Pixelbook Goは教育市場を狙わない、Google純正の低価格版Chromebook

TechCrunchによりますと、

Chromebookは、
Googleにとってヒット商品となっているます。
少なくとも、
Googleの
ハードウェアパートナーにとってはそうです。
低価格のデバイスが市場に溢れ、
教育市場については、
ほぼ完全に支配しています。
その一方で、
Googleの純正マシンは、
そうしたサードパーティの製品とは異なる、
独自の路線を歩んできました。

これまでのPixelbookや
Pixel Slateといった製品には、
1000ドルを超える価格が付けられていました。
これはGoogleが、
Chrome OSの高級路線での可能性を
実証しようとしたものでした。
それに対してPixelbook Goでは、
クラウドベースのOSの長所を、
これまでよりもずっと手軽な価格で
引き出そうとしているそうです。

関連記事:
Googleから約7.5万円のChromebook最新版Pixelbook Goが登場

Goの価格は、
649ドル(約7万500円)からで、
Chrome OSの基本に立ち返ったような
価格設定となっています。
ただし、
もっとも贅沢なオプションを選択すれば
1400ドル(約15万2000円)にもなります。
それはともかくGoは、
Chromebookのユーザーが、
もっと手軽な価格帯の製品を
求めていることに目を向けた製品です。
ともあれ、
Chromebookの存在意義は、
最初からずっと
そこにあったのではないでしょうか。

もちろん、
手頃な価格には妥協はつきものです。
デザインの観点からすれば、
オリジナルのPixelbookを
非常に興味深いものにしていた、
いくつかの特徴を失うことを意味します。
もっとも顕著なのは、
ラップトップとしても、
タブレットとしても使える、
コンバーチブルなディスプレイ部分です。
もっと安価なシステムに
採用された例もあるものの、
なにしろ、360度開くヒンジは、
かなりコストがかかります。
そうしたヒンジを廃止したため、
ペン入力機能は省略されました。
ただし、
タッチ式のスクリーンは維持しています。

オリジナルのPixelbookと同様、
GoもUSB-Cポートは左右側面に1つずつ、
2つしか装備しません。
これによって、
拡張性はかなり制限されます。
価格上の制約もあって、
これ以上のポートは
追加しないことを選択しました。
Googleから直接聞いたところによれば、
Chromebookのコアユーザーのほとんどが、
USB-Cポートは
2つあれば十分だと言っているといいます。
たぶん、
大多数のユーザーにとっては、
そうなのでしょう。

それ以外の点では、
デザインはなかなか凝っています。
特に底面は、カラフルで、
一面にリブが施されています。
デバイスを片手で持ちやすいよう、
考慮した設計です。
本体の軽量化もありがたいです。
気軽にバッグに入れて持ち運べる
ラップトップとなっています。

キーボードも改善されています。
発表イベントの説明でも
強調されていたように、
音も静かです。
実際には、
私はまだかなりうるさい環境でしか
使っていないので、
どれくらい静かなのかはよく分かりません。
キーのタッチは比較的ソフトです。
特に、
タイルでも叩いているように硬い
MacBookに比べれば、
違いは大きく、
なかなか良い感触を実現しています。
少なくともその点に関しては、
これを自分の
メインコンピューターにすることに、
何の抵抗もありません。

Chrome OS自体も、
初期の頃から比べれば、
大幅に進化しています。
特に、
Androidアプリが
使えるようになっているのが大きい。
ただし、
より専門的な作業には制限があります。
低価格のGoは、
その弱点を浮かび上がらせることになります。
私の体験では、
たとえばオーディオ編集をしようとした際に、
問題に突き当たることがありました。

低価格帯を実現するために、
エントリーモデルのスペックは
低めに設定されています。
プロセッサーはCore m3、RAMは8GBです。
CPUは、Core i5や同i7も選択でき、
RAMも16GBまで実装できます。
もちろん、その分価格は高くなります。
そうこうしているうちに、
オリジナルのPixelbookの価格帯に
重なってしまうことになります。

ところで、
オリジナルのモデルの販売も継続されています。
2年も前の製品なのに、
スペックは変更されていません。
とはいえ、
新製品も発表された今、
いかにも賞味期限切れの感があるのは
否めないでしょう。

価格だけを考えても、
Googleは、
オリジナルのPixelbookより、
かなり多くのGoを販売しようと
考えているのは間違いないでしょう。
そこは、
市場のおいしい部分であり、
低価格帯の製品を求めている消費者を
引き寄せる領域です。
Goは、
すでにChromebookとして成功を収めている、
教育市場に的を絞った製品
というわけではないでしょう。
Googleによれば、この価格でも、
K-8(幼稚園から中2)の生徒には
高過ぎるといいます。

引用元:https://jp.techcrunch.com/2019/10/17/2019-10-15-up-close-with-googles-budget-chromebook-the-pixelbook-go/

まとめ

Pixelbookの新しいバージョン来ましたね!
しかし、日本では発売されません・・・
輸入品が出るのを待つしかなさそうですね。
Google純正で、
低価格帯の端末というブランド力があると思うので、
是非とも取り扱ってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください