Stadiaは2020年内に120本以上のゲーム提供を目指す…上半期には10以上の時限独占タイトルも

Game*Sparkによりますと、

Googleは、
同社が運営するクラウドゲームサービスの
Stadiaにおいて2020年内に120本以上の
ゲーム提供を目指すことを明らかにしたそうです。

2019年11月のローンチ時点ではわずか22本
ラインナップだったStadiaですが、
現地時間16日に公開された同社のブログにて、
2020年内に120本以上のゲームを提供する
目標であることをアナウンスしています。
また、
『Orcs Must Die! 3』などいくつか時限独占
となるタイトルがあることは既報の通りですが、
今年の上半期だけでも10本以上が、
ローンチ時にはStadiaのみでプレイできる
作品になるとのこと。

他にも今後3か月の間に、
ウェブにおける4Kゲームプレイの対応、
ウェブプレイ時のアシスタント機能追加、
Android対応端末の追加、
ウェブでのStadiaコントローラーの
ワイヤレスゲームプレイに対応
(現状Chromecast Ultra以外はUSB有線接続が必要)
するといったサービス改善を順次
ロールアウトしていくとしています。
2月の追加ラインナップについては、
1月末に紹介するということです。

Stadiaは海外14か国にてサービス展開中ですが、
国内展開は未定です。

引用元:https://www.gamespark.jp/article/2020/01/18/96088.html

まとめ

この記事に書いてあるとおり、
今後三ヶ月のバージョンアップに期待したいです。
日本ではまだ国内展開が未定ですが、
もし日本に来るなら、
ローンチ以上の性能に進化してから、
遊べるようになって欲しいですね。
そう考えると、
すぐに遊べないけど、
サービスは充実している方がいいのかも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください