改善が見られ、
3:2のアスペクト比を持つディスプレイと
最大で第10世代のCore i3プロセッサを
搭載するようです。

スペックについて

ディスプレイ12インチ IPS
1,366 × 912
CPU最大 Core i3-10110Y
RAM4GB
8GB
内部ストレージ32GB eMMC
64GB eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
イヤホンジャック
バッテリー最大12時間
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.0
その他MIL-STD 810G
ASTM F963-16
UL / IEC 60950-1
価格329ドル

スペックと価格はこのようになっています。

「Chromebook 712」は
12インチに3:2のアスペクト比を持つ、
IPS方式を採用したディスプレイ
となっているのが特長のモデルです。

採用されるCPUについては、
最大で第10世代のCore i3-10110Yを
搭載すると言われ、
この他にはCeleronもしくは
Pentiumがあると思われます。

RAMとストレージは、
それぞれ2種を選択することができ、
ストレージに関してはeMMCを採用することで、
コストを抑えることができているようですので、
おそらく上位でも500ドル以内に収まることが
期待されますね。

バッテリー駆動時間も最大12時間と、
1日使うには十分なものとなっています。

教育機関向け、
というよりも子ども向けの機種
という側面をアピールしているようで、
堅牢性基準のMIL-STD 810G(MILスペック)に
準拠するだけでなく、
米国の玩具基準であるASTM F963-16と
新しいIT機器の安全規格UL / IEC 60950-1を
取得しているのも特長ですね。

このあたりがどう影響するかは、
日本だと何ともわかりづらい
ところではありますが、
価格から考えても、
子どもに使わせるにはバランスの良い
モデルになっていると思います。

価格は329ドルから、
米国市場では4月からの販売を予定しています。

ちなみに余談ですが、
国内Amazonではこの「712」の下位に
位置づけ的な「512」が販売されています。

こちらもコストパフォーマンスが良いモデル
となっていますので、
興味のある方はチェックしてみてください。

引用元:https://www.helentech.net/chromeos/chromebook/2020/01/11592/

まとめ

Chromebookの安さは、
子供にノートPCを与える目的に合致していると思います。
この記事にあるChromebookも、
堅牢性が十分な作りとなっているので、
かなりオススメです。
個人的に面白いと感じたポイントは、
Wi-Fi6に対応しているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください