Googleが落書き用ウェブアプリ「Canvas」を発表! デジタルメモにも使えそう

ライフハッカー[日本版]によりますと、

Googleは、『Canvas』というウェブアプリを新発表しました。
プログレッシブウェブアプリなので、ダウンロードやインストールをせずに、
落書きやメモをすることが可能です。
Chromebookユーザーはもちろん、誰にとっても便利なアプリです。

Googleが落書き用ウェブアプリ「Canvas」を発表

Canvasが注目を集めたのは、
Chrome Unboxedで紹介されたのがきっかけです。
しかし、GoogleがCanvasを公式に発表しているわけではなかったので、
いつまで使えるのかは不明でした。
Devチャンネルで開発されたChrome OSアプリが発表されていただけだったのです。

それが今回、Chromeはもちろん、
他のWebAssembly対応ブラウザからもCanvasが利用できるようになりました。
Canvasは芸術家が本格的なアート作品を作るためのものではありませんが、
落書きやスケッチ、メモなどに必要な機能がすべてそろっています。

Google Canvasの基本とできること

Canvasを開くと、白紙と鉛筆、ペン、マーカー、チョーク、
消しゴムなどのツールが用意されています。
選択中のツールを2回クリックすると、
紙に残るマークのサイズと不透明度を変更できます。

ツールの上にある黒い円をクリックすると、カラーパレットが開きます。
用意された色を選ぶか、カスタムをクリックしてオリジナルの色を作りましょう。
作った色が気に入ったら、16進数のコードを覚えておけば、あとでまた使うことができます。

満足のいく落書きができたら、右上にある3つのドットをクリックして保存してください。
Googleアカウントにログインしていれば、保存した落書きをデバイス間で共有できます。

落書きアートも

手が空いているとき、落書きをするのは楽しいものです。
落書きとは芸術作品ではなく、カラフルなパターンや殴り描きを意味します。
(それを「モダンアート」と呼ぶ人は別として)

どんなプラットフォームでも多くのお絵かきアプリが出ていますが、
その大半はダウンロードやインストールが必要です。
これに対し、Canvasはブラウザから「canvas.apps.chrome」を開くだけで使えるので、お手軽で便利です。

今後の展開

現在のCanvasは非常にシンプルですが、Googleは今後も開発を続け、
新機能がどんどん追加されることでしょう。
いつか、本当の芸術作品が創れるようになる日が来るかもしれません。

Image: alexfan32/Shutterstock.com
Source: Google(12
Original Article: Google Canvas Is a Drawing App for Doodles by MakeUseOf

引用元:https://www.lifehacker.jp/2019/01/google-canvas-drawing-app-doodles.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください