ドコモは「DAY1」から5Gのサービスを始める――吉澤社長が語る5Gへの期待

ケータイ Watchによりますと、

千葉県の幕張メッセで開催されている
「CEATEC JAPAN 2019」。
IT分野の企業を中心にさまざまな
最新技術を展示する見本市です。
16日に行われたキーノートで
NTTドコモ 代表取締役社長の吉澤和弘氏は、
「5Gでより豊かな未来を」
と題し同社がこれまで行ってきた
5Gに関する取り組みや、
将来の展望を語ったそうです。

5Gでより豊かに

同社ではこれまでに
「beyond
~想いをつなげ 5Gでより豊かな未来へ~」
と宣言している。
2020年以降、
ドコモが何をするのかを明示したものだが、
コンシューマー向けには
「価値・感動」を提供し、
一方でパートナー企業との共創を通じて
社会課題解決などさまざまな
取り組みを行っていきます。
それを実現する上でもっとも優れているのが
5Gだと吉澤氏は語ります。

5Gを導入する意義とは?

ドコモでは、
5G導入の意義には「新たな価値創出」と
「社会的課題解決」があると捉えています。

IoTやAI、
xRにクラウドなどがそれらを実現するための
「柱」であり、
そのなかでも一番太い柱が5Gだといいます。
5Gで目指す世界は、
5Gの3つの特長である
「高速・大容量」「低遅延」
「多数接続」を駆使し、
スタジアムソリューションや
ストリーミングなど新たな体験を生み出します。

ユーザー側だけでなく、
ネットワークを提供する側にも、
新たなイノベーションが生まれます。
ドコモでは、
全国40カ所で5Gネットワークを開始しており、
2024年度には最低でも2万6334局を
設置することを計画しています。

コアネットワークの仮想化も進められており、
40%が完了しています。

また、
携帯ネットワークの親局と
子局のベンダーが異なっても運用できる仕組みを
世界で初めて運用を開始しました。
この「ベンダークロス」を採用することで、
ネットワーク構築時の効率化や
コスト削減を図っていくといいます。

最初はスマートフォンから

吉澤氏は
「5Gはまずはスマートフォンから広まるだろう」
と予測しています。

スマートフォンがハブになり
さまざまな周辺機器と組み合わせることで、
xRデバイスや360度カメラなどが
上手く連携することでこれまでにない
体験空間を作り出せます。

ドコモではこれを
「マイネットワーク構想」として
積極的な展開を進めます。

ビジネス開発はすでにスタート

5G時代を見据えたビジネス開発は
すでに始まっています。

「DOCOMO 5G Open Partner Program」
を東京や大阪、
名古屋など全国6カ所に展開し
「ドコモ5Gオープンラボ」
は11拠点へ拡大。

こうしたトライアルなどを
積極的に進めている背景には、
2020年春の5G商用サービスのスタート直後から
なんらかの5Gを利用するサービスを開始したい
という想いがあると吉澤氏。

実際に、
ドコモでは9月20日より
ラグビーワールドカップと同時に
5Gプレサービスを開始しています。
ラグビーのマルチアングル視聴や、
ライブビューイングなどすでにいくつかの
5Gを体験できるサービスが提供されています。

また、
法人向けの取り組みとしても
ワコムとの協業で遠隔地のデザイナーが
共同制作できるサービスや、
日本プロゴルフ協会との協業で
ゴルフの遠隔レッスンなどが始まっています。
「わたしももっと日常的に使って
(ゴルフが)上手くなりたい」
とは吉澤氏の言葉。

吉澤氏は
「5GサービスのDAY1(開始直後)から
(5Gを利用した)サービスやソリューションが
始まっている世界を作り出したい」
と5Gに懸ける期待と意気込みを現しました。

引用元:
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/special/5greport/1213062.html

まとめ

この記事によりますと、
ドコモはすでに5Gを活用しているみたいですね。
まだ法人向けですが、
早く個人向けにも普及して欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください