携帯電話会社はどうやってテザリングによる通信を制限しているのか?

GIGAZINEによりますと、

テザリング」はスマートフォンさえあれば、
インターネット回線のない場所や
無料Wi-Fiが飛んでいない場所でも、
ノートPCやタブレットをインターネットに
接続できる便利な機能です。
しかし、
テザリングは通常の契約に含まれず、
別途契約する必要のある有料オプションとして
用意される場合がほとんどで、
デフォルトでは使用できないことも。
携帯電話会社が
「スマートフォン単体の通信」と
「テザリングを介した通信」を
どうやって区別しているのか、
Q&AサイトのStack Exchangeで
解説されていました。

mobile network –
How can phone companies detect tethering
(incl. Wifi hotspot) –
Android Enthusiasts Stack Exchange

https://android.stackexchange.com/questions/47819/how-can-phone-companies-detect-tethering-incl-wifi-hotspot

第5世代移動通信システム(5G)の提供が
日本で2020年春から順次開始されます。
実測で下り762Mbps・Ping値19msという
超高速回線となる5Gでは、
スマートフォンの通信だけではなく、
テザリングによってノートPCや
タブレット端末でもこれまで以上に
快適なインターネット体験が
可能になると期待されています。

携帯電話会社にもよりますが、
テザリング通信はオプションとして
用意されている場合が多く、
別途有料で契約する必要がほとんど。
携帯電話会社は、
テザリングを介した通信と
スマートフォン単体の通信を
区別して制御しています。

携帯電話会社はどうやって
テザリングを介した通信を
スマートフォン単体による通信と
区別しているのかを明らかにしていません。
なぜなら、
ユーザーが検出方法を知ることで、
テザリングで通信していることを
隠ぺいしやすくなり、
追加料金を避けることができてしまうからです。

テザリングを制限する最も簡単な方法は、
現在の契約でテザリングが
許可されているかどうかを
ネットワークに問い合わせ、
許可されていない場合は
デバイスのテザリングオプションを
完全に無効にする方法です。
契約からテザリングそのものを制限する方法は、
携帯電話会社によってカスタマイズされたOSを
実行しているケースで使われています。

さらに、
デバイスのOSによっては、
Wi-Fi接続を行う場合は
インターネット上のウェブサーバーに接続して、
予想されるレスポンスが得られるかどうかを
確認することがあります。
予想されるレスポンスが得られない場合は
接続しているWi-Fiが
キャプティブポータルであることが多く、
接続するにはログインするか
料金を支払う必要があります。
例えばWindowsのPCだと
Microsoftのサーバーに接続して確認を行いますが、
この時に接続情報に
AndroidのSIMカードの情報が含まれると、
テザリングであるということが
わかってしまうというわけ。

送信されるすべてのネットワークパケットには、
送信端末のMACアドレスの情報が含まれます。
MACアドレスには通信する端末の
識別子などで構成されるため、
携帯電話からインターネットに
アクセスしているのか、
テザリング通信を使ってノートPCから
アクセスしているのかは、
クライアントのMACアドレスを
チェックすることで判別できるとのことです。

また回答者は、
スマートフォンの中には、
携帯電話からのトラフィックには
通常のAPNを使用する一方で、
テザリング機能を有効にすると
本来とは別のAPNを使用しているものも
あるようだとも答えていました。

引用元:http://gigazine.net/news/20190721-phone-company-tethering/

まとめ

僕は、テザリングを使ったことはありません。
ですが、その仕組を知りたいんですが、
詳細には教えてくれませんでした。
まぁ、
業界的に秘密にしておきたいのは分かりますが・・・
ちなみに、ノートパソコンやタブレットの回線は、
WiMAXを使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください