「5G」が話題の一方で、会社を悩ます“働かないおじさん”の「50G」問題

ITmedia ビジネスオンラインによりますと、

2020年から商用サービスが開始する「5G」。
消費者の生活やビジネスを大幅に
アップデートする可能性を秘めた技術です。
その一方で、
多くの会社が悩む「50G」問題をご存じでしょうか。
企業の現場に自ら入り込み、
目標を「絶対達成」させるコンサルタントの
横山信弘氏が「50G」問題に切り込むそうです。

「5G(ファイブジー)」の意味が分からない人たち

「おい、
5G(ファイブジー)って、
ケータイの通信速度が速くなるだけだろ。
ゲームしたり、
映画を見たりしない俺なんかには、
関係がない話だ」

「いや部長、それだけじゃないですが」

「それだけじゃないって、何だよ?」

ある日のことです。
クライアント企業の社長と
一緒にランチしている際、
隣の個室から、
このような会話が聞こえてきました。
社長は手にした小鉢を置きながら、
あきれた表情で言いました。

「うちの会社にも、いますよ。
ああいう管理職」

誰のことを指しているのか、
何となく見当がつきました。
しかし私は口に出しませんでした。

「あれほど報道されているのに、
5Gが直接、
自分の事業に関係がないと、
関心を持たないのでしょうか」

「その思考のクセ、
はやく治してもらわないと困る。
年齢とともに、
ドンドン感度が鈍くなっていく
管理職が多いんだ」

私は企業の現場に入って目標を
絶対達成させるコンサルタントです。
このクライアント企業には
2年前から支援に入っています。
最近ようやく業績を好転させ、
低迷期からは脱しました。
そのお祝いに、
ということもあり、
社長からランチに誘われたのです。
しかし、
社長の気は晴れないままです。

社長を悩ます「50G」問題

「50歳以上の管理職9人を、
どうするか。本当に、頭が痛い」

「御社だけの問題ではなく、
日本の問題になりつつありますね」

社長は腕を組んだまま黙り込みました。
50代の管理職たちに
手を焼いているといいます。
実際に、
私どもコンサルタントが
支援に入ってからの2年。
社長と一緒に進めてきた組織改革に、
ことごとく異を唱えてきたのが、
この50代管理職たちです。
彼らの激しい抵抗さえなければ、
もう1年前倒しで業績も
復活していただろうと
社長とも話していました。

私はこのような50代男性管理職たちを
「50G(フィフティ―ジー)」と呼んでいます。
「50G」とは、
50代という年齢と世代(ジェネレーション)、
そして年老いた男性(ジー)を
掛け合わせた造語です。
昨今、
年功序列の恩恵にあずかり、
高給取りでありながら
会社への貢献度の低い男性社員を
「働かないおじさん」と呼ぶそうです。
しかし、
あまりに表現がストレートすぎて、
この言葉の使い勝手は悪い。
だから、
私はあえて暗号的な「50G」を使います。

企業を悩ます「50G」
(画像はイメージ、出所:ゲッティイメージズ)

日経ビジネス10月14日号では
「トヨタも悩む 新50代問題 
もうリストラでは解決できない」
という特集が組まれました。
日本を代表する企業のトヨタ自動車でさえも
「50G問題」に悩む時代です。
味の素も先日、
50代管理職に対して希望退職を募りました。
ひと昔前であれば「安定企業」でした、
銀行や証券会社においても
大リストラ時代が始まっています。
多くの会社のケースでは
「業績低迷」のリストラではなく、
テクノロジーの発展によって余剰化する
人員の整理が目的です。
だから問題は根深く、厄介です。

働き方改革と「5G」

ついでだから、
ここで次世代移動通信システム「5G」
について簡単に触れていきましょう。
2019年1月、
世界最大のテクノロジー見本市
「CES2019」において、
米ベライゾン・コミュニケーションズの
CEOが基調講演で語ったのが、
この「5G」です。
このことからも分かるように、
「5G」が世界で最も注目されている
次世代技術であることは間違いありません。

その特徴は、
「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」
の3つといわれています。
私は前述した社長に、
「5Gは組織マネジメントにおいても、
重要な意味を持ちます」と言いました。
すると社長は
「5Gが、組織マネジメントに? 
どういうことです?」と聞いてきました。
私は
「生産性アップを極限までアップするのに、
使える」と言いました。

5Gはビジネスを変革するが……
(画像はイメージ、出所:ゲッティイメージズ)

働き方改革時代となり、
いまや日本企業は、
異次元なほどに高い生産性が
求められるようになりました。
だから、
組織のレポートライン
(指揮命令や情報共有の経路のこと)は
「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」
が望ましいです。
分かりやすく書くと、

  • 超高速……組織階層を飛ばして、
    しかるべき人へスピーディーに情報伝達する
  • 超低遅延……伝えたいことが相手にすぐ伝わり、
    理解される
  • 多数同時接続……リアルやネットの
    コミュニケーション手段を同時に使いこなせる

このようになります。

しかし、現実は違います。
特に大企業だと、
命令系統や、
情報伝達のラインがとても複雑になり、
「レポートラインの中継地」
だけ担っている中間管理職も驚くほど多い。
その中間管理職の代表格こそ、
50代の男性ーー「50G」です。

50Gは企業の「絶縁体」

「50G」は「超低遅延」を強みとする
5Gの真逆で「超高遅延」です。
つまり、
伝えたいことが相手にすぐに伝わらず、
理解されません。
以下の会話例を読んで見ましょう。

「部長、
新事業の企画書を読んでもらえたでしょうか。
もう2週間も返事をいただいていません」

「2週間って? 
そもそも返事しなければダメだったのか」

「何を言ってるんですか。
時間がないって、念を押しましたよ」

「そうだったか? 
ま、読んだけど、ダメだ。
こんな内容で、新事業を任せられない」

「え? 
こんなに待たせておいて何を言ってるんですか。
以前も話した通り、
メンバー6人ともやる気になってるんですよ」

「だいたい、こんな予算どこにあるんだ? 
もっと考えて企画書を作れ」

「予算は確保できます」

「ダメだ。
こんな内容じゃあ、
経営陣からゴーサインはもらえん」

「専務には了承をもらってます」

「え、専務に?」

「そうです」

「専務が了承してる? 
それ、はやく言ってよ」

「企画書に書いてあったじゃないですか。
読んでないんですか」

「……」

レポートラインの中継地にいるだけの
中間管理職が、
このように「早とちり」したり、
「結果ありき」で話していたりしたら、
いつまでたっても話が前に進みません。
先日も、
別のクライアント企業で
「そういうことは俺じゃなくて、
部長に聞いてよ」
と言って、
まるで意思決定しない課長がいました。
「部長が、課長に聞けと言ってるんです」
と部下が食い下がっても、
「いやいや、俺じゃなくて部長だよ。
絶対に部長だ。部長に聞いてくれ」
と言って譲りませんでした。
自分では何も決められないような、
こんな「絶縁体」のような
中間管理職がいたら、
組織そのものが「超高遅延」の
状態になってしまいます。

50Gは組織の「絶縁体」になってしまう
(画像はイメージ、出所:ゲッティイメージズ)

50Gの責任は会社にも

5Gは、
ビジネスにおいて
「破壊的イノベーション」を
もたらすといわれています。
しかし50Gは、
「破壊的現状維持」をもたらすでしょう。
しかし、
50Gの大半は、
組織の功労者です。
現在会社への貢献度が低いからといって、
リストラ対象にするのは身勝手すぎます。

話を社長とのランチに戻しましょう。
コースランチのメインディッシュが
運ばれてきました。
国産黒毛和牛のステーキでした。
社長は一度箸を持ち上げたが、
ため息をついた後、
そっと箸をおきました。
そして、
「うまいものばかり食べていると、
ありがたみがなくなってくる」
と言いました。
「感覚がまひしてくるんだ。これだとよくない」
社長がそう言うので、
私はうなずきました。
社長が言いたいことは、
何となく分かりました。

会社が、
50Gを突き放すのは簡単です。
しかし、
そのようなぬるい環境に身を置かせ、
感覚をまひさせた会社にも責任があります。
50代になってからでは遅い。
40代、いや30代のころから、
将来のキャリア形成と、
それに見合った教育や啓発を、
会社が責任もってしていかなければなりません。
今はそういう時代だと、
しみじみ思います。

引用元:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/19/news030.html

まとめ

今回は、『5G』ではなく『50G』の話です。
5Gの事を調べていましたが、
この50Gの記事がヒットし、
しかも面白かったので、シェアしたいと思いました。
5Gは近未来的でワクワクしますが、
50Gは会社そのものを鈍化させてしまう原因なので、
なんとかしたいですね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください