産業と通信の共創で日本を元気に、ソフトバンクの5G構想

ケータイ Watchによりますと、

千葉県の幕張メッセで開催中の
「CETAEC JAPAN 2019」で、
キャリア4社のトップによる
基調講演が開かれたそうです。
ソフトバンクからは、
代表取締役 副社長執行役員兼CTOの
宮川潤一氏が登壇。
主に法人向けの観点から
5Gの展望が語られました。

モノとモノがつながる時代へ

これまでは、人と人、
人とサービスをつなぐものだった通信が、
5Gの世界では「人と人」「モノとモノ」が
つながっていくだろうと宮川氏。
これまでは人口カバレッジなどで
競い合ってきたが、
これからは産業のネットワークに
変化する時代が訪れます。
そうなると日本全国を
カバーする必要がでてきます。

しかしそこに来て、
日本の5G展開は遅れているのではないか
とよく言われます。
3Gや4Gの時代では日本は世界に比べて
一気に垂直立ち上げに成功しました。
5Gでも日本の立ち上げからの加速を
見せてやりたいと宮川氏。
具体的には2021年以降に
人口カバレッジ90%を達成したいといいます。

それにむけて、
「Massive MIMO」技術を用いた、
効率的なエリア構築や
産業用ネットワークの構築に
取り組んでいるソフトバンク。
特に、
最規模な災害の発生の際、
キャリア同士が共同でネットワークの
リダンダンシー(冗長性)を検討する時期に
入ったのではないかと宮川氏は語ります。

宮川氏は、
台風19号で被災した
基地局の写真(上図)に触れ、
こうした状況のために5Gの際には
こうした有事のネットワークづくりについての
検討をする必要があるだろうとしました。

「高速・大容量」「低遅延」
「同時多接続」というよく5Gで語られる
特長を実際にユーザーに
提供できるようになるのは、
2022年以降だろうと宮川氏。
現在のプレサービスが終了しました。
現在のNSA(ノンスタンドアロン)では
2Gbpsが限度ではないかと語ります。
しかしSA(スタンドアロン)のネットワークが
リリースされてからが本格的な5G。
これが2022年以降になるという。

トラックの自動運転や建機の自動化など

ソフトバンクの5Gのプレサービス、
実証実験ではトラックが
隊列を組んでの自動運転や、
高精度の映像を用いた建機の
遠隔操作に加え、
コンシューマー向けにも
バスケットボールの試合の
マルチアングル観戦などがあります。

産業と通信で元気ある日本へ

5Gの世界では、
スマートフォンはあくまでつながる
デバイスのうちのひとつ。
5Gを産業のためのネットワークと
位置づけるソフトバンク。
「デバイスの先につながるサービスを
立ち上げることなどが日本の成長エンジンになる。
これが5Gに求められる世界観だ」
と宮川氏。

通信と産業はともに進化し、
日本全国のあらゆる産業を高度化していきます。
5Gはその礎です。
その活用方法をパートナーと共創していきたい。
通信と産業の共創で元気ある日本の未来を
作っていきたいと宮川氏は意気込みを語りました。

引用元:
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/special/5greport/1213188.html

まとめ

ソフトバンクは、
産業の視点からの話が興味深いですね。
実際に、
トラックの隊列を組んだ自動運転や
高精度の映像を用いた建機の遠隔操作など、
運用しているので、
ますます、現実味が出てきましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください