2020年の5G対応iPhoneも売上に不安? 野村グループ傘下アナリスト予測

Engadget 日本版によりますと、

新型iPhone発表イベントが9月11日(日本時間)
開催と明らかにされたばかりですが、
早くも売上を悲観する予測が報じられているそうです。

野村ホールディングス傘下の
インスティネット証券アナリストによると、
2019年の新型iPhoneは目立った更新がないため、
製品の需要は改善されない見通しとのこと。
「12月四半期の見積もりにはリスクがある」
と述べられています。

2019年のiPhoneは主にiPhone XS、
iPhone XS MaxおよびiPhone XRをベースとして、
背面にカメラを追加するなど
マイナーチェンジを施したものと見られています
そのため、
みずほ証券アナリストには「目新しさに欠ける」
と予測していました。

そうした売れ行きへの疑念を反映するように、
インスティネットは
第1四半期(2019年10月〜12月)のアップル株につき、
1株当たり利益予想を4.59ドルから4.30ドルへと引き下げ。
この数値は、
ウォール街のコンセンサス
(マーケットで支配的になっている予想)
4.47ドルを下回るものです。

ただしサプライチェーン情報筋の話として、
2019年iPhone用に最大7500万台分の部品が
発注されたとの噂もありました
これは2018年モデルと同等の数字であり、
アップルとしては販売不振を予想していないもようです。
とはいえ、同社は例年、
新型iPhoneの発売後に需要を見きわめてから
生産量を調整しており、
必ずしも確実視しているとは限りません。

さらにインスティネットの悲観的な見通しは
2020年のiPhoneにまで及んでいます。
アップルがクアルコムと和解したことで
5Gモデム供給の不安が解消し、
2020年のiPhoneは5Gに対応するはず。
ほか革新的な機能も追加されて、
売上も回復する──
そうした多くの投資家の観測に対して
「iPhoneの見通しは楽観的かもしれず、
5Gサイクルがどのような形で来るかは
依然として不確実なままです」
と警告を発しています。

ちなみにインスティネットと
同グループである野村證券のアナリストも、
iPhoneの販売台数は
2018年度の2億1300万台から
2019年度には2億400万台に減少し、
2020年度にはさらに2億台へと落ち込むとの
分析を述べていました

ウォール街の投資家たちにとっては、
iPhoneの販売が好調でアップル株が
上がるに越したことはないでしょう。
が、著名アナリストが
「iPhoneの買い換えサイクルは4年以上になる」
との研究レポートを発表していました
これが本当だとすれば、
2016年にiPhoneを買い換えたユーザーの多くが
2020年でも”待ち”に回る可能性があるわけです。

それに加えて、
米国では12月15日からiPhoneに
15%もの対中追加関税が課されることになります。
もしも中国との貿易摩擦が長引けば、
長期的なiPhoneの売上げにも
影響をおよぼすのかもしれません。

引用元:https://japanese.engadget.com/2019/08/31/2020-5g-iphone/

まとめ

たしかに、5G対応の目新しさはありますね。
しかし、アナリストの見方は厳しい・・・
これらを総合的に考えると、
そんなに売れなさそうですかね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください