「仮想化で5G時代にも柔軟な対応を」、楽天の完全仮想化ネットワーク

ケータイ Watchによりますと、

千葉県の幕張メッセで開催中の
「CETAEC JAPAN 2019」で、16日、
キャリア4社のトップによる
基調講演が開かれたそうです。
第4のキャリア、
楽天モバイルからは
代表取締役社長の山田善久氏が登壇しました。
同社は10月1日より無料サポータープログラム
という形でサービスを開始しました。
上限である5000名を大きく超える応募があり、
SIMカードの発送が始まったといいます。

山田氏は主に同社のネットワーク技術の
優位性や5Gへの対応などを語りました。

世界初の完全仮想化ネットワーク

MNOとしての楽天モバイルが
運用するネットワークは
世界初の完全仮想化ネットワーク。
従来の専用機の機器数を大幅に減らし、
汎用の機器類を多く用いて
ネットワークの構築を実現しています。
機器のベンダーからは文書で
なぜ完全仮想化が不可能かを説明されるなど、
大きなチャレンジになったというが、
10月の無料サポータープログラムに
こぎつけられました。

仮想化がもたらすメリット

山田氏によりますと、
仮想化ネットワークのメリットは
主に3点に分けられます。

1つ目は安定性。
専用の機器への依存をなくしたことで、
故障時にも別の機材に容易に乗り換えられ、
冗長性がとれます。
また、
ソフトウェアの設計上でも
冗長性を確保できることです。

また、汎用機であるが故に、
ハードウェアの追加で容易に処理能力を
拡張(縮小)が可能なこと、
また新たなサービスもソフトウェア的に
導入できるため柔軟な対応が可能としています。

3つめは、
使用する機種数を絞り込むことで、
コストダウンが図れ、
安定性の向上により
運用コストも低減するといいます。

なお、
ネットワークのパラメータ設定や
起動までの時間が短縮でき、
アラームモニタリングや
故障時の対応も完全ではないものの
自動化できているといいます。

モバイルエッジコンピューティングの
設計を始めた段階にあるという楽天。
5Gスタート時には
実用化していきたいとしています。
同社の仮想化ネットワークは、
大きな手を加えることなくソフトウェアの
変更で対応することができるといいます。

5Gのポテンシャルを引き出すには
NSAではなく、SAが最適で、
楽天でも5G専用のソフトウェアで
動かす必要があると山田氏。
楽天でも早急にSAでの5Gサービスを
提供したいと語りました。

楽天の強みはグループで行っている
さまざまな70以上のサービスにあります。
それらと連携して5Gのポテンシャルを
活かしていきたいと山田氏は語ります。

楽天でもほかの3キャリアと同様に
5Gの実証実験を行っています。
5Gで無人配送の実現やVRなど
いくつかの試験は実を結んでいます。

期待と責任を背負い

山田氏は最後に
「サービスが始まり、
期待と責任をひしひしと感じている。
できるだけ早く(5G)の
ポテンシャルを引き出し、
生活がより便利になるようにしたい」
とこれからのサービスへの意気込みを
あらわにしました。

引用元:
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/special/5greport/1213079.html

まとめ

楽天には、期待しているんですよ。
この記事にもあるとおり、
『世界初の完全仮想化ネットワーク』
に挑戦しているのが面白いですね。
まだ携帯キャリアを変えるつもりはありませんが、
いつかは、変える時が来ると思うので、
選択肢が増えたことに感謝します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください