実質5万円弱で買った12型2in1「HP Chromebook x360 12b」をレビュー

PC Watchによりますと、

11月に2015年から使っている
Chromebookの後釜としてHPの
「Chromebook x360 12b」
を購入したそうです。
筆者は量販店で購入したそうですが、
HPのWebサイトでの税別直販価格は
58,000円(※キャンペーン価格)です。
今年(2019年)10月末発売の新型モデルで、
Chrome OS、Androidアプリ、
そしてLinuxが動作する
ちょっとおもしろい環境ということもあり、
使用記をお届けします。

今Chromebookを買った理由

筆者はもともと2015年に発表された
ASUSのChromebook「Flip C100PA
を所有し、
Chrome OSのチェックや
iPadが充電中で使えないとき、
TweetDeck中心のときなど、
ライトな用途で使用していました。

仕様的には10.1型1,280×800ドット、
Rockchip Quad-Core RK3288C、
メモリ2GB、
ストレージeMMC 16GBの2in1です。
Atom世代のタブレットと似たりよったりで、
速度的にはGoogle Octane 2.0が8千未満と、
少しストレスを感じるが
がまんできないほどでもないと言ったところ。
後にChrome OSでAndroidアプリも
動くようになったため、
より便利に遊んでいました。

以前からイレギュラーな方法は
いくつかあったのですが、
最近になり、
Chrome OSが正式にLinuxに対応しました。
対応機種は以下のとおりで、

  • Google Pixelbook
  • Samsung Chromebook Plus
    (1st generation)
  • HP Chromebook X2
  • ASUS Chromebook Flip C101
  • 2018 generation Chromeboxes
  • Acer Chromebook Tab 10

などと(詳細はこちら)、
2019年発売モデルが対象。
残念ながらChromebook Flip C100PAは
リストに入っていませんでした。

試してみたいこともあり、
とりあえずなんでもいいので
対応しているものを探していましたが、
一番安直なのは手持ちの次モデル
(2017年8月発表)に相当する
Chromebook Flip C101PAでした。
筐体やディスプレイ、
ストレージは同じですが、
CPUが6コア化、メモリが4GBに増え、
少しパワーアップしています。

重い用途には使わないので、
これでも良かったのですが、
見た目がまったく同じなので、
趣味半分としては少しおもしろみに欠けます。
いろいろ検索したところ見つけたのが、
今回購入したHP
Chromebook x360 12b」となります。
2019年10月末発売なので、
Linux動作の条件も満たしています。

この機種を選んだ理由は、
ディスプレイのアスペクト比が
3:2で縦が広くなっていること、
キーボードが日本語配列で
バックライト付いているからです。
日本語キーボードだとスペースキーの両隣に
[無変換]と[変換]キーがあり、
筆者はここにIMEを割り当てることで
一発で切り替えができるようにしています。

スペック的には、
プロセッサがPentium Silver N5000、
メモリ4GB、ストレージはeMMC 64GB。
少なくともASUSのChromebook Flip C101PA
よりかなり速そうです。
デザインもHPらしく見た目も悪くありません。

ただ問題は価格です。
税別64,800円はローエンドの
WindowsノートPCが買えてしまう金額です。
筆者が購入したときはキャンペーンにより、
税別58,000円で提供されていました。
それでもChromebookとしては高いと思います。
ただ、
Chromebook x360 12bは
一部の量販店でも販売されており、
そのときは税込54,700円で
10%ポイント還元が使え、
実質5万円を切る価格で購入可能でした。
これならお買い得ということで
購入を決定しました。

Chromebook x360 12bのおもな仕様は
以下のとおり。

【表】HP「Chromebook x360 12b」の仕様

プロセッサPentium Silver N5000
(4コア/4スレッド、1.1~2.7GHz、
キャッシュ 4MB、TDP 6W)
メモリLPDDR4-2400 4GB
ストレージeMMC 64GB
OSChrome OS
ディスプレイ12型IPS式1,366×912ドット(3:2)、光沢、タッチ、
USI(Universal Stylus Initiative)ペン対応(別売)
グラフィックスIntel UHD Graphics 605
ネットワークIEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 5.0
インターフェイスUSB 3.0 Type-C×2(DisplayPort Alternate Mod対応)、
USB 3.0 Type-A、SDカードスロット、
約92万画素Webカメラ、音声入出力
バッテリ
駆動時間
最大11時間
その他キーボードバックライト、
B&O Playデュアルスピーカー、内蔵デュアルマイク
サイズ約272×216×17.3mm(幅×奥行き×高さ)
重量約1.35kg
税別直販価格64,800円(12月5現在キャンペーン中で税別58,000円)

プロセッサはGemini Lakeの
Pentium Silver N5000。
4コア/4スレッドでクロックは
1.1GHzから最大2.7GHz。
キャッシュは4MB、TDPは6W。
Pentium Silverとしては
最下位のSKUとなります。
メモリはオンボードでLPDDR4 4GB。
ストレージはeMMC 64GB。
昨今のWindowsマシンとしても
最低レベルの構成と言えます。

グラフィックス機能は、
プロセッサ内蔵のUHD Graphics 605。
外部出力用として
USB Type-C(DisplayPort Alternate Mode)
を備えています。
ディスプレイは光沢ありの
12型IPS式1,366×912ドットで、
アスペクト比3:2。
タッチ操作と
USI(Universal Stylus Initiative)ペン対応です。

この聴き慣れないUSIペンはIntel、
Googleなどが中心に策定されている
ペン規格ですが、
現在まだ単品で購入できる製品は出ていません。
詳細は別記事
(Intel、4,096段階筆圧/傾き検知の静電容量方式ペンをデモ)
に書かれているのでそちらをご覧ください。

ネットワーク機能は有線LANがなく、
Wi-Fi(IEEE 802.11ac対応)とBluetooth 5.0。
インターフェイスは、
USB 3.0が1基、USB Type-C 3.0が2基、
SDカードスロット、92万画素Webカメラ、
音声入出力。
充電は付属のType-C接続の
ACアダプタを使いますが、
USB PD(Power Delivery)対応なので
別のものでも充電可能です。

そのほか、
キーボードバックライト、
B&O Playデュアルスピーカー、
内蔵デュアルマイクを搭載。
この価格帯のわりには
リッチな内容となっています。

本体サイズは
約272×216×17.3mm(幅×奥行き×高さ)、
重量約1.35kg。
フットプリントは問題ありませんが、
重量は少し残念なところ。
1kg切りとまでは言わないまでも、
せめて1.1kg前後にしてほしかったです。
バッテリ駆動時間は最大11時間。

正規の税別価格はともかくとして、
この内容で10%ポイント還元を含め
5万円を切るならコストパフォーマンスは
悪くありません。

パネル中央上にWebカメラ。
左右はそれなりに狭額縁だが上下が広い
マットホワイトの天板にHPのロゴ。
360度回転するヒンジ。
バッテリは内蔵式で着脱できません
左側面には、音声入出力、Type-C、
SDカードスロット、電源ボタン
右側面には、USB Type-A、USB Type-C、
ロックポート、音量±ボタン
キーボードは日本語配列。
テンキーなしのアイソレーションタイプ。
タッチパッドは1枚プレート型。
上部のスリットにスピーカー
キーピッチは実測で約19mm
キーボードバックライトはオフ+5段階に調整可能
タブレットモード
テントモード
スタンドモード
底面は前後に1本バーのゴム足
3.5mmジャックの大きさからそれなりにスリムなのが分かります
ACアダプタのサイズは約90×40×25mm(幅×奥行き×高さ)、
重量169g、出力は5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A
重量は実測で1,224g。仕様よりは若干軽い

天板はマットホワイト、ほかはシルバー。
質感も価格を考えると良いほうです。
チープ感はまったくありません。
重量は実測で1,224g。
仕様よりは若干軽いものの、
せめてあと100~200g削ってほしかったです。
見た目がコンパクトなぶん、
持ち上げると重く感じます。
ここが唯一の弱点と言えます。

前面はパネル中央上にWebカメラ。
左側面に音声入出力、USB Type-C、
SDカードスロット、電源ボタン。
右側面にUSB Type-A、Type-C、
ロックポート、音量±ボタンを配置。
底面は前後に1本バーのゴム足。
なお、
底面は強い磁石になっているので、
カバンに入れるときなど、
ほかの磁気カード系と
一緒にならないように注意が必要です。

ヒンジは360度回転し、
タブレットモード、テントモード、
スタンドモードに変形できます。
作りもしっかりしており、
ディスプレイ面が思った位置に
ピシッと止まります。

付属のACアダプタは、
サイズが約90×40×25mm(幅×奥行き×高さ)、
重量169g、出力は5V/3A、9V/3A、12V/3A、
15V/3AでUSB PDをサポートしており、
Type-Cポートの両方が対応となる。

12型のディスプレイは、発色、
コントラスト、明るさ、視野角すべて良好。
価格を考慮すると十分。
通常だと輝度50%でちょうどいい。
光沢式なので写り込みはあるものの、
色味は自然です。

アスペクト比が3:2なので、
縦が長くWebサイトなどで見やすい。
また標準解像度は1,366×912ドットですが、
設定で911×608ドット(150%)から
1,518×1,013ドット(90%)まで
9段階の解像度を選べます。
AndroidアプリなどはChromeブラウザと違って
ズームができないため、
この機能は使いようがあります。

また、
画面のタッチ機能は
Androidアプリを操作するときに有用。
いまだにタッチ操作でないと
うまく動かないアプリがあるため、
Androidアプリも使うなら必須です。

キーボードは日本語配列でバックライト付き
テンキーなしのアイソレーションタイプ。
キーピッチは主要部分で
約19mm確保されています。
[Enter]キーの周囲だけ少しせまいですが、
目くじら立てるほどでもありません。
打鍵感は少し深めでクリック感もあり好みです。
初期のApple Magic Keyboardに似ています。

バックライトは
[↑]/[↓]+[Fn]+[Alt]キーで調整できます。
バックライトは白でキートップも白なので、
明るい場所だと逆に見にくくなるため、
オンにするのは
低照度な場所だけにするのが無難です。

タッチパッドは
物理的なボタンのない1枚プレート型。
2本指でスクロール、
2本指でタップすると右ボタン相当など、
基本的にWindowsやMacの操作と同じ。
パームレストも含めて広めなので扱いやすいです。

動作中の振動やノイズは皆無。
発熱も使用している範囲では十分冷たい。
音はキーボードの上にあるスリットから出るため、
耳に直接届く。
本体下部にスピーカーがあり、
反射する素材で音質が変わるようなこともなく
安定しています。
パワーは十分あるもの
「B&O Playデュアルスピーカー」
と謳うほどの音質ではありません。

ChromeやAndroidアプリと同時にLinuxを実行可能

OSはChrome OSですが、
Linuxを使うために
Betaチャネルに切り替えています。
バージョンは79系です。
Googleアカウントでログインすると、
以下のようなデスクトップが現われます。
左下にメニューボタン、下にタスクバー、
右側にコントロール/通知パネルなど、
ほぼWindowsと同じなので、
はじめてでも違和感はないでしょう。
また複数のGoogleアカウントを
切り替えて使うことも可能。
Guestユーザーモードもあります。

Chrome OSのデスクトップ
アプリメニュー

既存のGoogleアカウントで
Chrome OSの環境を持っている場合、
その環境が別のマシンにも
すべて引き継がれます。

アプリメニューには
いろいろGoogle系のものが入っています。
一部「ファイル」や「電卓」などは
別ウィンドウになるものの、
基本はWebサイトへのブックマークです。
クリックするとChromeが指定の
Webサイトを開きます。

Google Playストアが使えるので、
Androidアプリをインストール可能です。
設定/端末情報を見ると、
Androidのバージョンは9となっています。
ほとんどのアプリが動きますが、
ものによってはスマートフォンUIのみで
タブレットUI未対応、
全画面表示のみ、
ウィンドウサイズのリサイズ可/不可も含め、
動きが異なります。

ChromeとAndroidアプリが
混在するデスクトップは、
WindowsやmacOSにはない
おもしろい環境となります。
普段Chrome使いでスマートフォンは
Android搭載機だと、
こちらのほうが親和性は高いかもしれません。

Android/設定
Androidのバージョンは9
Google Playストアが使える
Androidアプリ(VLC、Spotify)とChromeが同時動作

設定のほとんどがChromeそのもので、
それに加えてハードウェア関連として
Bluetooth、タッチパッド、キーボード、
タッチペン、ディスプレイ、ストレージ管理、
電源、ディスプレイがあります。
なお、マルチディスプレイ対応です。
Android用にGoogle Playストア、
そしてLinux用にLinux(ベータ版)の項目も
追加されています。

Chrome/設定
Chrome/設定/タッチパッド
Chrome/設定/キーボード
Chrome/設定/タッチペン
Chrome/設定/ディスプレイ
(Type-C/DisplayPortケーブルで
外部ディスプレイ接続)
Chrome/設定/ストレージ管理
Chrome/設定/電源
Linux(ベータ版)
Chrome/設定/Google Playストア
Chrome OSについて

そして今回筆者にとって
目玉となるLinux環境ですが、
設定/Linux(ベータ版)で[オンにする]と、
「ターミナル」のアイコンが追加され、
起動すると以下の画像ような
コマンドラインが表示されます。
Linuxのバージョンを
次のように確認したところ、

$ cat /etc/debian_version
9.11

Debian/Stretchでした。
パスワードなしのsuや
apt-getも普通に使えます。
ターミナルでのIMEは
Chrome OSのGoogle日本語入力が
そのまま使えてクリップボードも共通。
結構シームレスな環境となっています
(ただし日本語入力は
Linuxアプリ内では使えない。
別途設定が必要)。

早速、
日本語フォントと
Visual Studio Codeをインストール。
拡張機能でSSH FSを加え、
サーバー側のコードを開いているのが
以下の画面キャプチャとなります。

加えて最近のChrome OS(78系以降)は
仮想デスクトップにも対応しているため、
その様子の画面キャプチャも掲載しました。
ある意味、
今回のハイライト的な内容です。
2つの仮想デスクトップがあり、
1つはChromeとAndroidアプリ、
もう1つにはLinuxのコマンドラインと
Visual Studio Codeが動作中。
ちょっとワクワクする環境となりました(笑)。

LinuxのコマンドラインとVisual Studio Code
2つの仮想デスクトップに、
Androidアプリ、Linux、Chromeが同時に動作

ベンチマークテストは簡易式だが
Google Octane 2.0を実行。
バッテリ駆動時間は、
キーボードバックライトオフ、
明るさ/音量50%として、
Wi-Fi経由でフルHDの動画を連続再生した
(アプリはAndroid版VLC)。
結果は以下のとおり。

Google Octane 2.0「16,674」
VLC for Androidを使い
Wi-Fi経由で動画を再生(明るさ/音量50%)。
60%で残り6時間52分駆動となっていますが、
実際は約8時間でした

Google Octane 2.0のスコアは16,674。
Core i3/i5ほどではないもの、
普通に使えるスコアと言えます。
一般的にChrome OSは低スペックの
マシンでも使えると言われていますが、
これは半分正解で半分間違い。
古いマシンだとWebのレンダリングが遅く、
2GB程度のメモリで多くのタブを開くと
メモリ不足になります。
そのため、
本機くらいのプロセッサとメモリ容量は
最低限ほしいところ。

バッテリ駆動時間は約8時間でした。
ただし、
輝度50%は十分明るく、
また音量50%はかなりうるさい。
したがって、
普通にChrome中心の操作であれば、
もう少し長く動くと思われます。
スリープは1週間程度
(iPad Pro 11と同じくらい)は持つため、
使用頻度が低ければ、
頻繁に充電する必要もありません。

今回、
ASUS「Chromebook Flip C100PA」から
HP「Chromebook x360 12b」
に変えたわけですが、
Chromeを全画面表示すると
Instagramの写真が切れない、
TweetDeckのタイムラインが見やすい、
タブレットモード+縦位置でバランスの良い
サイト表示ができて3:2で広い画面、
AndroidアプリでChromeではできない機能補完、
Visual Studio Code+SSH FSで
ちょっとしたサーバー側の修正……
などができるようになり、
当初の期待どおりに使えています。

性能もこのマシンでビルドしないなら十分です。
前は使いにくかった夜での操作も、
キーボードバックライトがあるため
入力しやすいです。
メールに添付されたPDFやOffice関連も
問題なく表示できます。
日頃使うもので足らないとすれば、
RAW現像を含めたPhotoshop的なものと、
秀丸のような高機能なエディタでしょうか。
個人的な満足度は結構高い。

唯一不満があるとすれば前述した重量で、
1.2kgを下回っていれば
完璧だっただけに残念です。


以上のようにHP
「Chromebook x360 12b」は、
12型3:2のIPS式パネル、
Pentium Silver N5000、
メモリ4GB、
ストレージにeMMC 64GBを搭載した
Chromebookです。
2in1でいろいろなモードに変形でき、
USIペンにも対応しています。
同時にChrome、Androidアプリ、
そしてLinuxが動くのも興味深い。

正規の税別価格だと
ローエンドのWindowsノートPCが
購入できるため、
今一つ魅力に欠けますが、
筆者が店舗で購入したように
ポイントで実質5万円を切ることもあるため、
そうなると一気に印象は変わります。
WindowsやmacOSもいいですが、
たまには違う環境を使用したいと思っている
ユーザーにおすすめしたい1台です。

引用元:https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/nishikawa/1223075.html

まとめ

この記事で紹介されていたHP Chromebook x360 12b。
気になっていたので、レビューを探していたところ、
この記事にたどり着きました。
見た目も美しいですし、Linuxも動きます。
総合的に考えると、買いなChromebookだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください