Chrome OSが仮想デスクトップに対応、バージョン76公開

Engadget 日本版によりますと、

Googleは8月12日(現地時間)、
Chrome OS 76の安定板を
リリースしたそうです。
あらたに仮想デスクトップに対応したほか、
いくつかの新機能が追加されています。

まず仮想デスクトップですが、
Windowsやmacなどにある
おなじみの機能です。
最大4つのワークスペース
(デスク)を作成し、
それを適宜切り替えることで
画面を広く使えるというもの。
タスク一覧(概要モード)のボタンから
追加・切り替えを行います。

Chromebookは
11インチ~13インチクラスで
解像度が低いものも多いので、
仮想デスクトップトップは
生産性アップに貢献できるかもしれません。

他の機能としては、
タスクトレイ右下をクリックして
表示するシステムメニューに、
メディアコントロールが追加されました。
ブラウザやアプリで再生しているメディアを
一か所でコントロールできます。

また、ユーザー補助機能として、
自動クリックという設定も追加されてました。
アイテムにカーソルを合わせると、
一定時間でクリックされるというもの。
有効にすると、
画面上にメニューウィンドウが表示され、
左クリックのほか、
右クリックやダブルクリック、
クリックアンドドラッグなども
行えるようになります。

最後に、
Chrome OSアップデート時に更新内容を
表示するようになりました。
同じ内容を記した
WEBページを表示するだけですが、
これまで変更内容を確認するには、
開発者向けのサイトを
見るしかなかったことを考えると、
大きな変更と言えそうです。

Chrome OS 76はすでに配信が始まっており、
多くのChromebookで数日中に
使えるようになると考えられます。

引用元:https://japanese.engadget.com/2019/08/15/chrome-os-76-chrome-os-76/

まとめ

『仮想デスクトップ』
いい響きですね!
その機能が、Chromebookで使えます。
これで作業が捗ります。
ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください