「Google Chrome」の迷惑広告ブロック機能、7月9日から世界で展開へ

CNET Japanによりますと、

Googleは米国時間1月9日、
「Google Chrome」の組み込み型広告ブロック機能の提供を
7月9日から全世界に拡大すると発表したそうです。

この広告ブロック機能は2018年2月に展開が開始され、
現在は米国とカナダ、欧州でのみ有効化されています。

またこの広告ブロック機能は、
従来の広告ブロッカーとは動作が異なっています。
すべての広告をブロックするのではなく、
ユーザーのインターネット閲覧エクスペリエンスに負の影響を及ぼす
煩わしい広告がウェブサイトに表示されないようにするものです。

Googleが広告を煩わしいと見なすかどうは、
「Better Ads Standards」という基準に基づいています。
Better Ads Standardsは、
ウェブ広告エクスペリエンスの向上を目指す業界団体である
Coalition for Better Adsによって定められた、
オンライン広告に関する一連の基準です。

Better Ads Standardsは、6万6000人を超える世界各地のユーザーからの
フィードバックに基づいて作成されています。
この基準では現在、
負の影響を与えると考えられる12の広告エクスペリエンスが挙げられています。

負の影響を与える広告エクスペリエンスは、
PCにおけるものとして4種類挙げられており

  1. ポップアップ広告
  2. サウンド付きの自動再生動画による広告
  3. コンテンツの表示前に一定時間表示されるプレスティシャル広告
  4. 画面領域の大部分を占有し続ける広告

モバイル機器におけるものとして8種類挙げられています。

  1. ポップアップ広告
  2. プレスティシャル広告
  3. 画面の30%よりも大きな領域を占める広告
  4. 目のくらむようなアニメーション広告
  5. サウンド付きの自動再生動画による広告
  6. リンクのクリック後に一定時間表示されるポスティシャル広告
  7. 画面を覆い尽くすようなスクロール広告
  8. 画面領域の大部分を占有し続ける広告
提供:Google

Chromeは、これらの煩わしい広告が含まれている
ウェブサイト上の広告全てを7月9日からいっさいロードしなくなります。

ウェブサイトの運営者は、
Ad Experience Report」というダッシュボードを用いて、
自らのサイトがBetter Ads Standardsに
違反していないかどうかを確認することができます。
またこのダッシュボードは、煩わしい広告による問題を解消した際に、
Googleが管理している広告抑止用ブラックリストからの削除を
申請するためにも用いることができます。

Googleが北米や欧州に向けて、
Chromeに対する広告ブロック機能の導入を最初に発表した2017年6月以降、
多くのウェブサイト運営者が自らのサイトに修正を加えているため、
今回の話は多くの人々にとって目新しいものではありません。

Google Chromeのプロダクト担当シニアディレクターのBen Galbraith氏は、
「米国とカナダ、欧州でウェブサイトを所有している人々は既に、
自らのサイトの対処を済ませている」と報告しているそうです。

感想

日本にも早く、導入してほしいですね。
不要な広告をロードしないってことは、
その分データの節約になり、読み込みが早くなりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください