日本HPが「HP Chromebook x360 14」を7月中旬から販売開始!Core i3とi5の2モデル展開

HelenTech.netによりますと、

ついに、
日本HPからChromebookが登場したそうです。

今回販売されるものは、
昨年10月末に米国等でリリースされている
「HP Chromebook X360 14」のうち、
第8世代のCore i3とi5を採用するモデル
となっています。

すでに詳細スペックなどについては、
海外で発売された時点でもまとめていますので、
今回は日本HP公式に掲載されている
スペックシートから紹介しておきます。

スペックについて

HP Chromebook
x360 14
スーペリアモデル
HP Chromebook
x360 14
エグゼクティブモデル
ディスプレイ14インチ IPS
1,920 × 1,080
タッチスクリーン
14インチ IPS
1,920 × 1,080
タッチスクリーン
CPUCore i3-8130U
2.2-3.4GHz(2core)
Core i5-8250U
1.6-3.4GHz(4core)
RAM8GB8GB
内部ストレージ64GB eMMC64GB eMMC
外部ストレージmicroSDmicroSD
ポートUSB-C(3.1) ×2
USB-A(3.1) ×1
イヤホンジャック
USB-C(3.1) ×2
USB-A(3.1) ×1
イヤホンジャック
バッテリー駆動時間最大13.3時間最大13.3時間
その他バックライトキーボード
US配列
バックライトキーボード
US配列
サイズ325×225×16.5mm325×225×16.5mm
重さ1.6kg1.6kg
価格72,800円(税抜)82,800円(税抜)

こんな感じの構成になっています。
どちらのモデルも基本的な部分は共通しており、
違いはCPUのみとなるようです。

国内でリリースされるChromebookとしては、
ASUSの「C434」を上回る
最上位のスペックとなっており、
8GBRAMや64GBストレージ、
バッテリー駆動時間などもスキのない
仕上がりになっている代わりに、
1.6kgという重さがネックなモデルになっています。

14インチのフルHD、
名前のとおり360°回転するヒンジを採用して
タッチ操作可能なコンバーチブル
Chromebookとなっています。

サイズがあるため、
ポート類も充実していますし、
バックライトキーボードを搭載していますので、
ビジネス向けとしては十分な1台だと思います。

もちろんAndroidアプリにも対応していますので、
使い勝手という面で見ても十分アリなモデルですね。

また価格についても、
Core i5を搭載するモデルとして見れば、
Core m3を採用するASUSの「C434」よりも
気持ち安価になっているため、
ハイスペックなChromebookが欲しい
ユーザーであれば選択肢として悪くないと思います。

ただ、
個人的にはCore i5のスペックが必要なユーザーは
限られそうな感じがありますので、
コストパフォーマンスに優れるという意味では、
Core i3搭載モデルの方がより
オススメできる感じですね。

あとはこの1.6kgという重さをどう捉えるか…
というところだと思います。

置型のChromebookで、
できる限りハイスペックなモデルが
欲しいという方であれば、
「HP Chrtomebook x360 14」は狙い目だと思います。

Core i3/i5のどちらのモデルも、
7月中旬に販売開始予定となっていますので、
気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

HP Chromebook x360 14 製品詳細

HPもChromebookで日本進出してきたとなると、
これからさらに盛り上がってくれそうです!

なお自動更新ポリシーの期限は、
海外モデル同様2024年6月までとなっています。

引用元:https://www.helentech.net/chromeos/chromebook/2019/06/8099/

まとめ

AcerやASUSに加えて、
HPも日本のChromebook市場に参加しました。
これは嬉しいですね!大歓迎です!

【送料無料】ASUS C302CA-F6Y30 シルバー Chromebook Flip [コンバーチブルノートパソコン 12.5型フルHD液晶 eMMC:64GB]

価格:84,200円
(2019/6/30 18:27時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください