「海賊版」から始まったアニメ版ネットフリックス

日経ビジネスによりますと、

日本のアニメーション業界が、
海外展開で関係を深めている
コンテンツ配信基盤
(プラットフォーム)があるそうです。
それが、
「Crunchyroll(クランチロール)」です。
運営するのは、
米ワーナーメディア傘下のオッターメディア
の子会社である米Ellation(イレーション)。
クランチロールでは、
英語やフランス語など8言語に対応し、
対象の国や地域は200を超えます。
無料会員数は2019年8月時点で5000万人、
有料会員数は200万人に達しました。
視聴できるアニメ作品の数は1000タイトル以上で、
3万エピソードを超え、
「世界で最も大きなアニメライブラリー」
を称します。

クランチロールの無料会員数は5000万人、
有料会員数は200万人に達しました。
2019年8月30日~9月1日に開催された
「Crunchyroll Expo 2019」での発表イベントの様子

日本アニメはファン(愛好者)が世界中におり、
米ネットフリックスといった動画配信業界でも、
「キラーコンテンツ」の1つとして
位置付けられています。
ですが、
「OTAKU(オタク)」と呼ばれるような
日本アニメの海外ファンにとって、
ネットフリックスよりもむしろ
クランチロールの方がなじみがあるでしょう。

日本のゲーム業界からも注目を集めています。
アニメファンはゲーム愛好者(ゲーマー)
でもある場合が多いからです。
クランチロールによれば、
同社を通じてアニメを視聴する
ユーザーの9割以上がゲーマーで、
6割以上がより熱心なコアゲーマーだといいます。
さらにクランチロールは
漫画やキャラクターグッズなども手掛けており、
米国を中心にOTAKUの
一大プラットフォームになっています。

こうした状況に目を付けた
日本のアニメ業界やゲーム業界が
クランチロールとの関係を深めています。
2019年12月、
小学館や集英社などが出資する米ビズメディアは、
「ナルト」シリーズの映画や「アクセルワールド」、
「ワンパンマン」といった人気のアニメ作品を新たに
クランチロールで配信することを明らかにしました。
ビズメディアの欧州子会社は、
現在はクランチロール(イレーション)
の傘下にあります。

ゲーム分野では、
バンダイナムコエンターテインメント(BNE)
が同年8月にクランチロールとの業務提携を発表。
9月には、
サンライズや創通とライセンス契約を締結し、
「機動戦士ガンダム」や「新機動戦記 ガンダムW」
などガンダムシリーズ5作品で、
関連グッズなどを海外市場向けに商品化します。

BNEとの業務提携後、まずは人気アニメ
「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」や
「NARUTO-ナルト- 疾風伝」のキャラクターが登場する
ブラウザゲーム「NARUTO X BORUTO 忍者TRIBES」を、
同アニメ視聴後に画面を切り替えることなくシームレスに
プレーできるようにします

スマートフォン向けゲームを手掛ける
NextNinja(東京・品川)も、
クランチロールを積極的に活用する企業です。
同社が開発・運営している
スマホ向けRPGゲーム「グランドサマナーズ」
(配信:グッドスマイルカンパニー)
の海外でのプロモーションやマーケティングなどで、
クランチロールのユーザー基盤を生かしています。

「グラサマ」は日本でも著名なゲームで、
北米を中心とした海外でも人気があります。
その事業拡大に一役買っているといいます。
「アニメファンの多くがゲーマーで、
多数の海外アニメファンを抱えるクランチロールは
海外でのプロモーションやマーケティング
で重要な役割を果たす」
(同社代表取締役社長で、
同ゲームのプロデューサーの山岸聖幸氏)と評する。

「Crunchyroll Expo 2019」で講演する山岸氏。
海外ファンから「山P(Yama-P)」の愛称で呼ばれ、
米国のアニメイベントではサイン会に
大勢のファンが列をなすほどの人気です

海外の海賊版サイトからスタート

存在感が増すクランチロールですが、
サービス開始直後は、
日本アニメの「ファンサブ」が
数多く投稿される動画共有サイトでした。
ファンサブとは、
ある映像作品のファンがそれに字幕を付けたもの。
すなわち、
権利者の許諾のない「海賊版」です。

こうしたサイトが登場したのは、
以前は日本のアニメを日本での放映と
同時期に視聴するのが非常に難しかったため。
それだけに、
海外在住の日本アニメのファンは、
ファンサブの投稿サイトを視聴する傾向が強かった。

近年はこうした状況が改善し、
「公式」の日本アニメを日本の放映と
同じタイミングで視聴できるさまざまな
配信サービスが登場しています。
クランチロールもそうしたサイトの1つとなりました。

転機は、
2006年のサイト立ち上げから約2年が経過した2008年。
テレビ東京との業務提携でした。
これを契機に、
「NARUTO(ナルト)」(原作は漫画)
といったテレビ東京が放映している人気アニメを
クランチロールで配信できるようになりました。

さらに2010年にはテレビ東京が出資するなど、
関係を深めます。
現在では、
テレビ東京のアニメ番組だけでなく、
ライセンスされたさまざまな
日本アニメを幅広く配信しています。
月額7.99米ドル(税別)のプレミアム会員になれば、
日本での放送と同日に、
日本アニメを視聴できます。

シリコンバレーでプライベートイベント

クランチロールの勢いを物語るのが、
年次のプライベートイベント
「Crunchyroll Expo」です。
2019年8月30日~9月1日にサンノゼで開いた
3回目のイベントの会場は、
米フェイスブックや米エヌビディアといった
大手IT企業や半導体メーカーが
プライベートイベントを開催する場として
知られています。
それだけに、
「勢いがある証拠。
アニメ業界で今、
大きな会場を借り切ってイベントを開催できるのは
クランチロールくらいだろう」
とある日本人ゲーム開発者は評します。

2019年8月30日~9月1日には、
3回目になる「Crunchyroll Expo 2019」を
米国サンノゼの
「San Jose McEnery Convention Center」
で開催しました

クランチロールと協業する
アニメ制作会社やゲーム開発会社などが
登壇するカンファレンスに加えて、
会場には広い展示スペースがあります。
アニメ制作会社やゲーム開発会社といった
コンテンツホルダーのほか、
アニメ映像のDVDや関連のグッズ、
プラモデルなどを販売する小売店が
ブースを構えます。
日本の「コミケ(コミックマーケット)」のように、
自作したグッズを個人が販売している
小さなブースも、
所狭しと並んでいました。

同イベントは有料(早期購入で3日間パスが65米ドル)
にもかかわらず、
会期3日間で4万5000人以上が参加したといいます。
日本アニメの人気とともに、
クランチロールの浸透ぶりがうかがえます。

「Crunchyroll Expo 2019」の展示会場の様子
「Crunchyroll Expo 2019」の展示会場には、
日本のコミケのように、
自作したグッズを個人が販売している場所もあります

引用元:https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00019/121900123/

まとめ

日本のアニメが海外の方に人気なのは、
とても嬉しいですね。
公式的なビジネス循環が生まれれば、
更にファンが増えそうなので、
このまま見守りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください