ソニー、両耳同時伝送のフルワイヤレスイヤフォン ノイキャン付きをiOS/Android両対応で

ITmedia NEWSによりますと、

ソニーは、
完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングイヤフォン
「WF-1000XM3」を7月13日に
発売すると発表したそうです。

高音質ノイズキャンセリングプロセッサー
「QN1e」を搭載し、
イヤフォンの外側と内側に配置した
2つのセンサーで効率的にノイズを集音する
「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を
採用しています。

新型のBluetoothチップを搭載し、
左右の本体それぞれに同時伝送する方式を
採用しており、
アンテナを最適化することで接続性に優れ、
動画視聴時の映像と音声のずれを
大幅に低減しているといいます。

WF-1000XM3

AirPods、
QualcommのTrueWireless Stereo Plus
などとは違い、
iOS、Androidどちらでも左右同時伝送が可能で、
両ユニット共に片側使用が可能です。

本体ボタンを押し続けることで、
周囲の音を取り込みながら
音楽を楽しむことができる
外音取り込み機能も搭載しています。

WF-1000XM3

耳に接する部分に
ハイフリクション・ラバー・サーフェスを採用し、
摩擦が高く、
外れにくい構造になっています。

本体の6時間バッテリーと、
充電ケース3回充電で、
合計24時間の持続が可能。

WF-1000XM3

また、
10分充電で90分再生可能の
急速充電にも対応しています。

充電ケースにマグネットを採用しているため、
本体を充電ケースに戻すと
正しい位置にすぐに収まります。

耳の3点で支える
「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」
を採用。
高い密閉性を実現し、
物理的にもノイズを防ぐことで
ノイズキャンセリング性能向上に寄与しています。

WF-1000XM3

ネオジウム6ミリドーム型
(CCAWボイスコイル)を採用し、
重さは左右それぞれ約8.5グラム。

なお、防水・防滴・防塵仕様ではありません。

iPhone、
Androidアプリ「Headphones Connect」を
使用することで、
CDやMP3などの圧縮音源を
SBC/AACのコーデックでBluetooth再生する際、
最大96kHz/24bitまで拡張できる
「DSEE HX」が利用可能です。

Headphones Connect

ノイズキャンセリングのON/OFFや、
外音の取り込み方のレベルを22段階で調整可能で、
ノイズキャンセリングや外音取り込みモードを
自動で切り替える
「アダプティブサウンドコントロール」
設定もできます。

左右それぞれのタッチセンサーに割り当てる機能を
自由に選択することが可能。
音楽の再生/停止や、
外音コントロール、Siri、Googleアシスタント、
何も機能を割り当てない等の選択が可能。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.

引用元:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/08/news082.html

まとめ

これいいですね!
最近は、
AirPodsを使っている人をよく見かけますが、
AirPodsより性能が良さそうなので、
オススメですね。
欲しい・・・

【2019年07月13日発売】 ソニー フルワイヤレスイヤホン WF-1000XM3 BM ブラック WF-1000XM3 BM [ワイヤレス(左右分離) /Bluetooth /ノイズキャンセリング対応]

価格:27,950円
(2019/7/10 14:58時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください