Chromebook「Helios」と「Kindred」が開発中?Comet Lake世代CPU採用の可能性

HelenTech.netによりますと、

久しぶりに新しいChromebookの話題ですが、
どうやらComet Lake世代を搭載する
可能性のあるChromebook
「Helios」と「Kindred」と呼ばれる2つが
開発されていることが分かったそうです。

ChromeUnboxedによると、
過去2週間ほどでChromium Gerritに
追加されたばかりということで、
現時点では情報はあまり多くありません。

現在わかっていることは、
「Helios」と「Kindred」は、
以前当ブログでも紹介した
「Hatch」と呼ばれるモードをベースに
構築されているようで、
いくつかのCommitにその名前が登場しています。

そしてこのハッチと呼ばれるChromebookは、
第9世代以降のCPUを採用する可能性が
高いとされているため、
その流れを汲む「Helios」と「Kindred」も
同じように第9世代以降のCPUを
採用すると思われます。

以前紹介した「Hatch」の記事では、
ICL(Ice Lake)を採用する
可能性があることを伝えましたが、
発表時期やインテルの
アップデートペースを考えると、
Comet Lakeになってしまうというのが
今回のパターンのようです。

また、
今回の「Helios」と「Kindred」は、
USB-Aポートが存在しない可能性が
コミット上で確認されており、
USB-Cのみを搭載するモデルになるかもしれません。

USB-Cポートに採用される部品の型番は、
ANX7447というものらしく、
もしこれを搭載するなら
USB Power Delivery 3.0対応の
USB-Cポートとなるようです。

これまでの流れから行くと、
USB-Cポートだけのモデルは
ハイスペックなものが多いので、
「Helios」と「Kindred」もハイスペックな
Chromebookになる可能性がありそうです。

話を戻しまして、
仮にComet Lakeを採用する
Chromebookであるならば、
以前リークされているインテルの
ロードマップに照らし合わせてみると…。

モバイル向けのComet Lakeの
Yシリーズ(低消費電力)の場合は
2020年の第2四半期、
Uシリーズなら早くても
今年の第3四半期以後ということになります。

これらのChromebookの発表が
CPUリリースと同じタイミングなら…ですが、
少なくとも年内に「Hatch」や「Helios」、
「Kindred」がリリースされる可能性というのは
残念ながら低そうですね。

ひとまず、
現時点では「Helios」と「Kindred」というコードの
Chromebookが開発されているようだということが
大事なポイントだと思いますので、
引き続き情報は追っていこうと思います。

引用元:https://www.helentech.net/chromeos/chromebook/2019/06/7980/

まとめ

いったいどのような形で、どこのメーカーで、
どのくらいの値段になるのか分からない、
謎が多い「Hatch」「Helios」「Kindred」。
続報に期待です。

C732L-H14M (Chromebook/Chrome OS/Celeron N3350/4GB/16GB eMMC/11.6型/モバイル/docomo LTE対応/無線LAN/ブラック/1年保証)(C732L-H14M)

価格:89,920円
(2019/6/17 18:14時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください