Google「Pixel 4」の本体写真が流出、リーク元は大手通信キャリアか

GIGAZINEによりますと、

Googleが2019年内に発売予定の
次期フラッグシップ端末「Pixel 4」の
端末写真がネット上に出回っているそうです。
「Pixel 4」がどういう端末なのかについては、
2019年6月時点でGoogleが公式に
背面の写真を公開していますが、
今回出回っている写真は
「端末を手に持っている」というもので、
大手通信キャリア・スプリントの従業員が
流出元だとみられる点も話題になっています。

Google Pixel 4 on Sprint may have just leaked online
https://www.xda-developers.com/google-pixel-4-sprint-leak/

Leaked images of Google Pixel 4
confirm no notch and big camera bump
https://mashable.com/article/google-pixel-4-leak-sprint-dual-cameras-soli/

開発者向けフォーラムサイトである
XDA Developersによると、
インスタントメッセージアプリ
Telegramで以下の写真が
「Pixel 4の写真」として共有されているとのこと。
スマートフォンの前面および背面が
はっきりわかります。

この画像が一体どこからリークされたのか
正確なところは不明ですが、
ステータスバーに「Sprint」と
表示されていることから、
スプリントの従業員による
リークではないかと考えられています。
他の端末と並べた写真ではないものの、
XDA Developersはベゼル下部が
かなり狭いようだという見解を示しています。
画面の角はPixel 3などと同様に丸みを帯びています。

以下の写真は「Pixel 3a XL」と
「Pixel 3」を並べたもの。
端末形状はほぼ同一ですが、
下部のベゼルがPixel 4では
やや狭くなっているような印象を受けます。
ただ、撮影した写真の角度が異なるため、
そこまでの大きな変化ではないような感じもします。

また、公式イメージでは
はっきりとわからなかったポイントとして、
背面が滑らかなガラスパネル
仕様である点が挙げられます。
Pixel 3の背面は色味の異なる黒のツートンカラーで
指紋認証センサー搭載でしたが、
Pixel 4はマットなブラック単色で
指紋認証センサーは省かれたようです。
リアカメラにはメインカメラに加えて
望遠カメラも追加された、
少なくとも2つ以上のカメラが
搭載される予定とされており、
写真を見る限りでは正方形のカメラモジュールが
配置されていることがわかります。
本体の色が黒であるのに対して
電源ボタンの色は白となっていました。

なお、Pixel 3の背面画像がこれ。
ツートンカラーであり、
指紋認証センサーが配置されていますが、
今回リークされた画像は単色仕上げで
指紋認証センサーもありません。

センサーがなくなった指紋認証については、
Google独自の新型顔認証技術である
「フェイスアンロック」に置き換えられる予定で、
スマートフォンの上下を気にせず、
顔を近づけただけでロックを
解除することができるとのこと。
加えて「モーションセンス」機能では
Googleが2015年に発表したSoliチップを活用し、
手のジェスチャーなどを認識できる模様。
Pixel 4の前で手を振るなどの
ジェスチャーをするだけで、
音楽をスキップしたり電話を切ったりする操作が
可能になっていると報じられています。

引用元:https://gigazine.net/news/20190829-google-pixel-4-leaked-online/

まとめ

早くも、リーク画像が出てますね。
この画像を見る限り、
背面がツルッとしていて、
かっこいいですね!
ベゼルが狭いのも、ポイント高いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください