HPの「Chromebook x360 14」を初見レビュー!高級感のあるハイスペックモデル

HelenTechによりますと、

6月の終わりに突如として
日本でも発売がアナウンスされた、
日本HPのハイスペックな
14インチChromebookである
「HP Chromebook x360 14」を
実機レビューしていきたいと思います!

今回は日本HP様から期間限定での
貸出となっていますので、
限られた中でChromebookユーザーとして
気になっている部分をあれこれ
チェックしていければと思います。

また、この記事では
初見レビューということもあるので、
外観チェックから基本的な操作感
についてまとめていき、
後日改めて使用感などの総評というように
まとめたいと思います。

さらに、
Chromebookとしては
初のデタッチャブルキーボードを採用した
「HP Chromebook x2」についても
貸し出して頂きレビューしていますので、
ご興味ある方はそちらも併せて
ご覧頂ければと思います。
(2019/09/05時点ではまだ投稿していません)

ということで、
「HP Chromebook x360 14」の
初見レビューをまとめていきたいと思います。

HP Chromebook x360 14 のスペック

発表時点でスペックはまとめていますが、
改めておさらいから。

 HP
Chromebook x360 14
スーペリアモデル
HP Chromebook x360 14
エグゼクティブモデル
ディスプレイ14インチ IPS
1,920 × 1,080
タッチスクリーン
14インチ IPS
1,920 × 1,080
タッチスクリーン
CPUCore i3-8130U
2.2-3.4GHz(2core)
Core i5-8250U
1.6-3.4GHz(4core)
RAM8GB8GB
内部ストレージ64GB eMMC64GB eMMC
外部ストレージmicroSDmicroSD
ポートUSB-C(3.1) ×2
USB-A(3.1) ×1
イヤホンジャック
USB-C(3.1) ×2
USB-A(3.1) ×1
イヤホンジャック
バッテリー駆動時間最大13.3時間最大13.3時間
その他バックライトキーボード
US配列
バックライトキーボード
US配列
サイズ325×225×16.5mm325×225×16.5mm
重さ1.6kg1.6kg
価格72,800円(税抜)82,800円(税抜)

このようなスペックになっています。
Chromebookとしてはハイスペックなものですね。

なお、
今回貸し出して頂いたモデルは、
Core i5を採用するエグゼクティブモデルです。

2019/09/05現在、
国内で展開しているChromebookとしては、
i5モデルは最上位のスペックとなっていて、
続くi3モデルも他社が出している
Chromebookと比較して、
最上位クラスとなっています。

14インチでIPS方式を採用した
フルHDディスプレイ、
タッチスクリーンを備えていて、
x360の名の通り、
ヒンジが360度開くことで
タブレットモードやテントモードの
利用が可能です。

バッテリー駆動時間も長いですし、
ポート類も充実しているので、
個人はもちろん
法人向けとしての利用も
十分に可能だと思います。

ただ、1.6kgとやや重めのため、
持ち運びを考えると
ちょっと苦しいかもしれませんが、
そのあたりも含めて、
実機レビューをしたいと思います。

ということで、
まずは「HP Chromebook x360 14」の
外観チェックです。

HP Chromebook x360 14 の外観チェック

今回は貸出品ということもあって、
付属品等はスルーして本体に行きます。

天板部分

まずは天板部分から。

想像以上にキレイなホワイトカラーです。

パッと見ただけでも高級感のある感じで、
Chromeのロゴもグレーですので
プレミアム感があると思います。

触った感じはサラスベ系なんですが、
キレイ過ぎるが故にちょっとした汚れが
目立ってしまうの気になるところかも。

キズは目立ちにくそうなんですけど、
汚れがちょっと心配かな。

左右側面

次に本体の左右側面。

左側には、
USB-Cポートにイヤホンジャック、
microSDスロットで、電源ボタン。

右側は、
USB-CにUSB-A、
ケンジントンロックにボリュームボタンです。

左右にUSB-Cポートが備えられているのは
便利で嬉しいですし、
USB-Aもひとつあれば使える幅が広がるので、
ポート類は十分ビジネスでも学校でも、
個人でも対応できるものだと思います。

底面部分

続いて本体の底を見てみます。

裏面もかなりスッキリとして、
シンプルです。

滑り止めに設置されているゴム部分が、
意外とつかみやすく、
本体の薄さもあるおかげで
このサイズにしては持ちやすいと思います。

前とヒンジ部分

続いて細かいとこですが、
前部分とヒンジ部分をチェック。

前部分には、
ちゃんと指をかけて開くための
段差が設けてあります。

しかし段差もやや浅いためか、
うまく引っかからずに
開けにくいことがしばしば。
焦って開けようとすると
開かないこともあるので、
ちょっと気をつけた方がいいかも。

ヒンジ部分はしっかりと
作られていますので、
ノートパソコンスタイルや
テントモードでもぐらつくことは
ほとんどないと思います。

キーボードとトラックパッド

では続いてキーボードと
トラックパッドをチェックです。

今回発売された
「HP Chromebook x360 14」は、
個人的には嬉しい英語配列(US)の
キーボードとなっています。

さらにバックライトも搭載しているため、
暗い室内などの作業でも
気にせずできるのが良いところです。

見た目も高級感のあるカラーリングですし、
かなりしっかり作られていると思いますが、
ちょっとキータッチが軽くて
ペチペチした感なので、
好みの分かれるところかな。

トラックパッドの方も
高級感のある仕上がりで、
滑りもよく個人的には好みです。

ただ、
タップクリックなら
さほど気にはならないのですが、
押し込んでクリックする方だと、
トラックパッドの下側はちょっと
フニャっとした押し込み感なので、
ここは好みが分かれる
ポイントかもしれません。

とは言っても、
安価なChromebookよりは
しっかりと作られていると思いますし、
何よりも見た目に高級感があるので、
気にせず使えるのであれば
大きな問題はないと思います。

では、
ディスプレイ部分については
電源を入れた状態から、
実際の使用感とともにチェック、
レビューしていこうと思います。

ディスプレイ部分

電源を入れて、
さっそく「HP Chromebook x360 14」の
ディスプレイ部分をチェック。

さすがIPS方式を採用する
フルHDディスプレイだけあって、
かなりとてもキレイです。

その分、
ご覧頂いているように
映り込みも多少ありますが、
文字や画像もはっきり見えますし、
長時間の使用でも
問題がないかと思います。

色味もボヤけず、
はっきりと出ていますので、
簡単な写真や画像編集などでも
対応できると思いますし、
動画閲覧でもその良さを
活かせると思います。

動画閲覧や人に見せる
ということであれば、
360度ヒンジによるテントモードや
タブレットモードの利用も
方法のひとつだと思います。

しかし、14インチとに
1.6kgというサイズ感に重さでは、
手持ち状態で
タブレットにするにはキツイです。

ただテントモードにして動画を見たり、
誰かに画面を見せるときには
フラットにしたりと
使いどころによっては
360度ヒンジがあると便利だと思います。

このあたりは、
デタッチャブルな「Chromebook x2」
の方が使いやすそうな印象です。

実際の使用感 – かなり良い!

さて、
あれこれとレビューのために
触って持ち運んでを2日ほど
試していますが、
この時点で
「HP Chromebook x360 14」は
かなり気に入っています。

と、言いますのも、
14インチのIPSフルHDディスプレイと
画面が大きくキレイなこと、
見た目の高級感と
色合いもかなり好みなんですよね。

もちろん、
Core i5に8GBRAMを搭載しているため、
作業マシンとしてもスペック的に
申し分ありません。

ハイスペックはChromebookでも快適

参考までにGeekbenchで測定した
ベンチマークを紹介しておきます。

私が今まで使っている
Chromebookで最もハイスペックな
ものになっているわけですが、
想像以上に本当に快適です。

ブラウザの動作や、
Googleのドキュメントや
スプレッドシートを開いたときの
体感的速度は、
エントリーモデルと比べても
かなり早くなっているのがわかります。

例えば、
ブログで情報収集するときには
ブラウザのタブを10〜20個以上を
開くこともありますが、
ほとんどモタつきを感じませんし、
デュアルディスプレイにして、
動画を流しながら作業をしても
カクツキなどは見られません。

また、
AndroidアプリのLightroomで
写真編集をしようとしたときに、
アプリの起動はもちろん、
画像の読み込み速度、
自動補正の反映するスピードなど、
エントリーモデルのChromebookでは
少々重く感じる作業も
早くなっていると思います。

このあたりは使い方次第
というところですので、
仮にLinuxアプリを
動かしたらどうかとなると、
また使用感は変わってくると思います。

あともう少し使い込んで行って
不満が出てくるかどうか…
というところでしょう。

ただ、
一般的にChromebookに
求められているような作業であれば、
余裕もあるし十分過ぎるくらい
快適に動作するのは間違いないと思います。

重いけど、薄さとコンパクトさで持ち運べる

またこの数日、
1.6kgという重さの割に
持ち運ぶことにあまり
抵抗がないことに気づきました。

元々、
13.3インチに1.5kgの
「Acer Chromebook R13」を
使用していたので100gくらいは
誤差なわけですが
一般的な13.3インチクラスの
ノートパソコンとほぼ同じサイズで、
14インチディスプレイが使えますし、
本体が意外と薄いので、
重いものを持っている感覚が
そこまでないように思います。

一応、
「HP Chromebook x360 14(左)」と
「Lenovo Chromebook S330(右下)」、
「Acer Chromebook R13(右上)」を
並べてみましたが、
同じ14インチの「S330」よりも薄く、
13.3インチの「R13」も
ほぼ変わらない厚みになっています。

ただご覧のとおり、
実重量は1.6kg近いので
ズッシリとした重さはありますが、
見た目のおかげで感覚的には
そこまで重いものではないような
気がするのは良いところです。

掴みやすい、
持ちやすい気がするというのも、
そこに影響してくるかもしれません。

あとバッテリーの持ちの良さも
かなりありますが、
もう少し外で使ってみて
判断したいと思います。

ひとまず、
この2日ほどで感じた点は
こんなところでしょうか。

しばらく使ってみてどうなるか

ということで、
今回は「HP Chromebook x360 14」の
初見レビューをまとめてみました。

この時点でかなり気に入っていますし、
デザインも良くスペックも良いので、
Chromebookでも
作業に余裕を持ちたい方、
ハイスペックモデルが良い方にとっては、
間違いなく「HP Chromebook x360 14」は
選択肢として入れるべきだと思います。

基本は家や職場に置いて、
画像や写真、
動画の編集をたまにしたり、
重めのドキュメントやスプレッドシート、
スライドを作成したり
閲覧することが多ければ、
「HP Chromebook x360 14」は
ベストな選択肢だと思います。

もちろん持ち運びはできるわけですが、
それでも1.6kgという重さがネックですので、
できるだけ荷物を減らして軽くしたい方や、
14インチである必要がないと
感じる方にとっては、
悩ましい選択だと思います。

また購入を検討する際には、
i3モデルかi5モデルかということも
悩ましいと思います。

ひとつの基準として、
Linuxアプリの利用が
あるかどうかですが、
もしLinuxの利用を考えるのであれば、
性能的に余裕のあるi5モデルを
選択する方が無難だと思います。

ただ私の思うところで言えば、
Linuxアプリも本格的に使う訳でなければ、
i3でもChromebookとしては
十分ハイスペックですし、
コストをできるだけ抑えたいのであれば、
i3搭載のスーペリアモデルが良いと思います。

しかし、
価格差を考えると1万円ほどで
上のi5を選べますので、
予算が許すならi5の
エグゼクティブモデルを選ぶ方が
後々まで使えると思います。

いずれにしても、
ハイスペックなChromebookであることに
変わりはありませんので、
どの程度重い作業をする予定でいるかが
ポイントになりそうです。

購入前、
私が大体気になるようなところは
カバーしたつもりですが、
もう少し使ってみて
気になるところが出てくるかもしれません。

次回はまとめ編として、
そのあたりをレビューできればと思います。

「HP Chromebook x360 14」に興味のある方は、
ぜひ日本HPの公式サイトをご覧ください。
HP Chromebook x360 14 製品詳細

引用元:https://www.helentech.net/chromeos/chromebook/2019/09/8983/

まとめ

HP Chromebook x360 14の事が、
分かりやすいレビューですね。
ハイスペックなChromebookで、
高級感があるので、
自分からしたらハードルが高いです・・・
ですが、頑張ってお金を貯めて、
買えるようになりたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください