「5Gでおもしろいほうの未来を」、KDDI髙橋社長が語る次の一手

ケータイ Watchによりますと、

16日、
幕張メッセで開催されている
「CEATEC JAPAN 2019」の基調講演に、
KDDI代表取締役社長の髙橋誠氏が
登壇したそうです。

「入社から1Gまですべて体験してきたが、
ついに5回目だ」と感慨を現し、
令和元年を5G元年として
取り組んでいきたいと語りました。

時代の節目をもたらしてきたもの

3G以前と4G以降では確実に変わったものが、
「スマートフォンの登場」だといいます。

3Gまではフィーチャーフォンでしたが、
4Gでは一気に普及したスマートフォン。
3G以前ではフィーチャーフォンの中での
進化が主だったため、
料金面などさまざまな工夫が必要でした。

5Gではどうなるのか、
髙橋氏は
「これからまたデバイスが
ガラッと変わるような予感はまだない。
ということは、
いろいろと工夫が必要なのではないか」
と語ります。

「『おもしろいほうの未来へ』。
これが定義できないと5G(の普及)は
実現できないのではないか」
と高橋氏。

おもしろいほうの未来をつくる

KDDIでは「UNLIMITED WORLD」
という世界観を展開している。

5G時代を見据えた試みのひとつで、
日本初の無制限プランを提供。
ネットフリックスとの提携による
使い放題プランは5Gの
「つながり続ける世界」を現しています。

「体験価値を拡張する」
という5G時代にあわせて、
拡張現実(AUGMENT REALITY)
とワードに、
「“AU”GMENT」と、
au自身の存在を込めて、
スポーツやエンターテイメントなど
さまざまな体験を提供していくというKDDI。

現在、
すでに大学スポーツにテクノロジーを融合させ、
新たな観戦体験を提供したり、
センサーボールを活用して、
選手のデータを蓄積、
分析する野球IoTギアの提供なども
行われています。

渋谷の街にARで情報を映し出す試みや、
ドローンレースなどでの映像中継、
ライブ配信、
日向坂46のライブイベントなど
新たなイベントの開催も決まっています。

CEATECではKDDIが開発した
「どこでもドア」が展示されています。
高橋氏は当初社内で見たときに
「なんだこれ」と思ったといいますが、
完成度を高め、
きれいなARの世界が楽しめる
ソリューションです。

ビジネス面での広がりも

KDDIでは、
「KDDI DIGITAL GATE」を
オープンしています。

単に企業に5Gを体験してもらう
という施設ではなく、
5Gを活用したビジネスモデルを
一緒に考えるという施設。
虎ノ門の開設を皮切りに沖縄、
大阪にも開設されました。

利用企業はのべ250社超に利用されており、
これからもさまざまなコラボレーションを
推し進めていきたいと高橋氏。

高橋氏は最後に
「いろいろな体験価値を生み出していきたい。
日本全体で5Gを盛り上げていきたいと思う」
と5G時代への決意を現しました。

引用元:
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/special/5greport/1213071.html

まとめ

この記事で気になったのが、
5Gを活用したビジネスモデルを、
auと企業が『一緒に考える』という点です。
ただ単に、5Gを提供するのではなく、
5Gを使いたい企業とコラボレーションして、
面白いことを提供していくことに、
今からワクワクしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください