Razer、Android端末などに対応したゲームコントローラー「Razer Junglecat」を発売開始

Social Game Infoによりますと、

Razerは、
AndroidやWindowsとのペアリングできる
ゲームコントローラー「Razer Junglecat」の
発売を発表したそうです。
価格は公式サイトで12,988円(税抜)、
配送費用が別途必要としています。

同コントローラーは
横向きにしたスマートフォンの両端に
接続するスタイルになっています。
また付属の
「RAZER GAMEPAD アプリ」では、
スマートフォンとペアリングするために
設計しており、
プリセットプロファイルで人気のゲームを
直ちに起動したり、
サポートしている数百のタイトル向けに
独自のボタンレイアウトを設定が
可能だといいます。

また特徴として謳っているのは、
低レイテンシーの接続、
満充電時に100 時間以上楽しめる
BLUETOOTH LOW ENERGYに加え、
感度調節機能では
Razer Gamepad アプリでマッピングし、
二次親指スティック感度を切り替えが
できるとのこと。
この感度び設計によって、
正確に狙いを定められFPS ゲームにおいて
重要機能になったと説明しています。

なおパッケージ内容にある付属の
スマートフォンケースとして、
下記の端末を挙げています。

Razer Phone 2、
Huawei P30 Pro、
Samsung Galaxy S10+、
Samsung Galaxy Note 9、

なお、
付属のスマートフォンケース以外でも、
対応Android スマートフォンまたは
タブレットに使用*できるとしており、
デバイスにビデオ出力が搭載さしている場合
(Razer Phone 2 など)、
テレビまたはモニターとも使用できるとのこと。
Bluetooth 接続対応の Windows PC にも
対応しています。

*ケースに対応していない機種は
使用はできますが、
両端にドッキングして利用できない可能性が
考えられます。

システム要件

製品要件:
Android 7.0 Nougat 以降
Windows 8.1 以降
Bluetooth 対応

モバイルアプリ要件:
Android 8.0 Oreo(以降)
インターネット接続
Bluetooth Low Energy(BLE)
位置情報(コントローラーへのペアリング)
GPS(コントローラーへのペアリング)

引用元:https://gamebiz.jp/?p=252105

まとめ

デザインがめちゃくちゃかっこいいですね。
スマートフォンだけの利用だけでなく、
パソコンにも使えるところも、
ポイント高いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください