世界初のトークン型アニメ映画「微睡みのヴェヴァラ」ブロックチェーン活用のプラットフォームで配信

アニメ!アニメ!によりますと、

短編アニメーション『微睡みのヴェヴァラ』が
世界初のトークン型アニメ映画として
ブロックチェーンを活用したプラットフォーム
「BlockPunk.net」で配信されることが
分かったそうです。
新たな試みとして注目を集めそうです。

『微睡みのヴェヴァラ』のsyo5監督が
映像制作のすべてを手がけ、
大学の卒業制作として手がけた作品だそうです。
7月4日から7日にわたって開催中の
「Anime Expo 2019」でプレミア上映されました。

本作は「BlockPunk.net」上で動画の視聴権が紐づいた
ブロックチェーントークンが販売されます。
500トークン限定販売で、
価格は1トークン15USD、
もしくは同価格のイーサでも購入できます。
ビデオトークンの所有者は動画をストリーミング視聴可能。
さらにsyo5監督によるオーディオコメンタリーや
中間制作物であるアートワークやデザイン素材などの
コンテンツも特典として付属します。

トークン所有者の中から抽選で1名に、
syo5監督描き下ろしの独占イラストが
プレゼントされます。
なおトークンが売り切れた後は、
ブロックパンク上でトークンの再販が可能になります。
販売額の一部はクリエイターへ還元されます。
動画はハリウッド標準のDRMで保護されており、
ブロックチェーンに記録することで
クリエイターの権利も守られる仕組みを採用しました。

「 BlockPunk .net 」を展開するブロックパンクは、
ブロックチェーンを使ってクリエイターが
デジタル作品の権利をコントロールしやすくする
仕組みを作るエンタメ系スタートアップです。
改ざんが事実上不可能な
ブロックチェーンを使用することで、
作品の希少性、
真贋性を保証し、
二次販売が可能になります。
今回の配信についてsyo5監督、
ブロックパンクのCEOであるJulian Lai-Hung、
アニメーションの企画・プロデュースを行う
アーチ株式会社の代表取締役・平澤直が
それぞれコメントを発表しました。

<以下、コメント全文掲載>

【『微睡みのヴェヴァラ』監督:syo5】

Anime Expoで作品を発表し、
世界中のファンの方と会えるのを
とても楽しみにしていました。
映像を楽しんで頂き、
それと合わせて提供される特典物を通して
その映像がどのように作られたかも
感じてもらえればと願っています。

【ブロックパンク CEO:Julian Lai-Hung】

アニメファンはお気に入りのクリエイターを
支援するためにBlu-ray BOXを
購入することもありますが、
実際にクリエイターに還元されるのはそのごく一部です。
この仕組みを使えば、
ファンはお気に入りのクリエイターから直接動画を購入し、
その大部分が制作元に還元されるのを確認できます。
さらに限定特典を利用できたり、
ブロックチェーンに記録されたデジタルコンテンツ
という形で再販することもできます。
我々の目標は、
日本のアニメ業界でクリエイターを発掘し
世界に発信していくことです。
この素晴らしいデビュー作品を配信し
syo5とアーチをサポートできることに
とてもワクワクしています。

【アーチ株式会社 代表取締役:平澤直】

syo5さんとブロックパンクと一緒に
この面白いコラボレーションに
取り組めることを光栄に思います。
今後、
ブロックチェーンがどのように
世界中のクリエイターとファンを繋ぐ
新しい架け橋を作っていくのか、
とても興味があります。

『微睡みのヴェヴァラ』

[イントロダクション]
サナは、
ある日夢の中で、
手に持った杖で地面に絵を描くヴェヴァラに出会う。
眠るたびにヴェヴァラと出会い、
夢の世界をめぐる不思議な時間。
ちょっと変だけど、
本当に楽しくて。
だけど、
夢と現の世界を行き交うある日、
サナを悪夢が襲う。
サナの胸に去来する悲しい記憶。
その時ヴェヴァラは……。

[スタッフ]
監督・制作:syo5/音楽:Whoo/音響:増田義基/録音:松下春香

[キャスト]
サナ:沼倉愛美/ヴェヴァラ:榎木淳弥

(C)2019 syo5

引用元:https://animeanime.jp/article/2019/07/07/46713.html

まとめ

これは、面白い試みですね!
クリエイターとファンとの間は、
度々問題になりますが、この試みは、
それを解消する可能性を秘めていますね。
なので僕は、この企画を応援します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください